その他のスポーツ系サークル活動

【サッカー部】チャンスを生かし切れず引き分け

11月12日、大阪商業大学第一グラウンドにおいて、関西学生サッカー2部Aリーグ後期第8節、対大商大が行われた。チームを勢い付ける先制ゴールを挙げるが、結果は1-1のドローで終わり手痛い試合となった。

「チームが流れに乗るためにも先制点を決めることを意識した」(平田)の言葉通り、20番松室(営3)のワンツーで抜け出した10番平田(社4)がシュート枠をすれるなど貪欲に先制点を狙う場面が多く見られた。そして待望の時が来た。前半18分、7番川井(法4)からのパスで10番平田がゴール。流れは完全に龍大のものに思われたが、終了間際に豪快なミドルシュートを放たれ同点に追いつかれる。

なんとかして追加点を決めたい後半。途中出場した23番藤野と9番前川(政3)が果敢に攻め込むプレーを見せ、再びチームに勢いをもたらす。終始優勢を維持するもチャンスを生かすことなくホイッスルが鳴り響き、1-1の引き分けとなった。

11ばんさん

【写真】流れを引きつけた白谷(社4)

 

「龍大ペースだった中での引き分けは反省すべき」とキャプテンの川井が語るように決定機を幾度となく作り出した試合だけに悔しい結果となった。重要な局面で勝ち切れる勝負強さこそ、今の龍大に必要なものかもしれない。次節こそ勝利を決める。

 

〈川井キャプテンのコメント〉
「良い入りから先制点を取れたことは収穫だった。終始龍大ペースだった中での引き分けというのは反省しなければいけない。チームの状態は悪くないので90分間通して集中することがこれからの課題だと思う」

 

〈平田選手のコメント〉
「立ち上がりから両チームともボールが落ち着かず、先制点を取ったチームが流れに乗ると思ったので点を決めることを意識して臨んだ。得点シーンでは良い形でボールを受けることが出来た。勝ち切るために得点を意識して次の試合に挑みたい」

 

〈望月コーチのコメント〉
「前半終了間際の失点は痛かったが、相手のシュートがすごかった。こぼれたところが悪かったと思う。ラストの時間で押し込まれて相手のペースになっていたところが反省するところ。やっているプレーは悪くないが結果が出てないのは残念」

 

(龍魂編集室 記事/勝間晴香 写真/伊瀬健太)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【準硬式野球部】関西大会 無念の敗北

11月3日、ベイコム野球場にて秋季関西地区大学準硬式野球大会、対甲南大戦が行われた。龍大は4-7で甲南大に負け、関西大会一回戦敗退という結果に終わった。

初回はどちらも得点はなく二回、柴田(農2)、河端(社1)の連打一三塁とチャンスを作るも得点に繋げることができない。三回には四死球や連打を浴び0-4となってしまう。だが龍大も負けてはいない。五回田住(法3)のセーフティバントで出塁し四球や相手の悪送球により二死満塁となると、5番中村(社1)の適時打で2点を返す。しかし七回では相手の一死満塁から走者一掃の二塁打によって3点を奪われ、2-7となってしまう。

【写真 痛烈な安打を見せた河端】

河端 バッティング

 

八回には宮嵜(済3)が相手外野手の失策も絡み二塁打を放つ。その後も河端の二塁打などで2点を返し、4-7となる。しかし、終盤は打線が沈黙、4-7で関西大会初戦敗退という結果に終わってしまった。

関西大会1回戦敗退という残念な結果で終わってしまった龍大。次の舞台は春季リーグ。だが、彼らの目標はリーグ優勝などではない。春季関西大会優勝、そして全国大会出場だ。冬のトレーニングを積み、さらに飛躍していく彼らに目が離せない。

〈井上主将(国3)のコメント〉
「ヒット数、エラー数ともに相手を上回っていたが、それでも勝ちきれなかった。勝てるゲームだったのに勝ちきれなかったという所に悔いが残っている。もう一度日頃の基本的なことや野球以外の面も一から徹底して見直していかないと勝てないのかなと思った」

(龍魂編集室 記事/藤原可琳 写真/上村倫太郎 藤井八雲)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【サッカー部】悔やまれる2失点

11月4日、同志社大学京田辺グラウンドにおいて、関西学生サッカー2部Aリーグ後期第7節、対甲南大が行われた。台風により2週連続で試合が流れ、10月15日以来のリーグ戦となったが、結果は1-2と惜しくも敗れた。

相手は現在リーグ2位の甲南大で難しいゲームになると予想されたが、「試合の入りから前に行くことを意識した」と川井(法4)が言うように、立ち上がりから相手陣内でプレーする時間が多かった。相手の裏を狙った攻撃で攻める龍大であったが、前半22分に相手に与えてしまったPKを決められ先制を許す。前半43分、相手エリア内でルーズボールを拾った川井がそのままゴールへ流し込み同点に追いつく。このまま流れを変えたいところだったが、直後に痛恨の勝ち越しゴールを許し前半を1-2で折り返す。

1点ビハインドで迎えた後半はロングフィードやセットプレーからチャンスを作り出すもなかなか相手のゴールを割ることができない。後半45分にエリア中央で並行パスを受けた白谷(社4)が右足を振り抜くもわずかに枠の右に逸れた。最後まで果敢に攻め続ける龍大であったが惜しくも試合終了のホイッスル。1-2で敗れた。

川井さん
【写真】ゴールを決めた川井

内容が悪くないだけに悔しい一戦となった。セットプレーでは惜しいシーンが何度も見られた。この試合で得た収穫を残りの4試合へ繋げて欲しい。

〈川井キャプテンのコメント〉
「試合の入りから前に行くことをチーム全体で意識して、それができたのは収穫だった。同点ゴールの場面では狙い通りに相手の裏のスペースを突くことができた。残りの4試合全てで勝ち点3を取れるように頑張りたい」

〈望月コーチのコメント〉
「台風の影響で2週間空いて久々というのと、相手が2位の甲南大という点で難しかった。ゲームの内容としては良かった。前半の2失点目が悔やまれるが、自分たちのサッカーが出来ていたので良かったと思う」

(龍魂編集室 記事/伊瀬健太 写真/上原航輔)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【男子バレーボール部】3季ぶりの優勝! 強豪再起!

10月22日、近畿大学記念会館にて、関西学生男子バレーボールリーグ最終節、対大産大が行われた。前節にて優勝を決めた龍大は、最終戦でもその実力を発揮し、セットカウント3―1で大産大に勝利。2部リーグ全勝でリーグ制覇を果たした。

台風により1時間早く執り行われた関西学生バレーボールリーグ最終日。龍谷大学の相手は、1次リーグで勝利したことのある相手、大産大だった。前節の勝利によりリーグ優勝をすでに掴んでいた龍大だが、最終戦でもその力を緩めることなく、全力のプレーを見せてくれた。
試合は白熱したものとなった。第1セット、25―23で龍大が先制セットを奪うも、流れを寄せるまでには至らず、第2セットを22―25で大産大に奪われてしまう。互いの実力が拮抗した中でプレーは続き、第3セットでも龍大の勢いを作り出せずにいる。点差を開けられないままデュースまで続き、長期戦になると思われた時、活路を開いたのが主将の米澤(社4)。強烈なスパイクでブロックを貫き、見事ブレイク。26―24で第3セットを掴み取った。

 

【写真1 連続得点を決めた米澤】

最終戦 米澤

 

勝負が決まる第4セット。大詰めとなった龍大だが、序盤にミスが目立ち点差をつけられてしまう。しかしここで4年生花浦(政4)が攻守で活躍。リベロ木村(政3)の見事なサポートもあり、得点に結びつける。さらに中盤以降は藤川(社3)と前田(経営2)の攻撃が好調。終盤までに点差をのばしたことで、最後は25―22でこのセットを奪取。セットカウント3―1で龍大が無事勝利し、上位リーグを全勝で締めくくった。

「今日の試合は負け試合だった」。主将米澤が試合後、厳しくそう語る。内容から見ると、たしかに試合中龍大が追い込まれた展開がいくつも在り、勝利が難しい試合だっただろう。しかし見事その状況を覆し、自らの流れへと変えた龍大。「どんな状況でも勝ちきれるように成れたのは、このリーグでの成長だと思います」。続いた米澤のこの言葉が、すべての答えだろう。
2年ぶりに取り戻した優勝カップ。喜びにあふれる選手たちだったが、その目はすでに次の全日本インカレへと見越している。立ちはだかる全国の壁へと挑む彼らの姿に、心からの応援を送る。

 

【写真2 3季ぶりにリーグ優勝を果たした男子バレーボール部】

男バレ 集合写真

 

〈吉田監督のコメント〉
「春に苦しい戦いをしていたので、この秋を全員の力で勝ち切れてよかったです。特に4回生がチームをまとめ上げてくれたのが嬉しかったです。次は全日インカレで入賞を目指して頑張っていきたいと思います」

〈米澤主将のコメント〉
「開幕戦を満足いかない結果でスタートしてしまいましたが、それから自分たちの弱点を調整して修正していったので今回この優勝にたどり着いたと思います。春は負け癖が付いていたので、このリーグでそれを勝ち癖に変えられたのは大きなことでした。次の全日インカレはベスト4以上を目指して頑張りたいと思います」

(龍魂編集室 記事/上村倫太郎 写真/綾井唯)

龍魂編集室は現在新入部員募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ