その他のスポーツ系サークル活動

【男子ラクロス部】 1部所属チームに競り勝つ!!

4月21日龍谷大学瀬田キャンパスGにおいて京産大との1Q、2Qのみのモデルマッチが行われた。モデルマッチとはいえ昨年1部リーグ5位の京産大との試合は、季節外れの高い気温の中お互いに一進一退の攻防を繰り広げる。結果は安徳(法4)の4得点の活躍などにより8-5で龍大男子ラクロス部が競り勝った。

第1Qでは、両者ともに緊迫とした試合展開となったが、安徳のゴールがこの展開を破った。相手のミスからさらに得点を重ねるも相手ゴーリーのファインセーブなどから流れを作った京産大の猛追が始まり、1Q終了時には2-3と逆転を許してしまう。
安徳
【4得点とチームの勝利に貢献した安徳】

意地でも追い付きたい龍大は、開始早々に井上(政3)が同点ゴールを決める。しかし続けざまに相手に得点を許してしまいリードを奪うことができない。2Qも残り半分といったところで安徳が怒涛の3連続得点を決め逆転に成功し、ダメ押しに森本(社4)・井上が得点を奪いスコアを8-5としたところで試合終了となった。
殿川
【ゴーリーとして更なる飛躍に期待したい殿川(政4) 】

昨年1部リーグで勝つことができなかった相手に対して前半戦のみの試合ではあるが、勝利を収めることができたことはチームとして価値のある勝利である。この調子で今年の2部リーグでは他大学を寄せ付けないような試合展開を期待したい。
全体
【勝利を収めた選手達】

〈殿川主将のコメント〉
「点を取るべき選手が取って要所で守れたところが良いリズムを作り、安徳の4得点などに繋がったと思います。しかし自分たちが練習してきた形で守ることができずに裏を取られての不用意な失点が多かったです。そこを修正しないと2部で良くても1部では厳しいと思うのでしっかりと修正していきたいと思います」

〈安徳OFリーダーのコメント〉
「前半はシュートをかなり打てていたが決めきれず、逆に決められて苦しい展開なりましたが、後半に苦手なビハインドの展開からうまく追い上げることができたのは収穫だと思います。(4得点について)練習でやってきた個の力が出せたこととゴール前でも落ち着けたことが良かったです」

〈亀田DFリーダー(法4)のコメント〉
「OFが大量に得点をしてくれて勝てたけど、DFとしてはしょうもない失点が4点続いたのと失点をし出したら止まらないといった課題の残る内容でした。そのため流れが自分達にない時に失点をしないように改善をしていきたいと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子ハンドボール部】圧勝も、監督「こんなものかな」

4月14日、伏見港公園体育館において関西学生ハンドボール春季リーグ戦が行われた。龍大は奈良女子大に28-6で圧勝。昨秋まで1部リーグで戦っていた地力の差を見せつけ、春の初戦を制した。

竹内さん【先制ゴールを決めた竹内(社4)】

 

去年の10月14日、それは女子ハンドボール部が入れ替え戦で敗北し、2部に降格した日だ。そこから丁度6ヶ月。一部昇格に向けての春の初戦はその時の悔しさを晴らすような快勝劇だった。先取点を取ったのは龍大。開始1分で、竹内(社4)がシュートを決めると、前半6分にGKの鈴村(国2)が自軍のゴール前から大遠投。相手のゴール周辺はガラ空きで誰も守備についておらず、そのままシュートが決まり3点目。さらにその1分後にも同じような場面で鈴村がシュートを決める。相手の奈良女子大はGKを抜いて7人で攻めると言う超攻撃的な陣形を取ったがそれが開始早々穴となってしまった。前半だけでも、龍大はスタメンで出場した全員の選手がゴールを決め試合を決定づけ、15-2で前半を終える。

浦田さん【度々、相手のゴールネットを揺らした浦田(政4)】

後半に、奈良女子大の反撃が始まる。点差は大きく離れているものの、1点が決まれば大きく湧き上がる奈良女子大ベンチ。その雰囲気に飲み込まれたのか、後半は前半を上回る4点を失う。しかし、1年生ながら途中出場した廣田(文1)が2得点を決めるなど、そのままコンスタントにゴールを決めた龍大に追いつくことはなく、28-6で龍大が勝利を収めた。

 

鈴村さん【幾度となく相手のボールをセーブし、得点も決めた鈴村(国2)】

 

廣田さん【1年生ながら出場し、2得点の廣田(文1)】

 

【杉本監督コメント】

「一部に上がることはそこまで難しいことではない。今年は大阪でインカレがあり、(上位)7、8番以内に入れば出られるので、そこを目指している。去年の秋は試合慣れしていない選手が多かったが、合宿で実業団と試合や練習をした成果が28得点に結びついたと思う。初戦で選手も緊張もしていたしこんなものかな。」

 

【浦田選手コメント】

「4回生が4人いるが、そのうちの2人が怪我をしているので、彼女らのためにも勝ち進んでインカレに出場するのが目標であるので目の前の一戦一戦を勝ち進んでいきたい。今日の試合も勝つことはできたが、内容は良くなかった。このままでは、一部で勝つことは出来ないプレーが多かった。(慣れない2部での初戦が終わったので)明日からの試合は落ち着いてプレーしていきたい。得点は多く取れたがみんなで合わせての一点を取れたと言うのは少なかった。明日は、30得点5失点以内の目標を達成していきたい。」

 

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/上原航輔)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【男子バレーボール部】開幕戦を白星で飾る

4月8日、近畿大学記念会館において2018年度関西大学バレーボール連盟男子春季リーグ開幕戦が行われた。相手は大阪学院大。昨年度の秋季リーグ王者である龍大は1セット目から少し硬さが見られたものの、2セット目からは持ち味である速攻が光り、見事3―0で勝利。王者の意地を魅せた。

 

王者として迎える今リーグ。秋季リーグに続き優勝するためにも初戦を白星で飾りたい龍大。

 

第1セット、両者とも譲らない猛攻が繰り広げられる。このセットを取り勢いに乗りたい龍大だが少し硬さが見られたか、ミスが続き苦しい試合展開となる。しかし王者は強かった。藤川(社4)のスパイク、島津(済2)のブロックで点数を重ね、28-26で1セット目を先取する。

 

1セット目を取り、流れをつかんだ龍大は第2セット開始から5ポイントを連取。前田(営3)がスパイクで得点を重ねると、1年生の伊庭(文1)も負けずとスパイクを決め、24-12でマッチポイントを握る。最後もスパイクを決め25-12で第2セットを奪取。第1セットに続き2セット連取し、勝利に王手をかける。

 

続く3セット目も龍大に流れは止まらない。スパイクで得点を重ね、相手にプレッシャーをかける。藤川がブロックで堅い守備をみせ、前田がスパイクを決める。龍大の持ち味である堅い守備からの速攻が光ったゲームとなった。見事第3セットを25-20で取り、ゲームカウント3-0で勝利。開幕を白星で飾った。

 

龍谷大3-0大阪学院

28-26

25-12

25-20

 

開幕戦を見事勝利し勢いに乗る龍大。しかしこれから苦しい試合が続く。全員が目標にしているリーグ優勝を目指してこれからの試合も頑張ってほしい。

 

 

<藤川主将のコメント>

「出だしは硬さが出たが、中盤はチーム全員で声を掛け合っていつも通りのプレーができた。サーブで攻めてリズムを作ることをテーマとしてやっているが、出だしからできなかったのが悪かった。これから苦しい試合が続くと思うが優勝を目指して頑張りたい」

 

<吉田監督のコメント>

「昨年度の主軸のメンバーが抜け、新チームとして迎えた今リーグだったため、出だしは相手に崩されることもあったが、中盤から立てなおすことができたのが良かった。新入生もベンチ入りをしていてそれぞれが活躍できていたのは今試合の収穫である。チャンスボールを自分たちの得点につなぐことが出来なかったのは今回の課題。課題を修正して残りの試合、龍谷大学のバレー部らしく優勝を目指して頑張りたい」

(龍魂編集室 記事/綾井唯 写真/丸山恭佳)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

【アーチェリー部】リーグ2戦目、女子チーム勝利!

 

 

4月8日、同志社大学レンジ、関西大学レンジにおいて男子58回、女子53回関西学生アーチェリーリーグ戦第2試合が行われた。

 

男子は京都産業大学と戦い、4903-4624で1戦目に続き敗北。女子は大阪大学と戦い、3053-2729と今季リーグ初の勝利を収めた。

 

 

リーグ2①OK

 

リーグ2⓶OK

【笑顔を見せる女子アーチェリー部】

 

 

〈武田主将のコメント〉

「今回の試合は前回の試合と比べ思った通りに射つ事が出来ず部員全員伸び悩みました。今回の試合をしっかり反省し、次は勝利できるように精進致します。」

 

〈世継女子リーダーのコメント〉

「メンバー同士盛り上げあって勝利する事が出来ました。次回の試合に向けて精進致します。」

 

(龍魂編集室 記事/豊田美帆 写真/アーチェリー部)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ