卓球部

【男子卓球部】秋季リーグ2位入賞!!

9月16日、ハンナリーズアリーナにおいて平成30年度関西学生卓球秋季リーグ戦最終戦が行われた。大接戦の末、甲南大相手に4ー3で勝利。この結果5勝2敗となり、2位入賞を決めた。

 

○龍大4-3甲南大●

第1セット 3-1

第2セット 1-3

第3セット 1-3

第4セット 1-3

第5セット 3-1

第6セット 3-0

第7セット 3-2

 

勝てば2位入賞が決まる大事な試合。トップに出場した李は(済2)は第1ゲームを先取するも第2ゲームでは6連続ポイントを許し波にのれない。第3ゲーム序盤もなかなかペースを掴むことができずリードされる。しかし欠けていた積極性を取り戻しドライブで攻め込む。そして11-9でこのセットを制した。第4ゲ-ムではデュースにもつれ込む大接戦に。先にマッチポイントを取られるも同点に追いつき、最後は力のあるドライブを決め見事3-1で勝利を決めた。しかし続く2番、3番は後に続くことができず敗退。4番ダブルスも1ゲームを取るも相手のレシーブに苦戦し敗北となる。

李さん  【トップで勝利をあげた李】

後がなくなった龍大。ここ最近では2部降格や入れ替え戦を経験しているため2位入賞はまだ早いのかと不安がよぎる。しかし5番の田中(文1)が不安を吹き飛ばすような圧巻のプレーをみせる。第3ゲームを取られるも相手の変化のあるボールにうまく対応し3-1で勝利を収める。続く6番の足立原(営2)も終始主導権を握ったまま3-0で勝利をあげる。そして運命の7番を任された主将の岡本(営4)はバックドライブを武器に得点を重ね第1、2ゲーム連取し勝利に王手をかける。しかし相手もそう簡単には勝たせてくれない。第3ゲームを11-13で落とすと第4ゲームも連取される。悪い流れを断ち切りたいが第5ゲーム序盤リードを許してしまう。しかし5連続ポイントを果たすなど逆転に成功し、見事3-2の接戦を制した。この結果、甲南大に4ー3で勝利。2位入賞を決めた。

主将 たっきゅう

【主将としてチームを引っ張った岡本】

 

春には入れ替え戦を経験し今リーグも上位は厳しいかと思われたが、格上の相手を次々と倒し見事2位入賞を決めた。4回生は最後のリーグとなるが後輩の活躍をみて安心して引退することができるであろう。来年もさらなる活躍を期待したい。

男卓 集合写真

 

〈岡本主将のコメント〉

「みんなが7番まで回してくれて最後の試合は絶対勝つという気持ちで臨んだ。インターバルの際に仲間が励ましてくれたので仲間を信じて思い切って試合をすることができた。(後輩たちに向けて)リーグ戦は緊張する場面が多いので練習から緊張感をもって取り組んでいってほしい。これからも頑張ってほしい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【女子卓球部】立命館に敗北し5位で閉幕/秋季リーグ最終戦

9月16日、ハンナリーズアリーナ京都市体育館に於いて平成30年度関西学生卓球秋季リーグ最終戦が行われた。

●龍大2―4立命館○

1.上野(済4) 3-2 平井

2.山岡(国3) 2-3 徳住

3.王(済4) 0-3 麻

4.上野・角野(済2) 3-2 横山有・徳住

5.粟屋(政4) 2-3 内山

6.篠原(政4) 0-3 横山有

※勝負が決したため第7ゲームが行われなかった

悲願の3位入賞とはならなかった。永遠のライバル・立命館戦は、第4ゲームまでイーブンという互角の戦い。ここからエンジンをかけていきたいところであったが急ブレーキ。5番、6番ともに勝ちきれず、セットカウント2-4で敗戦した。最終戦績は5位で、目標であった3位入賞を果たすことはできなかった。

 

執念が見えた。1番手の上野は右腿に痛みを抱えながら強行出場。スマッシュの際に踏ん張ることができないのか、時折イライラする様子も見えた。フルセットに及ぶ熱戦の末、貴重な一勝を挙げた。しかし2番、3番が続くことができず崖っぷちに。

ueno

【写真】怪我を抱えながらも執念を見せた上野

 

ここで勝ち星を挙げておきたい。上野・角野ペアで挑んだダブルスは序盤から壮絶な打ち合いが繰り広げられた。上野が左右に揺さぶり、角野が隙を突いてスマッシュ。相手に押される場面も見られたが、ペースは崩れなかった。何度リードされても食らいつく。2人の粘りは相手を圧倒した。

daburusu

【写真】しっかり勝ち切った上野・角野ペア

 

勝負には負けたが、上野は「全員が一つになった試合だった」と振り返る。賞状は受け取れなくとも、龍大卓球部を支えてきた4年生の功績は大きい。後輩には少しでも私たちの代を超えてほしい-主力だった4年生が卒業する来リーグが正念場である。これからの龍大女子卓球部に注目していきたい。

 

〈上野主将のコメント〉

「順位は前回と変わらず5位だが、龍大らしくみんなで戦えたリーグだった。今日は特に毎試合勝ったり負けたりで、殆どリーグの最終戦であたる立命館。戦っている選手だけではなく、ベンチの選手・父兄の方も含め全員が一つになれた。4回生主力のチームだったが、後輩には少しでも私たちの代を超えて他大学に勝てるようになってほしい」

 

(龍魂編集室 記事 松本侑香/写真 渡部恭大)

 

 

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

 

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子卓球部】王者相手に力及ばず

9月13日、ベイコム総合体育館において平成30年度関西学生卓球秋季リーグ第3戦が行われた。相手は、昨年の覇者である同志社大学。格上相手に粘り強く戦うも勝利を飾ることはできなかった。

●龍大2ー4同志社○

第1セット2-3

第2セット0-3

第3セット3-2

第4セット0-3

第5セット3-0

第6セット0-3

今大会3戦目は、前回リーグ優勝の同志社だ。開幕戦で勝利を収めている龍大は、終始攻めの姿勢が見られた。トップに出場した上野(済4)は、力強いスマッシュで相手を圧倒し第1ゲームをものにした。その後、このまま勢いに乗るかと思われたが、ミスや相手の粘りに苦戦を強いられ第2、第3ゲームを落としてしまった。しかし、上野も負けていない。粘り強い卓球で第4ゲームを制し振り出しに戻した。第5ゲーム序盤、相手のミスを誘い連続でポイントを獲得。流れは上野にあると思われた。しかし、相手の粘り強さに苦戦を強いられこのゲームをものにする事はできなかった。終始、力強いスマッシュや粘りの卓球が光っていただけに悔しい敗北となった。

粟屋さん

【得点を決めガッツポーズをする粟屋】

3番手の粟屋(政4)は、第1ゲームを粘り強く食らいつくも序盤の点差がなかなか縮まらず落としてしまう。しかし長いラリーをものにし、鋭いスマッシュで相手を寄せ付けず流れを自分に引き寄せ、第2・第3ゲームを制した。第4ゲームでは、序盤5連続ポイントをとるも終盤ペースが乱れ逆転負けを喫した。そして、勝負の第5ゲーム。序盤リードを許し苦しい展開になるも、終盤の猛攻で逆転勝ちを収めこの試合チーム初の白星をあげた。続く4試合目、粘りを見せる龍大ダブルスであったがあと一歩ものに出来ずストレート負けを喫した。

王さん

【5番で勝利をあげた王(済4)】

残念ながら2ー4で敗れてしまった龍大であったが、格上相手に誰一人として最後まで攻めの姿勢を崩さなかった。結果は負けであるが、終始手に汗握る拮抗した試合展開であった。敗北の悔しさを糧に後半戦、龍大の粘り強さを見せてほしい。

(上野主将のコメント)

「前回大会1位の相手に思い切りできたと思う。チームとして最後の大事な所で決め切る事ができなかった事が敗因だと思う。次の試合に向けて気持ちを切り替えて、挑戦者の気持ちで頑張っていきたいと思います」

(龍魂編集室 記事 渡部恭大/写真 松本侑香)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子卓球部】京産大に4-3で勝利。春へのリベンジを果たした!

9月13日、ベイコム総合体育において平成30年度関西学生卓球秋季リーグ戦第3戦が行われた。京産大相手に4-3で勝利し春へのリベンジを果たした。

 

○龍大4-3京産大●

第1セット 3-2

第2セット 3-2

第3セット 0-3

第4セット 3-2

第5セット 2-3

第6セット 2-3

第7セット 3-0

 

前日に行われた近大戦に勝利し、勢いに乗る龍大。第1セット目から白熱した試合が繰り広げられる。トップに出場した藤井(営2)はフルセットにもつれ込む接戦に。第5ゲームでは序盤から3連続ポイントを奪いリードを広げる。そして最後は相手のサーブがミスになりセットカウント3-2で勝利を収める。続く2番に出場した李(済2)は序盤思うようにプレーができず第1、2ゲームを落とし後がなくなる。第3ゲームをなんとか奪い返すと、第4ゲームは李が主導権を握り、このセットを制す。最終ゲームはお互いに譲らない攻防が続くも、最後は李が渾身のスマッシュを決め3-2と大逆転勝利を決めた。

男卓 藤井さん

【勝利に貢献した藤井】

 

続く3番はストレートで敗退。しかし4番ダブルスの藤井、西野(法1)がコンビのあったプレーで接戦をものにしチームの勝利にリーチをかける。だが相手もそう簡単に勝たせてはくれない。5、6番と競りながらも落としてしまう。そして勝てばチームの勝利が決まる運命の7番。ラストを任された西野は第1ゲームからエンジン全開。11-4でこのゲームを制す。すると西野の勢いは止まらない。終始西野のペースで試合は進み、最後はパワーのあるドライブを決め3-0で破った。この結果、セットカウント4-3勝利。上位入賞へ大きな1勝となった。

男卓 西野さん

【ラストで勝利した西野】

 

春では勝ちきれない試合が多かったが、今の彼らは違う。前日の近大戦に続き、今日の試合でも接戦をものにすることができた。残りの試合もレベルの上がった男子龍大卓球部の力を見せてほしい。

 

〈岡本主将(営4)のコメント〉

「前半で良い流れを作ってくれて、そのまま勢いに乗ることができた。近大戦に続き今回も勝つことができてよかった。藤井選手と西野選手がダブルスとシングルの両方を取ってくれたことが大きかった。残りの試合は同じレベルの相手と当たることになるが気負わず、思い切って戦っていきたい」

 

〈西野選手のコメント〉

「最後は自分に回ってくるとは思っていなかったが、ラストに置いてもらっているからには勝たないといけないという気持ちが強かった。最後は戦術よりも精神面が大事だと思っていたので、勝ってやるという気持ちで臨んだ。残りの試合はあまり背負い過ぎず楽に戦いたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

1/212

ページの先頭へ

ページの先頭へ