卓球部

【卓球部男子】一矢報いるも強豪を倒せず

5月3日、京都市横大路総合体育館において関西学生卓球春季リーグ戦第4日目が行われた。龍大卓球部男子は立命館と戦い1―6で敗れた。

 

春季リーグ3連敗中と流れが悪い中迎えた相手は立命館。相手は昨年の秋季リーグ優勝を果たした強豪である。初戦、2戦目と落とした龍大だったが一矢報いたのが張(経営1)だった。強烈なスマッシュで得点を決め粘りを見せると、5セット目は相手を引き寄せず3―2で勝利を果たした。この勢いを続けたいとこだったが立て続けに敗れ1―6で試合終了。春季リーグ初勝利を挙げることは出来なかった。

 

相手は強豪の立命館だったこともあり力の差を感じる結果となった。しかし、この悔しさを次の試合にぶつけてくれるはずだ。

写真1 王

【勝利を収めた張】

 

〈江口(法4)主将のコメント〉

「相手が格上ということもあったが1年生が一本取ってくれたこともありチームの状態は悪くないと思う。勝ち星はまだ挙げられていないがシングルスで勝ち星を挙げている選手は多くなってきているのでこれから後半戦に向けて頑張っていきたい。4敗して後がないので残りの3つすべて勝って少しでも上に行けるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 田川 知樹)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ