卓球部

関西学生卓球春季リーグ戦 対同志社大学

5月2日京都市横大路総合公園体育館において関西学生卓球春季リーグ戦が行われた。龍大卓球部男子は同志社大学と戦い2-5で敗北した。

 

龍大の先鋒は4年生の榮次(経済4)。これまでも龍大の勝利に貢献してきた実力のある選手だ。初戦は3-1で勝利し、後へとつなぐ。惜しくも2戦目を落としてしまうも、3戦目の奥村(文2)が接戦を制し勝利を収め、チャンスをつなぐ。4試合目のダブルスに出場したのは榮次と川久保(経営4)のペア。4年生2人の頼りになるペアであったがこの日は調子を出すことができず、まさかの敗北。なんとか流れを戻したい龍大だったが、嫌な流れを断ち切ることができずその後3試合のシングルスをすべて落としてしまう。最終的な結果は2-5で敗北。春季リーグの初戦は苦い記録となった。

初戦で勢いをつけることができなかった龍大。しかし龍大卓球部の力はこんなものではない。必ず問題を修正し、次こそ勝利を収めてくれるだろう。リーグ戦はまだ始まったばかりだ。

写真1 (2)

写真1 3戦目で勝利した奥村

 

写真2

写真2 ガッツポーズを決める榮次

 

<主将の坂本(文4)へのインタビュー>

「(今回の試合について)同志社とは実力が同じくらいの相手なので苦しい展開になるとは思っていた。上回生の調子が出てなかったのが残念だったが、下級生が頑張ってくれたことは良かったと思っている」

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 松本晃平)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ