卓球部

【男子卓球部】リーグ7位 入れ替え戦にまわる/春季リーグ最終戦

5月13日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦最終戦が行われた。相手は同志社。1部に残るためにも負けられない試合だったが、セットカウント2-5で敗退。リーグ7位となり、入れ替え戦へとまわることになった。

 

最終戦を勝利し1部残留を決めたいという思いが伝わった今回の試合。1番に出場した李(済2)は第1ゲームを取られるも、第2、3ゲームと回転量の多いドライブで得点を重ね連取する。しかし第4ゲームは左右に振られ思うように攻めることができずこのセットを落とす。最終ゲームは序盤からドライブで攻め3ポイント連取。その後も勢いは止まらず11―2で取り、見事勝利を収めた。このまま勢いに乗りたい龍大だったが、2番に出場した馬場(文1)は惜しくも敗退。続く3番に出場した足立原(営2)は相手に攻撃のすべを与えない。緩急のあるボールで相手を混乱させ、第1、2ゲームを連取。しかし第4、5ゲームは相手が変化にうまく対応し連取される。最終ゲームは4-4から5連続ポイントを収め、差を大きく離し3―2で勝利を決めた。

 

李さん 最終戦

【写真】1番で勝利をあげた李

 

 

足立原君

【写真】接戦を制しチームに勢いをつけた足立原

 

セットカウント2―1と迎えた4番ダブルスには岡本(営4)、馬場ペアが出場。第1セットを取るも後が続かず、ゲームカウント1-3で敗退。続く5番にはダブルスに続き出場した岡本。フルセットにもつれ込む接戦となる。最終ゲームは先にマッチポイントを取られるも10―10と同点に。逆にマッチポイントを握るが相手に3連続ポイントを許し11-13で取られ惜しくも敗退。続く6番、7番も勝利できず。この結果セットカウント2-5で敗退。悔しい敗戦となった。

 

今回のリーグでは接戦は多かったものの勝ち切れなかった試合がほとんどだった。勝負の世界の厳しさを感じたリーグになっただろう。入れ替え戦ではその悔しさをぶつけ、1部残留を決めてほしい。

 

 

〈岡本主将のコメント〉

「前半に2点を取りダブルスまでいい展開ができたが、その後続くことができなかったのが悔しい。5番で出場したシングルスでは緊張してしまいあまりいいプレーができなかった。相性の悪い選手に対して対応ができなかった。苦手な戦型の相手でも勝てるように練習していきたい。1週間後の入れ替え戦までにしっかり調整をしていきたい」

 

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子卓球部】目標達成ならず5位で閉幕/春季リーグ最終戦

5月13日、平成30年度関西学生卓球春季リーグ最終戦が近畿大学記念会館にて行われた。

 

龍大3-4近大

1.松村(政2) 2-3 海津

2.王(済4) 3-2 澤田

3.上野(済4) 3-1 田熊

4.上野・篠原(政4) 0-3 澤田・高橋

5.粟屋(政4) 3-1 中原

6.篠原 1-3 高橋

7.角野(済2)0-3 徳持

 

リーグ勝ち越しへの壁は高かった。近大との最終戦は7番にまでもつれ込む大接戦。1番手の松村が競り負けるも、2番手の王が近大のエース・澤田から白星を飾った。3番手の上野も勝利を収めたが、4番ダブルスが敗れ、流れが近大へと移った。5番手粟屋の勝ち星も虚しく、セットカウント3-4で4敗目を喫した。これにより最終成績は3勝4敗で、昨春より1つ順位を上げ5位となった。

 

「相手に流れが行ってしまった」ダブルスの上野・篠原ペア。序盤から龍大の攻撃は封じ込まれた。積極的に仕掛け、打ち合いに発展する。しかし相手に力で押し込まれてしまう。コースを変え多彩な攻撃に転じるも勝利の女神にそっぽを向かれた。強烈な回転がかけられた返球に苦戦し、0-3のストレートで敗北。

ペア

【写真】巧みな技術が光るも敗戦した上野・篠原ペア

 

同じく3勝3敗であった近大を打ち取りたいところであったが勝負の世界はそんなに甘くはなかった。下級生にとって、この春季リーグで経験した緊張感、悔しさは胸に残るものだっただろう。この経験をバネに4回生の悲願であるリーグ入賞へ選手たちは前を向いていた。

上野

【写真】この春から新体制を率いている上野主将

〈上野主将のコメント〉

「最後だから勝ちたい気持ちがあったのでみんな調整してきたが、4番手のダブルスが取れなかったのはダメ。そこから流れが相手に行ってしまった。試合前に監督と話していた、前半で2本取ることはできたが、ダブルスが取れなかったので下級生に負担をかけてしまった。それは反省すべき点。この春季リーグで初めて出る子とかは経験を積んだかなと思う。ダブルスももう少し強化しなければいけない。私が4回生ということもあるが、最後のリーグ(秋季リーグ)ではリーグ3位以内に入りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 松本侑香)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

【男子卓球部】京産大にあと一歩及ばず/春季リーグ第4日目

5月6日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生春季リーグ戦4日目が行われた。相手は京産大。序盤から白熱した戦いが繰り広げられるもチャンスをものにできず、セットカウント2-5で敗退。今季リーグ初勝利はお預けとなった。

 

春季リーグでいまだ勝利を収めていない龍大。今回こそはと挑んだ試合だったが果たすことはできなかった。

 

序盤から白熱した試合が繰り広げられる。トップに出場した李(済2)は第1、2ゲームともに少し硬さがあり、思うような試合が出来ず首をかしげる姿が見られた。相手にリードを許してしまう。しかし決して諦めてはいなかった。2ゲームをリードされ後がなくなった李は積極的に攻め、2ゲームを取り返す。5ゲーム目はお互い譲らない攻防が繰り広げられ、12-12とデュースにもつれ込む。最後は力強いドライブを決め3―2で勝利。チームに勢いをつけた。この勢いに乗りたいところだったが、2番、3番ともにリズムを作れず3―0で敗退。4番のダブルスも後に続くことが出来なかった。

 

李さん

【写真 1番で勝利をあげ、チームに勢いをつけた李】

 

 

セットカウント1-3で迎えた5番には足立原(営2)が出場。ゲームカウント1-2と苦しい展開に。しかし第4ゲーム、2-8から6連続ポイントを先取し同点に追いつく。そしてデュースにもつれ込み、17―15でこのセットを取る。最終ゲームもこの勢いで押し切れるかと思われたが惜しくも2―3で敗退。続く6番田中(済3)は男子には珍しいバックサーブを武器に得点を重ねていく。田中の回転が読みにくいサーブに相手は対応できず、2ゲーム連取。第3ゲームは取られたものの、相手の波にのまれず第4ゲームを取り3―1で勝利。7番藤井(営2)も波に乗りたいところだったが惜しくも敗退。この結果セットカウント2―5で敗退。今季リーグ初の白星とはならなかった。

 

 

田中選手

【写真 6番に出場し勝利した田中】

 

 

今回の試合では負けはしたもののチームの一体感を感じることが出来た。1部に残るためにはもう負けられない。次の試合もチーム一丸となって勝利を目指してほしい。

 

 

〈岡本主将のコメント〉

「1番でいい試合をしてくれて流れができたと思ったが、2番、3番で簡単に負けてしまい勢いを保つことが出来なかった。オーダーがあまり良くなかったので次からはオーダーをしっかり考えていきたい。チーム一丸となって戦うことが龍大のいい所。次の試合もチーム一丸となって頑張りたい」

 

〈李選手のコメント〉

「1番に出て自分がいい試合をしてチームに勢いをつけることが出来たらという思いで試合に臨んだ。自分の試合もよかったが5番の足立原選手の試合が一番盛り上がったと思う。次の試合でもチームに貢献できるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子卓球部】関大に競り勝つ/春季リーグ第4日目

5月6日、平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦第4日目が近畿大学記念会館にて行われた。

龍大 4-3 関大

1.粟屋(政4) 3-2 北岡

2.上野(済4) 2-3 朝野

3.松村(政2) 2-3 宮村

4.上野・篠原(政4) 1-3 赤川・宮村

5.角野(済2) 3-1 鈴木

6.王(済4) 3-2 赤川

7.篠原 3-0 岸本

決着は7番にまでもつれ込んだ。相手は昨秋のリーグ戦で5年ぶりに1部昇格を果たした関大。1番手の粟屋がフルセットの好ゲームを演じるも、2番手から4番手が敗れ関大にリーチがかかる。絶体絶命の龍大であったが、5番手の角野(済2)が勝利しチームに勢いを付けると6番手の王(済4)が続き、最後は篠原がストレート勝ちで1部の強さを見せつけた。セットカウント4-3でリーグ2勝目を挙げた。

 

トップで出場したのは粟屋。幸先良く2セットを先取し、セット獲得に手をかける。しかし同じくリーグ2勝目に執念を燃やす関大も黙ってはいない。粟屋の前後左右の揺さぶりに対し下回転の返球。さらにネット際への攻撃でペースを崩してくる。飲み込まれた。序盤はあれほど決まっていたスマッシュが決まらない。焦りが募り、まさかのサーブミス。隙を突かれ強烈なバックスマッシュまで決められた。2セットを落とし勝負は最終セットへ。終始取られたら取り返すシーソーゲームの展開となった。デュースが続く中、勝利まであと1点の場面で相手を射抜くような鋭い目つきが復活。最後はクロスにスマッシュを決め3-2で競り勝った。

粟屋100MB

【写真】関大のカットマンに苦戦するも見事勝ち星を挙げた粟屋

関大を4-3で下した龍大はここまで5戦2勝と低調だ。リーグを勝ち越して終えるには残る相手、京産大と近大を打ち取らなければならない。経験不足が指摘されていた角野(済2)も勝利に貢献し、下級生も着実に成長を遂げている。ますます新体制に磨きをかけていく。

 

〈上野主将のコメント〉

「正直、自分が(出場したシングルス、ダブルス)2戦とも落としてしまい同期や後輩に助けられた。チームとしては勝てて良かったです!(個人としては)試合が1週間ぶりだったこともあり、格下の選手に緊張してしまい、自分の卓球ができなかった。私の球は相手にとって戦いやすくて、相手の球は私にとって戦いにくかった。自分はどうすれば良いのか、最後まで迷ってしまった。 (次戦の)京産大、近大は勝たなければいけない相手。でも構えすぎてしまうと、(個人的に)今日のような結果になってしまうので思い切ってチームとして頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 松本侑香)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ