その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】取り組みが形になった勝利

9月5日、平成30年度京滋六大学準硬式野球秋季リーグ戦の対京都学園大学が皇子山球場で行われた。

この日の試合は龍大のペースで始まった。初回ファーボールとエラーなどで1死1、3塁とすると5番の中村(社3)のヒットの間に2点を先制する。投げては先発の伊達(文2)が4回までを無失点に抑えた。4回にも相手のエラーなどで1点を追加し3-0とリードを広げる。しかし5回裏先発の伊達はヒットとファーボールにより1死満塁のピンチを招くと押し出しのファーボールを与え1点を返されてしまう。このまま京学大に流れが傾くかと思われたが、後続をきっちり打ち取り最少失点で切り抜けた。9回の裏には変わったピッチャー、寒川が1点を失ったが序盤のリードを守りきり龍大が3-2で勝利した。

中村 タイムリー

【写真1 初回にタイムリーを放つ中村】

 

伊達

【写真2 9回途中を1失点に抑えた先発伊達】

 

柴山主将(国3)のコメント
今日の試合ではできるかできないかではなく、やるかやらないかという事と、明るい雰囲気を作るという2つの事を目標に取り組みました。新チームになり様々な場面で個々人に任すことが増えていますが、今日の結果からそれぞれが考え、自分のできることに取り組んでくれていたのだと思います。3点を先取した所は良かったのですが、試合後半では0点に抑えられてしまったので得点を重ねられるように次戦では取り組んでいきたいです。

(龍魂編集室 写真/藤井八雲 記事/加藤虎太郎)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子ハンドボール部】課題が見えた試合

9月2日、桃山学院大学において、2018年関西学生ハンドボール秋季1部リーグ、武庫川女子大学戦が行われた。龍大は1試合目の大体大戦と2試合目の大教大戦に連敗。今年の春季リーグで1部への昇格を勝ち取った龍大にとって、これ以上の連敗は阻止したい。そのため、試合では選手が持てる力のすべてを出し切っているように見えた。しかし、結果は13対34で敗れた。

 

前半、龍大は相手チームのペースに呑まれ、自分たちの本来のプレーができなかった。この流れを変えようと背番号1番の鈴村(国2)が相手チームの速攻をファインセーブする。さらに、背番号6番の大西(短1)の体を張ったシュートによって相手に警告を与えた上で、得点。このようなプレーによって龍大は流れを変えようとするものの、パスミスなどの些細なミスによって、相手チームの流れをとめられない状態で、7-17で前半を折り返す。

大西さん

【試合の中心となった大西】

 

厳しい点差の中始まった後半、背番号7番の田花(文3)が得点すると、ディフェンスで相手のミスを誘い、攻めの主導権を握る。さらに、相手の速攻をまたしても鈴村が死守。相手チームへ、簡単にはゴールを割らせない。最後まで諦めず、攻守ともに全力でプレーした龍大。しかし、相手チームの速いパス回しやフィジカルを利用したプレーに点差を縮めることができないまま試合終了。13-34で今季初の白星とはならなかった。2鈴村さん

【ファインセーブでチームに貢献した鈴村】

 

試合後のミーティングで選手の表情から試合への思いが伝わってきた。試合には敗れはしたが、選手の闘志は消えていない。2部リーグから1部リーグに勝利するために戻ってきた龍大のこれからが楽しみだ。

 

〈上本主将のコメント〉

 

「今日の試合を振り返って思うことは、自分たちの悪い部分が出たということです。その中でも、最後までプレーを合わせようとしていたので、何本か惜しいシュートがあったことはいい点だと思います。この点を次の試合に繋げていきたいです。」

 

―今後に向けてー

「去年の秋リーグから一年間、勝つことを目標としてきました。そのため、次の試合では今回の試合のような悪い部分をなくしたいと思います。そして、本来のわたしたちの良い点が出る試合にして、勝ちたいと思います。」

(龍魂編集室 記事/渡邊和記 写真/青木学登)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

【バドミントン部男子】関学大を破り連覇達成!!

9月5日、岡山市総合文化体育館において第58回西日本学生バドミントン選手権大会、団体戦の準決勝、決勝が行われた。準決勝の相手は近畿大で3-1と勝利。続く決勝の相手は関学大。白熱した大接戦となるも龍大が3-2で勝利し、見事4連覇を成し遂げた。

準決勝の相手は近畿大となった。まず第1Sに出場したのは田中(営3)。第1・第2ゲームとともに互いに譲らないプレーが続く展開となったが得意のスマッシュなどで得点を重ねていき22-20、21-19と接戦を制してストレート勝ちを収めた。続く第2Sに出場したのは川原(政2)。まず第1ゲームを取ると第2ゲームではデュースにもつれ込む均衡した戦いとなったが24-22と粘り強さを見せ、第1Wに繋げた。その第1Wに出場した本田(営2)・中島(営3)は第1ゲームをなんとか取ると、第2ゲームを相手に攻め込まれ落としてしまう。立て直したい第3ゲームではあったが惜しくも接戦を制すことができず敗戦となった。第2Wには坂口(営4)・川原(政4)が出場。相手の流れになる場面もあったが、その後は安定した強さを見せストレート勝ちを収め、3-1で近畿大を撃破した。

IMG_8835 田中

【Sで大活躍した田中】

決勝の相手は関学大。第1Sに出場した川原は序盤から相手の勢いに押され第1ゲームを落とすと続く第2ゲームでも自分のリズムに持っていくことができず8-21と敗北を喫した。第2Sに出場した田中は序盤から流れを引き寄せ第1ゲームを取ると、続く第2ゲームでも終始リードする展開が続き21-6と相手を下してストレート勝ち。続く第1Wには本田・中島が出場。第1ゲームを惜しくも落とすも、第2ゲームでは勢いを取り戻し主導権を渡すことなく流れを龍大に引き寄せた。その流れを維持して勝ち切りたいところではあったが、粘り切ることができず惜しくも敗戦となった。続く第2Wには坂口・川原が出場。ここまでチームを引っ張って来た4回生ペアが安定した強さを見せ第1・第2ゲームと相手を圧倒しストレート勝ち。4回生としての意地を見せ、連覇への道を第3Sへと繋いだ。その連覇を託された第3Sには本田が出場した。序盤から互いに得点が入るたびに会場が沸いた。第1ゲームを21-12で取ると、第2ゲームでも会場の応援を力に変えて闘志あふれるプレーで応え21-13と見事ストレート勝ちを収め龍大バドミントン部男子は4連覇を成し遂げた。

IMG_9052 本田 決勝

IMG_9148 集合

【連覇を成し遂げた選手たち】

チーム一丸となって見事連覇を成し遂げることができた。春リーグ3位という悔しい結果に終わったリベンジも果たし、龍大の強さを改めて示すことができた。これから始まる個人戦でもそれぞれが強さを見せ勝ちあがっていってほしい。

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/佐野翔哉)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【準硬式野球部】借りを返すコールド勝ち!!

8月30日、伏見桃山球場において平成30年度京滋六大学準硬式野球秋季リーグ戦が行われた。この日の相手滋賀大彦根は、新チーム1戦目の前回サヨナラ負けを喫しているだけに負けるわけにはいかなかった。そんな相手に序盤リードを奪われるも、同点、勝ち越し、中押し、ダメ押しと着実に点を重ね、9-2と7回コールド勝ちを収めた。

リーグ戦優勝の為にも絶対負けられない龍大だったが、四回までに失策が3つ、2点のリードを奪われる苦しい展開。前回のサヨナラ負けが尾を引いているかの様にみえた。しかし四回裏、先頭の1番谷口(社2)が左安打で出塁すると、盗塁と犠打で好機を作り、3番安里(社2)の左前適時打で1点を返す。さらには併殺崩れの間にも得点し、同点に追いつく。その後二死一、二塁から「前の試合負けていたので、絶対ここで打たないと」という気持ちで打席に入った7番城(文3)が、三塁線を破る2点適時三塁打を放ち、この回一気に勝ち越しに成功する。

城選手 タイムリー

【写真 四回裏に勝ち越しタイムリーを放つ城】

その後打線は五回に1点、六回に3点を追加し、投手陣は五回以降相手打線を三者凡退にきって取るナイスピッチ。最後は七回に代打大江(法2)が左前適時打を放ち、前回の借りを返すコールド勝ちを収めた。

序盤は相手に流れが傾いていたが、それをしっかり自分達の方へ手繰り寄せ、新チーム1勝目をコールド勝ちで飾った。チームの雰囲気も良く、これからの新チームに期待が持てる一戦だった。

〈柴山主将(国3)のコメント〉
今日の試合に向けて明るく、元気に、雰囲気良くというところにこだわって準備をしてきました。序盤にエラーがいくつか出てしまいましたが、前のチームから追う展開に強いのが自分たちの取柄だったので、そこでへこまずにベンチから明るく盛り上げてくれたおかげで四回に流れがきたと思います。この新チームではポジティブに野球をやっていきたい。積極的に、明るく、前向きにやっていく中で、最終目標は全日本優勝。その為には目の前の一戦一戦しっかり戦っていかないとこの前みたいに足元をすくわれるので、一戦必勝でやっていきたいです。

(龍魂編集室 記事/写真 藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ