その他のスポーツ系サークル活動

【男子ラクロス部】 第3戦、阪大戦に敗れる

9月10日、阪大豊中グラウンドにおいて、2017年度関西学生ラクロスリーグ戦、第3戦目が行われた。相手は昨年1部2位の大阪大学。強豪校相手に勝利し勢いづけたい龍大であったが、6-9で敗れてしまった。

相手に先制点を許すも、杉原(法3)がシュートを決め同点に追いつく。しかしその後、相手の猛烈な攻撃にDF陣が奮闘するも、連続得点を許し1-4と点差を広げられタイムアウトを取る。ここで仕切りなおした龍大は直後に安徳(法3)、黒田(社4)、大槻(理4)の連続シュートで同点に追いつく。その後1点取られはしたが、残り30秒のところで、横山(社4)が敵陣に切り込み5-5の同点とし前半終了。

 

横山 ラクロス

【写真】強烈なシュートを放つ横山

迎えた後半。龍大は果敢に相手DF陣へ攻め込みシュートを放つが相手ゴーリーにセーブされ得点には繋がらず、両者緊迫した状態が続く。しかし4Q開始直後、大槻のシュートが決まり、龍大はこの試合初めてリードする展開に。流れは龍大のものと思われたが、すぐさま同点に追いつかれる。その後も連続得点を許し流れは相手チームのものとなってしまう。龍大はそのまま攻め切ることができず、6-9で試合終了。勝利を飾ることはできなかった。

 

大槻 ラクロス

【写真】2得点を決めた大槻

初白星を飾ることはできなかったが、後半戦に向けてさらなる力を発揮することに期待したい。「関西制覇」という大きな目標持っている彼らをこれからもしっかりと応援していきたいと思う。頑張れ龍大男子ラクロス部!

<楠主将のコメント>
「同点で4Qを迎えてそこから流れに乗っていけるかと思ったが、特にDFからの細かいミスが続いてしまって、自分たちで自滅してしまった感じがあるので次の試合は最後まで集中して戦い切ろうと思いました。(後半戦にむけて)もう後がないのでしっかりと1部に爪痕を残して関西制覇という目標に向かって頑張っていきたいと思います」
(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔/上村輝)
龍魂編集室は現在新入部員を募集中
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【剣道部】女子団体見事全国大会への出場権を掴む!男子団体悔しい一回戦敗退

9月10日、大阪市中央体育館において第65回関西学生剣道優勝大会・第41回関西女子学生剣道優勝大会が行われた。男子団体は初戦の追大に惜しくも本数差で敗退。女子団体は見事ベスト8進出。大教大に僅差で敗れるも全日本への出場権を得た。

〈男子〉
 7人制の今大会、初戦の相手は追大。
 先鋒を任されたのは首藤(法4)。始まるとともに激しい攻防戦が始まる。逆銅を果敢に狙うなど終盤になっても激しさは止まらずそのまま引き分けとなる。
 次鋒の堀江(済4)は開始早々に相手にメンを打たれ先制されてしまう。取り返そうと自分を鼓舞する大きい声で相手を攻めていき中盤メンを取り返す。そして、立て続けにコテを決め見事二本勝ち。流れを龍大に呼び込む。
  五将の野間(社3)は相手の技に警戒しながら慎重に攻め込むも、中盤にメンを取られてしまう。反撃を試みツキを狙うも引きメンを合わせられ悔しい二本負けを喫する。
  中堅には田畑(法3)。積極的に一本を狙いにいく。惜しい引き技を打ち迫力ある試合展開を繰り広げるも引き分けに終わる。
 三将には原(文4)。中盤にコテを狙うも返しメンを打たれメンを相手に先制を許す。取り返そうと奮闘するが引き分けとなる。
  副将には森脇(文4)。ここで二本勝ちして振り出しに戻りたい場面。多彩な技を出し勝負を仕掛けていく。遠間からの飛び込みメンを炸裂させメンを先制。二本目を狙うも時間切れ。一本勝ちを収める。勝負は大将戦にもつれ込む。
  大将の瀬尾(法4)。キャプテンの意地として負けられない試合、序盤から積極的に攻めていく。激しい打ち合いが繰り広げられるも一本まではいかず悔しくも引き分け。
 惜しくも一本差の僅差で追大に敗退。あと一歩勝利には届かなかった。

首藤 写真
【写真 コテを打つ首藤】

〈女子〉
  去年ベスト8に入賞しシードからの出場となった今大会。一回戦武川女大に対し3-0と快勝。幸先の良いスタートを切る。
 二回戦の相手は関大。先鋒井上(済4)、次鋒山岡(済2)、中堅森口(済2)が接戦の末引き分けと均衡した試合展開が続く。
 試合が動いたのは副将黒川(済2)の試合。中盤に相メンの末相手にメンを取られてしまう。取り返すため技を多く出すもそのまま一本負け。
 もう後がない場面での登場となった大将松本(法4)。二本勝ちしなければならない状況で松本は落ち着いていた。序盤に相手の反則から一本を先取。冷静に相手の動きを見て飛び込みメンを決め見事二本勝ち。関大に逆転勝ちを収めベスト8入賞を決める。
  三回戦の相手は大教大。
  先鋒井上は激しい打ち合いを見せるも惜しくも引き分け。
  次鋒安田(文2)、中堅森口が立て続けに二本負けと相手有利の展開となる。
  副将黒川は勝利を収めるため相手の隙を果敢に攻める。なかなか技を打たせてくれない中、アイ面を決めメンを先取。そのまま時間切れとなるも貴重な一本勝ちを決める。
  大将の松本は上段の相手に序盤思うように攻められない。終盤に突入、メンを決め最後まで勝利の執念を魅せ一本勝ち。
 二本差の本数差で大体大に敗れるも見事去年に引き続き全日本への出場権を得た。

松本 写真
【写真 メンを打つ松本】

〈瀬尾選手 コメント〉
「自分の力を出し切れずに終わってしまった。自分が勝たないとチームが負けてしまうという場面で勝てなかったことが悔いの残る試合だった。後輩たちには自分たちが行けなかった全国に絶対行ってほしい」

〈堀江選手 コメント〉
「自分の思い切った試合をすることができ二本勝ちすることができたのが良かったが、チームとしては負けてしまい悔しい。全国には次こそはいってほしい」

〈原選手 コメント〉
「試合の出来としては20点だった。緊張してしまい自分の力を出すことが出来なかった。後輩たちには練習をもっとしてもらい来年同じような過ちを犯さないように頑張ってほしい」

〈首藤選手 コメント〉
「課題としていた技を決めきることが最後の試合でも一本を取り切れなかったことが悔しかった。自分たちの試合はいい試合とは言えず、引いてばっかりで相手に押されていたのでそこを切り替えてどうやったら自分たちのペースで試合をできるかを考えて後輩たちには頑張ってほしい」

〈森脇選手 コメント〉
「調子は悪くなく70点の試合内容ではあった。自分たちの代のやり方が一回戦敗退という結果に繋がったので後輩にはまた違う自分たちのやり方で頑張ってほしい」

〈井上選手 コメント〉
「今日の試合は本番での勝つ難しさを知れた。全国ではもっと厳しい試合になると思うのでチーム力を更に高め、自分自身も勝負強くなれるように練習していきたい。自分は調子が悪かったが、後ろの4人を信じて試合を観られた。全国では逆に信頼されるように勝ちに繋げたい」

〈松本選手 コメント〉
「今回はチーム力も高く、一人一人がしっかりとコンディションを高め責任も分っていた。全国に向けてもっと自分の力を高められるように練習したい。関大戦では前で一本取られてきたが、しっかりと落ち着いて試合ができ、二本勝ちが出来たので良かった」

(龍魂編集室 記事/尾崎愛斗 写真/青木学登)
 
龍魂編集室では新入部員を募集中!
 
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子バスケットボール部】怒涛の追い上げを見せるが、惜しくも敗れる

9月9日、甲南大学において、2017年度関西学生バスケットボールリーグ戦、3日目、対大教大が行われた。初戦を勝利で収めるも2試合目は負けを喫した龍大。迎えた3試合目。初戦の勢いを取り戻したかったが76-83で敗戦。しかし20点以上の追い上げで龍大の粘り強さを魅せた試合になった。

 

相手に先制点を許すも13番山脇(法4)、15番刈川(済4)の連続得点で両者一歩も譲らない試合が続く。しかし相手の精度の高いシュートに苦しみ、徐々に点差が開いていく。第1ピリオドを10-22で終了。第2ピリオドでは11番中本(文1)の3本目の3Pシュートや2番高橋(文3)のレイアップシュートが決まるも29-45で折り返しを迎える。反撃に出たい龍大だが、第3ピリオドでリードを20点にまで広げられる。しかし第4ピリオド開始直後、11番中本の3Pシュート、2番高橋の得点で流れを作り、会場は龍大への声援で包まれる。さらに西廣(文2)の3連続シュートで点差を8点差まで縮め、怒涛の追い上げを見せる。逆転まであと一歩のところだったが76-83でむなしくも試合終了。

 

写真

【写真 シュートを決める刈川(済4)】

 

 

写真

【写真 果敢に攻める高橋(文3)】

 

まだリーグは始まったばかり。龍大らしいバスケを取り戻し1勝を掴みに行きたい。

 

 

<山脇主将のコメント>

「最初は相手に圧倒されていたが、強気でガツガツいくようにとみんなに話したらそこでエンジンが入って流れを作ることができた。今回出ている4年生の選手が僕と刈川だけなので自分たちがしっかりリードしなければいけないと思う」

 

<西廣選手のコメント>

「”出だし”が自分たちの課題だったが、後半でしか追い上げられなかった。後半はとりあえず攻めることを意識してチーム一丸となって頑張った。今日落としてしまったので次はもう負けられない」

 

 

(龍魂編集室 記事/勝間晴香 写真/上原航輔)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子バレーボール部】秋リーグ開幕戦 無念にも敗北

9月9日、大阪商業大学にて、2017年度関西学生バレーボール秋季リーグ開幕戦が行われた。龍大が相対したのは実力校の近大。苦戦を強いられた試合にて、結果はセットカウント0-3で龍大が敗北。開幕戦を勝利で収めることが出来なかった。

8月のOB交流会にて士気を高め、チームの調整を怠らなかった龍大。開幕戦の相手は昨年の全日インカレにて初戦で敗北し、春季リーグでも勝ち得なかった因縁の敵、近大であった。開幕戦を勝利で飾り、勢いをつけたい龍大はこの試合をなんとしても勝ち取りたい。その気概で臨んだ第1セット序盤。出足を藤川(社3)、花浦(政4)の強烈なスパイクで飛ばし、近大に喰らいついていく。その後両チーム拮抗状態が続くも、終盤にて龍大陣営からミスが多くなり、近大の攻撃に対応しきれず、惜しくも23―25でこのセットを落としてしまう。

第2セットでも、序盤から龍大でミスが多発。相手に優勢を与えてしまい、さらに近大の堅固なブロックを崩せず、攻め手に欠ける状態となってしまう。結果、終始龍大は流れを掴めず、19-25でこのセットも落としてしまい、ついに追いつめられてしまう。

運命の第3セット、序盤から悪い雰囲気を払拭するかのごとく、主将米澤(社4)と前田(経営2)が強烈な攻撃を見せる。ここで龍大が流れを得られたと思われたが、その後は近大の緻密な攻撃を受けきれず劣勢になる。最後はミスが引き金となり19-25でゲームセット。セットカウント0-3で龍大が無念の敗北に喫した。

 

【写真1 スパイクを放つ米澤】

写真1

 

「自分たちのミスに追い詰められた試合になった」。主将の米澤が語る。第1セット終盤から見られた龍大のミスが、今回の敗北につながったのだと言う。己の最大の敵は己であると、今回の試合を経て選手たちは感じただろう。次に近大と当たるのは1次リーグを勝ち上がった先の上位リーグ。リベンジを果たすためには、これからの試合を順調に勝ち上がらなければならない。己に勝ち、試合を勝ち取り、リーグ優勝を目指してほしい。

<米澤主将のコメント>
「第1セットの入りは良かったが、終盤から自分たちのミスが多くなった。第2セットでもそこを修正できず、取られてしまった。その修正が出来ていれば勝てた試合だったと思います。1次リーグ予選はあと4つあるので、そこを全部勝って、2次で上位に上がり、また近大にリベンジしたいと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 上村倫太郎)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ