卓球部

白星発進!優勝目指し突き進め

8月29日に伏見港公園総合体育館において平成25年度秋季関西学生卓球リーグ第1戦が行われた。卓球部女子は春季リーグ時に負けた関学大に対し優位に試合を進め5-2で勝利し、チーム目標の優勝に向けて好スタートを切った。

1番手の田松(済3)が3-1で勝利したが、2番手の河津(法2)があと一歩及ばず2-3で敗れてしまう。連敗を避けたい場面で3番手の桒村(文1)が積極的な攻撃でセットカウント1-2から逆転するとそこから龍大優位に試合が進む。ダブルス市原(文3)・田松組は一球の行方が勝敗を左右する接戦になるも「そのような場面を想定しながら練習をしていたので落ち着いていた」と市原が振り返るようにピンチの場面でも慌てることなく3-2で勝利した。5・6番手は同時に試合が始まった。5番手孫(済1)がフルセットにもつれ長時間戦になる中、6番手市原は相手を寄せ付けることなく3-0で勝利し、その時点で団体戦の勝利が確定した。その後孫は3-2で勝ちを収め、7番手が敗れてしまうが最終結果5-2で関学大に勝利し春のリベンジを果たした。

接戦を制した市原・田松組

初戦を勝利した卓球部女子。この勢いそのままに強豪相手にも善戦し勝利を積み重ね、優勝目指して突き進んでほしい。これからの彼女たちの戦いに注目だ。

【主将市原のコメント】
「初戦なので勝っても負けてもいいという気持ちで試合に挑んだ。それでも初戦を取ることができ、いいスタートが切れたことはよかったと思う。(これからの試合に向けて)強い相手にも挑戦者という気持ちで向かっていきたい」

 

積極的に攻める孫

(記事/写真 龍魂編集室 近藤 豊裕)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ