卓球部

あと一歩及ばず

5月12日に近畿大学記念会館に於いて、春季関西学生卓球リーグ戦の最終戦が行われた。女子は近大との戦いであったが3対4とあと一歩及ばず悔しい敗戦となり、今大会を5位で終えた。
1・2番手が勝つことが出来ず迎えた3番手の孫(済1)。「高校時代から知っている相手で今までに負けたことがなかったということが緊張につながりました。しかし、仲間から応援してもらえたことが力になりました」と振り返ったように、試合では持ち味の鋭いバックハンドの攻撃をコーナーに決め危なげなく勝利を収めた。続く市原(文3)・田松(済3)組も息の合ったプレーで勝利し2対2に持ちこむ。しかし、5番手が敗れてしまい全ては再び市原、田松に託された。市原は積極的に攻めるが相手も受け身になることなく激しいラリー戦に。フルセットにもつれる熱戦の末にあと一点が遠く惜しくも敗れてしまいチームの敗戦は決まってしまうが、田松は手を抜くことなく試合に挑み、劣勢を跳ね返しに見事勝利を収めた。
試合後市原は「主将として勝ちきれなかったことが悔しい。それでも試合に出ていないメンバーにサポートしてもらったことに感謝したい」と振り返った。
秋季のチーム目標は全勝優勝。この目標も個々が今よりもレベルアップすれば成し遂げることが出来るだろう。今大会の悔しさをバネに更なる飛躍を期待したい。

積極的に攻撃する孫

息の合ったプレーを見せる主将市原・田松組

(記事/写真 龍魂編集室 近藤 豊裕)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ