卓球部

競り合いをものにできず敗北

8月29日に平成25年度秋季関西学生卓球リーグ第1戦が伏見港公園総合体育館で行われた。男子は大阪経済法科大学と戦い4-3で惜しくも敗れた。

力強いプレーで勝利する刘

「1点の重みを痛感した」キャプテンの坪内選手(理工4)が試合終了後に語った言葉は、今回の試合内容を物語っていた。

1試合目スタートを切ったのは刘(営3)。力強いプレーで打ち合いを制し、3-1で手堅く1勝目を手にする。このまま続けて勝利を収めたいところだが、相手も黙ってはいない。続く2戦目は激しい競り合いとなった。大経法大の選手からあと1点を取ることができず1-3で2勝目をのがす。流れを変えるため出場したのはキャプテンの坪内選手。2戦目同様激しい競り合いに持ち込まれるものの、粘り強さを発揮し勝利した。後に続き勝利を積み重ねたい龍大だったが、その後は相手のペースに飲み込まれてしまい3連敗。前半の勢いを維持することができず、初戦は悔しい敗戦となった。

チームを引っ張る主将の坪内

惜しい結果となったが坪内選手は次の対戦に向けて闘志を燃やしていた。初戦を落としたのは痛いがこのまま終わる龍大卓球部ではないはずだ。今回の反省点をふまえ次こそは勝利を手にしてくれると期待している。

【坪内主将のコメント】
「今大会では競り合いの中での点の取り方について学ぶことができた。(今回の大会でライバル視している大学について)全ての大学をライバルだと思っている。今回は始まったばかりで上位に行く可能性はまだ残っているのであきらめず頑張りたい」

(記事 龍魂編集室 松本 晃平/写真 松本 一輝)

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ