卓球部

【卓球部女子】 春季リーグ中盤戦!強豪相手に競るも惜敗

5月3日京都市横大路総合公園体育館において関西学生卓球春季リーグ戦第4日目が行われた。龍大卓球部女子は昨春の優勝校同志社と戦い、白熱した戦いを繰り広げるも2―5で惜しくも敗退した。

 

昨秋のリーグ戦では準優勝という輝かしい成績を残した龍大女子卓球部。その勢いのまま、桑村主将(文4)が3―1で相手を下し幸先のいいスタートを切る。しかし接戦を強いられる場面が多く、桑村・粟屋(政2)ペアのダブルスでは2―3と強豪同志社にあと一歩が及ばず敗退。その後の粟屋のシングルスでは勝利するも、総合では2―5と悔しさが残る結果となる。

 

春季リーグも残すところあと2日。終盤に近付くにつれ、相手も強豪となり厳しい戦いとなるだろう。しかし龍大卓球部の底力を出し切り、勝利を掴みとってほしい。

 

写真1

【写真 初戦を勝利で飾りガッツポーズを決める桑村】

 

写真2 (1)

【写真 シングルスで勝利を決めた粟屋】

 

〈桑村主将のコメント〉

「シングルスで2本取ったら楽になるかなとチームで話していたが、シングルスで2本取られて、ダブルスもリードしていたが負けてしまい団体的にはあの試合が響いた。その後のシングルスで粟屋がきっちり決めてくれて良かったけど、その後の2本も取られてしまった。ダブルスが勝ちきれなかったのがこの試合の敗因。4~6日まで日が空くので練習で調整していき、7、8日の試合で自分達のプレーが全て出し切れるように頑張っていきたい」

 

〈粟屋選手のコメント〉

「ダブルで逆転されて流れが悪くなってしまった。シングルスの試合は1セット目を取られても気持ちを切らすことなく戦えた。春リーグは最後まで1試合1試合全力で戦いたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 堅田彩香)

 

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

 

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ