卓球部

気持ちで勝てず敗北

9月6日に平成25年度秋季関西学生卓球リーグの最終戦がベイコム総合体育館で行われた。男子は京産大と戦い4-3で敗れた。

龍大の最初の選手は刘(営3)。始めから京産大の選手に実力の差を見せつける。途中の激しいラリーも制し3-0で圧勝。続く選手は榮次(済2)。刘同様圧倒的な強さを相手に見せつけ3-0で勝利する。続く坪内(理工4)が1-3で敗れるも、ダブルス榮次•川久保(営2)組が3-0で勝利する。龍大は前半で3勝をあげ、試合の主導権を完全に握ったかに思われた。しかし、相手はまだあきらめてはいなかった。後半、京産大の選手たちの強い気持ちに押し負け、龍大は2連敗をしてしまう。ゲームの勝敗は最後の選手である川久保に託された。両大学の選手が見守る中、両チームの勝敗を分ける試合が開始。川久保はプレッシャーを物ともしない力強いプレーで相手選手を圧倒する。ベンチのメンバーも必死で応援するが、最後は相手に粘られ2-3と惜しいところで勝利を逃し、試合終了。その結果2勝5敗で8チーム中の7位となり1部残留をかけた入替戦に挑んだ。2部2位の天理大に押される場面もあったが、4対3で勝利し1部に踏みとどまった。

キャプテンが初戦で語った「1点の重み」という言葉。そして今回語った「気持ちでの敗北」。容易に解決できる課題ではないが、ここで立ち止まる龍大卓球部ではないはずだ。進化を続ける卓球部に期待する。

<坪内主将のコメント>
「(今日の試合を振り返って)前半1連勝できたことはよかったが、後半の3連敗が痛かった。相手に気持ちで負けてしまった面もあったので絶対に負けないという気持ちで試合に臨まなければならない。(今大会の反省点) 初戦は何としても勝ちたかったが、あと少しというところで勝ちきれなかった。また、最初に4連敗してしまったことで良いスタートが切れなかった。これからは1試合を確実に勝っていかなければならない」

ダブルスを制した榮次•川久保組

相手を圧倒する榮次

(記事/写真 龍魂編集室 松本 晃平)

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ