卓球部

【卓球部】新人戦 男女3チームがベスト8進出

【卓球部】

4月11日、いきいきランド交野において第63回関西学生新人大会1日目-団体の部-が行われた。龍大からは男子6チーム、女子2チームが参加した。前年、新型コロナウイルスの影響により開催中止が発表されたため、公式戦初出場の選手が多く参加した。今大会も無観客での開催となったが、白熱した戦いが繰り広げられた。

 

試合時間の関係によりベスト8以降の試合は、次週4月17日に持ち越され、男子は龍大A、龍大C、女子は龍大Aが次戦を控える。

 

〈龍大A 呂子韓(営2)のコメント〉

新年度初めての大会でしたが、緊張感を持ちながらも新鮮な気持ちで試合に挑むことができました。コロナウイルスの影響で満足に練習できない日々もありましたが、納得のいく試合をすることができました。今後はチームをまとめ、勝利を目指していきます。

呂

【写真】男子Aチーム 呂

 

 

〈龍大C 山森龍太郎(営3)のコメント〉

今日はすべての試合で苦しい場面が多かったですが全員が粘り強く戦い抜き、ベスト8まで残ることができました。しかし、あくまでベスト8は通過点だと考えているので、次の関学、またそれ以降の試合で勝利を目指し頂点を狙っていきます。

IMG_8172

 

【写真】男子Cチーム 山森

 

〈龍大A 中日奈歩(文4)のコメント〉

久しぶりの団体戦で責任感がうまれ、みんな緊張していましたが、一人ひとりが練習の通り思い切ってプレーできていたと思います。私は負けてしまったのですが、心強い後輩が勝って帰ってきてくれたので嬉しかったです。次の試合からが勝ち進むことが一段と難しくなりますが、チームみんなで優勝したいので、今日の試合の反省点をこの一週間で調整して、完璧な状態で次戦に挑みたいと思います。

IMG_8001

【写真】女子Aチーム 中日奈

【男子卓球部】大経大に完全勝利 リーグ5位

9月6日、ベイコム総合体育館において2019年度関西学生卓球秋季リーグ最終戦が行われた。龍大は大経大相手に4-0とストレートで完全勝利を決めた。この結果、龍大は3勝4敗、5位で幕を閉じた。

〇龍大4-0大経大●

第1セット 3-1

第2セット 3-1

第3セット 3-2

第4セット 3-1

第1セットからエース対決となった大経大戦。トップには李(済3)が出場。第1ゲームから激しいラリーが繰り広げられる。李はサーブで相手を崩しドライブでしっかり決め第1ゲームを奪う。しかし第2ゲームでは序盤リードするもラリー戦でミスが出てしまいこのゲームを落とし振り出しに戻る。先にリードしたい李はレシーブから攻めるなど第3ゲームを有利に進めると、第4ゲームでも勢いは止まらない。最後は6連続ポイントを連取しセットカウント3-1で勝利を決めた。続く2番には1年生の清水が出場。第1ゲームは少し硬さが出たか、ミスが目立ちこのゲームを落とす。しかし第2ゲームからは確実にドライブでポイントを重ね3ゲームを連取しセットカウント3-1で勝利。

李君

【エース対決に勝利した李】

 

3番に出場した南﨑(理2)はフルセットとなる大接戦となった。第1ゲームを先取した南﨑だか第2ゲームでは得意のフォアドライブを封じられこのゲームを落とす。その後も相手の勢いを止めることは出来ない。第3ゲームも連取される。続く第4ゲームでもゲームカウント1-6と離されるが決して諦めてはいなかった。封じられていたフォアドライブやレシーブで得点を重ねこのゲームを奪う。そして最終セットは6連続ポイントを奪う勢いをみせ見事フルセットで勝利を掴んだ。4番ダブルスには田中(済4)・西野(理2)が出場。このペアで公式戦に出るのは初めてという2人だったが「お互いに声を掛け合ってプレーできたのがよかった」と田中主将を語るように初めてとは思わせないような相手を圧倒するプレーで勝利を決めた。この結果、4-0で大経大を破りリーグ5位で幕を閉じた。

南﨑くん

【逆転勝利を決めた南﨑】

「チーム一丸となって戦うことができた」と田中主将が語るように今試合ではベンチや観客が一体となった応援が印象的だった。彼らが作り上げた団結力で来年こそはリーグ優勝を果たしてほしい。これからの龍大男子卓球部に注目したい。

 

選手

【団結力をみせた龍大卓球部】

 

 

〈田中主将のコメント〉

「今日の試合で負けたら入れ替え戦が決まってしまうということで勝たなければいけない試合だった分、チーム一丸となった戦うことができた。ダブルスでは初めて公式戦で組むペアで勝てるとは思っていなかったが意外と戦術がうまくいった。二人で話し合って補うことができたと思う。今季リーグは李選手や西野選手や南﨑選手がしっかりポイントを取ってくれたのが良かった」

(龍魂編集室 記事 /写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子卓球部】春のリベンジならず。関学大に敗退。

9月4日、ベイコム総合体育館において2019年度関西学生卓球秋季リーグ第4戦が行われた。龍大は関学大相手に春季リーグのリベンジに挑んだが2-4で敗れ、リベンジを果たすことはできなかった。

●龍大2-4関学大○

第1セット 0-3

第2セット 3-0

第3セット 3-1

第4セット 0-3

第5セット 0-3

第6セット 0-3

春の関西王者である関学大は序盤から強さをみせつける。トップに出場した田中(済4)は相手の勢いを止めることはできず第1ゲームを失う。第2ゲームはゲームカウント4-8と離れるがドライブで点数を重ね9-9と同点に追いつく。しかし後に続くことはできないまま0-3で敗退となった。続く2番に出場した李(済3)は威力のあるドライブを次々と決めた。後ろに下げられてもフルスイングをみせる。回転量の多いドライブに相手は止めることができない。相手に隙を見せないままストレートで勝利をあげ、龍大側に流れを引き寄せた。

李さん

【2番で勝利をあげた李】

3番には西野(理2)が出場。第1ゲーム序盤は少し硬さが見られたものの西野の持ち前であるガッツポーズが徐々に増え波に乗ったまま2ゲームを連取した。しかし第3ゲームでは相手のサーブに苦戦。ラリー戦でもミスが出てしまいこのゲームを失う。続く第4ゲームではデュースにもつれ込む大接戦となった。お互い譲らない攻防にベンチの盛り上がりも最高潮へ。結果は最後までドライブで攻め続けた西野がゲームカウント15-13で奪い勝利を決めた。セットカウント2-1とリードする龍大だがやはり関学大は強かった。4番、5番とストレートで落とし後がなくなる。ラストに繋ぎたい龍大は6番に馬場(文2)が出場。しかし勢いに乗る関学大を止めることができない。第1ゲームでは5連続ポイントを失うなど圧倒される。そのまま流れを掴むことができず、ストレートで敗退。この結果関学大相手にセットカウント2-5で負けが決まった。

ベンチ

【盛り上がる選手たち】

春のリベンジを果たすことはできなかった龍大。田中主将は試合後、「もう少し競りたかった」と悔しい表情をみせた。残りの試合も苦しい戦いとなるだろう。彼らはこの悔しさを晴らすことができるのか。残りの試合でぶつけてほしい。

 

〈田中主将のコメント〉

「春季リーグと同じ負け方だった。相手のダブルスは関西学生選手権で勝っていたので自信はあったが負けてしまい情けない。強い学校ではあるがもう少し競りたかった。格上とやるときに焦ってミスが出るところがある。もう少し自分のプレーができるようになればと思う。残りの試合は全部勝ちに行くつもりで頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【卓球部】第88回関西学生選手権大会で男子シングルス優勝、男子ダブルス3位、女子シングルス入賞

5月31日(金)~6月2日(日)に池田市五月山体育館で開催された第88回関西学生選手権大会において、男子シングルス優勝など輝かしい成績を残した。

◆男子シングルス
優勝 李 佳睿(経済3年)
3位 張 博良(経営4年)
◆女子シングルス
6位 高田 愛佳(政策1年)
◆男子ダブルス
3位 張 博良・李 佳睿 組
3位 馬場 子龍(文学2年)・田中 元樹(経済4年) 組

<参考>
関西学生卓球連盟 第88回関西学生選手権結果ページURL
http://www.kansai-sttf.net/siaikiroku/2019/2019senshuken.pdf

左から李さん、張さん、田中さん、馬場さん

左から李さん、張さん、田中さん、馬場さん

ページの先頭へ

ページの先頭へ