卓球部

卓球部男子接戦をものにできず敗北

8月28日に関西学生卓球リーグ戦の第3戦目が行われた。卓球部男子は大経法大と戦い3-4で敗北した。女子は大阪樟蔭女子大学と戦い7−0。負けなしの圧勝だった。

前リーグ7位との対戦になった龍大。1セット目を勝利で飾り後につなげたいところだが、大経法大の選手がそれを許さず龍大は先鋒の勝負を落としてしまう。流れを龍大へと戻したのは1年生の奥村(文1)と王(文1)。どちらも接戦となったが粘り勝ち2勝を手にする。しかし、龍大の反撃はここまでとなった。少しのミスなどから勝ちきることができずその後3連敗。ラストシングルスで川久保(営3)が1勝をあげ、一矢報いるも時はすでに遅く結果的に龍大は3-4で敗北。リーグ戦3日目を勝ちで終える事ができなかった。

初戦の同志社戦に続き惜しい負けが続く龍大。なんとか修正点を見つけ、次の試合へ繋げてほしい。

1年生ながらも活躍した奥村

1年生ながらも活躍した奥村

ラストシングルスで一矢報いた川久保

ラストシングルスで一矢報いた川久保

<小嶋(経4)へのインタビュー>
「(試合を振り返って)春勝っていて勝てるかと思っていたが上級生が勝ちきれなかった。他も勝てそうな場面は何度かあったが、接戦になった時に勝つことができず終わってしまった。(次の試合に向けて)春に勝てなかった所なので厳しいが今回も惜しい対戦がほとんどだったのでなんとか勝てるようにしていきたい。」

ページの先頭へ

ページの先頭へ