その他のスポーツ系サークル活動

【スキー部】藤本選手 2年連続二冠達成!

  3月1日から3月5日まで野沢温泉スキー場において、第91回全日本学生スキー選手権大会が行われた。類い稀な晴天のなか、藤本(政2)がスペシャルジャンプとノルディックコンバインドの2種目優勝。さらに、佐々木(済4)はクロスカントリー15Kmクラシカルで2位という成績を収めた。

 

 藤本が出場したスペシャルジャンプとノルディックコンバインドは、スペシャルジャンプを1本飛び、距離点と飛型点の合計ポイントの多い順に順位がつけられる。コンバインドではグンダーセン方式(ジャンプのポイントを基にタイム差が算出され、それに従ってインターバルスタートを行う方法)を用いて2.5Kmコースを2周し、計5Kmを走る競技である。

この競技について藤本は、「ジャンプは筋力、コンバインド(クロスカントリー)は瞬発力と必要とするものが違うのでそこが難しい」と語る。そこで、藤本はトレーナーさんに自らの強みを教えてもらい、意識したことでスペシャルジャンプは堂々の1位、クロスカントリーでは6秒差で2番にスタートするも2位と30秒の差をつけて1着でゴールし、昨年に引き続き二冠を達成した。

 

 藤本さん

【滑走する藤本】

 

 

  男子2部クロスカントリー15Kmクラシカルでは、昨年30Kmフリー3位の実績がある佐々木(済4)が出場した。クロスカントリーには2つの走法があり、クラシカル走法はスキー板を平行に維持したまま雪面に掘られた溝を沿って滑走するため、腕の力が必要となる走法である。フリー走法はスキー板をハの字にしながら左右に滑走する方法である。今大会のクロスカントリーではペナルティポイントの少ない順にスタート位置を選択し、一斉にスタートする。5Kmのコースを3周する。佐々木は、2周目まで3番目のポジションを維持して3周目に勝負をかけ、2着でゴールした。

 

また、佐々木は 男子2部クロスカントリー10Kmフリー 6位入賞、女子の部では金子(国4)は女子2部クロスカントリー10Kmクラシカル7位、女子2部クロスカントリー5Kmフリー7位に入賞を果たした。

 

 今大会、龍大スキー部は全日本インカレという大きな大会で上回生は輝かしい成績を収めた。一方で1回生はそれぞれの課題が見つかった大会になっただろう。次は第88回全関西学生スキー選手権大会が始まる。1部の選手と戦うことになるが龍大らしい滑りを魅せてほしいと思う。

 

 

〈藤本選手のコメント〉

「前回の大会が終わった後すぐ今回の大会だったので疲れていたが、しっかり大会に合わせることができたかなと思う。それはしっかり体のケアをしてできることはやっておいたからだと思う。具体的には龍大のトレーナーさんに自分の固いところを教わって、そういうところを意識して準備してきた。そのお陰で全カレは2年連続で二冠を達成できた。自分はジャンプとコンバインドという2種目していて、ジャンプは筋力、コンバインド(クロスカントリー)は瞬発力と必要とするものが違うのでそこが難しいところ。全関では1部の選手とも戦うので気を引き締めて上位にいけるよう頑張りたい」

 

〈佐々木選手のコメント〉

「今日は雪が固く、足にくるレースだったので少し辛かった。前日の2位という結果には満足しているが今日の6位というのは悲しい結果かなと思う。普段の練習では、体力をつけるために大会に合わせて30キロを滑る。また、スピードの面では10キロのコースを想定したタイムレースをしている。夏場はローラースキーでダブルポール(クラシカル走法で多く使うテクニックであり、平坦地や小さな起伏地においては最も推進力を得られる方法)の練習をしている。 この龍大スキー部で過ごしてきた4年間は楽しかった。自分の思うような結果が出せたり出せなかったりするときもあったが、大体出せていたので、それなりに良かった4年間を過ごせたと思っている」

 

〈金子選手のコメント〉

「昨日7位入賞はしたがあまり満足していなかったので今日は昨日の分を挽回しようと思い滑った。2つ上の順位まで混戦していたので、もう少し上へ行けたなと残念に思った。その原因として、自分に体力がない自覚と合わせて、この大会前にインフルエンザにかかってしまい余計に体力が万全でない状態で滑らざるを得なかったことがある。 この龍大スキー部で過ごしてきた4年間は大変だった。人数が少ない中、部員全員が支えあって来れたし、佐々木くんとも力を合わせて引っ張って来れたかなと思う。佐々木くんは本当にストイックでコンスタントに結果も出して龍大スキー部の柱として4年間頑張ってきてくれたと思う」

 

(龍魂編集室 記事 豊田美帆 / 写真 松本侑香)

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

【バトンチアSPRITS】単独公演、今年も開催!

12月22日、北文化会館において「第18回単独公演〜That’s the SPIRITS! 2017〜」が開催された。二部構成で行われる、今回の単独公演が集大成となる7名の4回生を中心に圧巻の演技が数々披露された。

オープニングは3回生が振り付けたという部員全員による”welcome to dance time”。彼女たちの弾けるような笑顔と演技に観客は魅了された。続いて、今年の世界大会で金賞を受賞した吹奏楽部の生演奏とともにアメフト部や野球部の試合時に行われる応援演技が披露された。ここでは観客も手拍子で応援に参加し、会場は盛り上がりを見せた。そして第一部の最後は、今年バトンの世界大会に出場し、メダルを獲得した嶋村(社1)と田畑(社4)。2人の手にかかると、バトンはまるで体の一部であるかのようだった。ダイナミックかつ繊細な演技は観客を引き込み、第一部を締めくくった。

第二部もチームバトン、チームチアそれぞれが全国大会の演技を披露し、会場のボルテージは最高潮に。終盤には卒回生が壇上に上がり、代表して主将の田中(国4)が涙ぐみながら語った。「大好きなバトンを大好きなメンバーでできて最高の4年間でした。後輩にはSPIRITSをもっと大きく、もっと強くしていってほしいです。このチームは私の誇りです。ありがとうございました。」エンディングでは部員全員による圧巻のパフォーマンスが披露された。演技が終わり、幕が閉じた後も公演の終了を惜しむかのように会場にアンコールが鳴り響いた。すると、その声に応えて再びステージに立った彼女たちはこの日一番の笑顔と演技を見せ、大盛況のうちに公演は幕を閉じた。

 

 

チア写真

「写真は前年度のもの」

【写真 笑顔でポーズを決める部員たち】

 

 

卒回生のバトンやチアに対する思いは確かに後輩へと受け継がれていくだろう。今後ますます演技に磨きをかけ、様々な舞台で活躍していく彼女たちから目が離せない。

 

(龍魂編集室 記事/ 写真 藤原 可琳/松本 侑香)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

【日本拳法部】全日本の大舞台で、男子団体3位に輝く!!

12月10日エディオンアリーナ大阪にて、第62回全日本学生拳法選手権大会が行われた。龍大からは、男子団体、女子団体共に出場し、男子が3位、女子がベスト8、大西選手(済3)が敢闘賞を受賞という素晴らしい結果を収めた。

〈男子団体〉
関学大と行われた3位決定戦。三将大橋(済2)が2本目の一本を取った瞬間、龍大の3位が確定し、龍大応援団から大歓声が上がった。2007年に2位となって以来実に10年ぶりのトップ3だ。だが試合後、選手から出た最初の言葉は「悔しい」。龍大が目指していた「優勝」には及ばなかったからだ。

2回戦の対芦屋大、3回戦の対立正大、準々決勝の対中央大を圧倒して勝ち進んだ準決勝。迎える相手は今大会5連覇中の絶対王者明治大。この相手に勝利できれば、龍大が目標としている「優勝」にグッと近づくことが出来るだけに、応援団はこの日1番の声援を送り、会場の緊張感も高まっていく。大きな期待を背に受けた先鋒佐藤(政3)。互いに牽制し、距離を取りながら様子を窺うなかで、先に一本を先取されてしまう。もう一本取られたら負けてしまう後がない状況で、佐藤は積極的にいき、蹴りで一本を取り返した。たが相手に一本を取り返されこの試合を落としてしまう。その後次鋒、三鋒も試合を落とし、あと一つ落とせば準決勝敗退となる局面で中堅大西が魅せる。序盤から優位に立ち、相手に一本を決めさせることなくストレートで勝利した。これで「優勝」へ望みは繋がった。しかし絶対王者の実力は高く、攻め込まれ、コートの端に追いやられる場面が目立つなど、後のメンバーが続かず準決勝敗退という結果に終わる。

 

大西さん

【写真 敢闘賞を受賞した大西】

 

気持ちを切り替えて挑んだ3位決定戦の対関学大。先鋒大西がテンポよく一本を取っていき、あっという間にこの試合を取る。しかし次鋒清田(法1)が続けざまに一本を2本取られると、三鋒当广(済1)も開始早々に一本を奪われてしまう。しかし当广が粘り、突などで一本を2本取りこの試合を取ると、後に続くメンバー達も粘りをみせながら試合を取っていき、3位決定戦を勝利という結果で終えた。

全日本団体3位という素晴らしい結果だが、選手たちは満足していない。これをもって引退していく4年生が口を揃えて言っていたのは “この試合、後輩たちがものすごく頑張ってくれた” という事だ。そんな後輩たちが、4年生が達成できなかった目標を達成できる日が来ることを期待したい。

 

日拳 全体写真

【写真 日本拳法部のみなさん】

 

〈全試合で大将を務めた田原主将のコメント〉
(男子団体戦3位という結果に)悔しいです。優勝を目指していたので。しかし負けてからなんとか3位までいけたかなという感じです。(個人的には)全試合勝つ意気込みだったので、明治大戦で負けたことは、やりきった部分もあるのですが、心残りです。(全体的に)チームの雰囲気は最高でした。そこは一番大切にしていたので、どこよりも良くというのを意識していました。(4年間を振り返って)最初は1人でやっていけるかなと思っていましたが、マネージャーや先輩、後輩、OB、監督、コーチがいて成り立っているというのを主将になってからさらに感じました。(最後に)いつも冷や冷やした場面で回ってきていましたが、今日は前の後輩たちが決めてくれていたので、すごく成長しているなと思いました。これからの後輩たちの活躍に期待して下さい。

〈中嶋選手(営4)のコメント〉
(男子団体戦3位という結果に)悔しい結果になりましたが、後悔は何一つないのでスッキリしています。全員が練習通り技を出せていたので、それが結果につながったと思います。(4年間を振り返って)長くてしんどかったですが、その分得たものは本当に大きくて、大きいケガで何回か辞めようとも思いましたが、同期や後輩の支えがあって続けられたので、ここまでこられて良かったです。

(龍魂編集室 記事/藤井八雲  写真/長谷川奏珠)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

【洋弓部】第22回関西学生アーチェリーインドア選手権大会 決勝出場

2017年11月18,19日に第22回関西学生アーチェリーインドア選手権大会の予選が行わました。
このシーズンに行われるインドアの試合は18mで競います。関西の大学生全体で予選を通過できるのは、
リカーブ部門で男子64名。その中において、24位・28位という結果で本学洋弓部員の男子2名が決勝に残りました。

12月2日に行われた決勝での入賞は逃しましたが、今後は一人でも多く入賞する選手が出るよう練習していきます。

洋弓

ページの先頭へ

ページの先頭へ