卓球部

強豪同志社に勝利するも4位に終わる。秋は優勝だ!

5月11日に近畿大学記念会館で春季卓球リーグ最終戦が行われた。昨年からのメンバーと新たに加わった1年生が力を発揮し4勝2敗で迎えた最終戦。神戸松陰女子学院大に5-2で勝利し、5勝2敗の4位で今大会の幕を閉じた。

1番手の孫(済2)・2番手の市原(文4)が勝利し勢いをもたらしたかに思われた。しかし、1年生ながらここまでチームの勝利に貢献してきた清水(済1)と経験豊富な市原・田松(済4)ペアが連続して敗れてしまう。2-2の五分になるも桒村(文2)が3-0と相手を圧倒し、嫌な流れを断ち切ると田松も3-0で勝利し、団体戦での勝利が決定すると、7番手の伊丹(国1)は苦戦しながらも積極的に攻め、1年生とは思えない堂々としたプレーで勝利を収めた。

圧倒的な強さをみせつけた市原

圧倒的な強さをみせつけた市原

昨秋の4勝3敗を超える5勝2敗と好成績を収めながらも同成績の近大・立命館に3-4とあと一歩で敗れたことによって4位と順位に変動はなかった。しかし、3季連続7-0で優勝してきた同志社に黒星をつけた実力は成長の証しである。確実に優勝へ近づいている卓球部のさらなる飛躍に期待したい。

積極的に攻める桑村

積極的に攻める桑村

団体戦の勝利に大きく貢献した田松

団体戦の勝利に大きく貢献した田松

<市原主将のコメント>
「勝ちゲームでは楽な展開だったが、負けゲームでは3-4と気持ちの弱さがでてしまった。しかし、強豪の同志社大に勝てたことは自信になる。秋は全勝優勝を目標にがんばります」

(記事/写真 龍魂編集室 近藤豊裕)

ページの先頭へ

ページの先頭へ