卓球部

1年生の活躍で初戦勝利!

5月4日に京都市横大路運動公園体育館で春季関西学生卓球リーグ戦の第1戦が行われた。卓球部女子は関学大に6-1勝利し幸先の良いスタートを切った。また男子は昨秋2位の強豪立命館大に2-5で敗れた。

昨年からチームをけん引してきた1番手の主将市原(文4)・2番手の孫(済2)が勝利して迎えた第3試合。1年生の清水(済1)が試合に挑むが、経験豊富な上級生相手に1-2と追い込まれてしまう。後がない第4セットで清水は相手を圧倒する。「レシーブのときに相手の手元をよく見るよう指示を受けた。今までで一番集中していたと思う」と振り返るように冷静でありながらも積極的な攻撃でポイントを積み重ねていく。終わってみれば11-0と1ポイントも与えることなくこのセットを奪った。最終セットは一転して激しいシーソーゲームに。ジュースにまでもつれる中、最後は清水が相手のミスを誘い勝利を収めた。続くダブルスは昨年からペアを組んでいる市原・桒村(文2)組が息の合ったプレーをみせ3-1で勝利した。この時点で4-0となり団体戦の勝利が確定した。その後5-1となり7番手の伊丹(国1)が登場する。関学大の主将に対して彼女は一歩も引くことなく攻めの姿勢を崩さない。白熱した試合展開の末、3-2で勝利しチームメイトの期待に応えた。

積極的に攻める清水

積極的に攻める清水

強敵相手に勝利した伊丹

強敵相手に勝利した伊丹

昨年から活躍したメンバーと新たにチームの一員となった1年生が加わり新チームで迎えた春季リーグ。初戦は1年生の活躍が光った。この勢いそのままでチーム団結し上位を目指し突き進んでほしい。

<市原主将のコメント>
「新入生が入部し新たな気持ちで試合に挑んだ。チーム全員で応援し盛り上げていけたことがよかったと思う。これからの3試合が特に大事になってくるので頑張りたい」

<伊丹選手のコメント>
「とても緊張したが、自分のできることをやろうという気持ちで試合に臨んだ。残りのリーグ戦では全部勝つ気持ちで頑張りたい」

(記事 龍魂編集室 近藤豊裕/写真 松本晃平)

ページの先頭へ

ページの先頭へ