その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】開幕戦を白星で飾る

4月8日、近畿大学記念会館において2018年度関西大学バレーボール連盟男子春季リーグ開幕戦が行われた。相手は大阪学院大。昨年度の秋季リーグ王者である龍大は1セット目から少し硬さが見られたものの、2セット目からは持ち味である速攻が光り、見事3―0で勝利。王者の意地を魅せた。

 

王者として迎える今リーグ。秋季リーグに続き優勝するためにも初戦を白星で飾りたい龍大。

 

第1セット、両者とも譲らない猛攻が繰り広げられる。このセットを取り勢いに乗りたい龍大だが少し硬さが見られたか、ミスが続き苦しい試合展開となる。しかし王者は強かった。藤川(社4)のスパイク、島津(済2)のブロックで点数を重ね、28-26で1セット目を先取する。

 

1セット目を取り、流れをつかんだ龍大は第2セット開始から5ポイントを連取。前田(営3)がスパイクで得点を重ねると、1年生の伊庭(文1)も負けずとスパイクを決め、24-12でマッチポイントを握る。最後もスパイクを決め25-12で第2セットを奪取。第1セットに続き2セット連取し、勝利に王手をかける。

 

続く3セット目も龍大に流れは止まらない。スパイクで得点を重ね、相手にプレッシャーをかける。藤川がブロックで堅い守備をみせ、前田がスパイクを決める。龍大の持ち味である堅い守備からの速攻が光ったゲームとなった。見事第3セットを25-20で取り、ゲームカウント3-0で勝利。開幕を白星で飾った。

 

龍谷大3-0大阪学院

28-26

25-12

25-20

 

開幕戦を見事勝利し勢いに乗る龍大。しかしこれから苦しい試合が続く。全員が目標にしているリーグ優勝を目指してこれからの試合も頑張ってほしい。

 

 

<藤川主将のコメント>

「出だしは硬さが出たが、中盤はチーム全員で声を掛け合っていつも通りのプレーができた。サーブで攻めてリズムを作ることをテーマとしてやっているが、出だしからできなかったのが悪かった。これから苦しい試合が続くと思うが優勝を目指して頑張りたい」

 

<吉田監督のコメント>

「昨年度の主軸のメンバーが抜け、新チームとして迎えた今リーグだったため、出だしは相手に崩されることもあったが、中盤から立てなおすことができたのが良かった。新入生もベンチ入りをしていてそれぞれが活躍できていたのは今試合の収穫である。チャンスボールを自分たちの得点につなぐことが出来なかったのは今回の課題。課題を修正して残りの試合、龍谷大学のバレー部らしく優勝を目指して頑張りたい」

(龍魂編集室 記事/綾井唯 写真/丸山恭佳)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

【アーチェリー部】リーグ2戦目、女子チーム勝利!

 

 

4月8日、同志社大学レンジ、関西大学レンジにおいて男子58回、女子53回関西学生アーチェリーリーグ戦第2試合が行われた。

 

男子は京都産業大学と戦い、4903-4624で1戦目に続き敗北。女子は大阪大学と戦い、3053-2729と今季リーグ初の勝利を収めた。

 

 

リーグ2①OK

 

リーグ2⓶OK

【笑顔を見せる女子アーチェリー部】

 

 

〈武田主将のコメント〉

「今回の試合は前回の試合と比べ思った通りに射つ事が出来ず部員全員伸び悩みました。今回の試合をしっかり反省し、次は勝利できるように精進致します。」

 

〈世継女子リーダーのコメント〉

「メンバー同士盛り上げあって勝利する事が出来ました。次回の試合に向けて精進致します。」

 

(龍魂編集室 記事/豊田美帆 写真/アーチェリー部)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

 

【サッカー部】前期リーグ初戦、勝ち点獲得ならず

4月8日、天理大学白川グラウンドにおいて、関西学生サッカー2部Aリーグ前期第1節対天理大が行われた。前期リーグ開幕戦となる今節、上々な滑り出しで早い時間から先制するも、結果は1―3と逆転負けを喫し、前期リーグは黒星スタートとなった。

グラウンド上空では強い風が吹いていた。龍大のキックオフで迎えた前半、龍大にとっては追い風であった。ロングボールが非常に伸びる中で、積極的にコーナーを狙ったフィードを送り込む。前半8分、堀尾(済3)のスルーパスから相手ディフェンスラインの裏へ抜け出した竹内(社3)が、相手ゴールキーパーの動きを見て冷静にゴール右隅に流し込み、龍大が1点を先制する。その後は早いアプローチから高い位置でボールを奪い、天理大のゴールへと迫る。前半33分にはエリア手前で得たフリーキックで堀尾がシュートを放つも、わずかに枠の上へ逸れる。このまま前半を終えたいところであったが、41分に痛恨のPKから失点し、1―1の同点に追いつかれる。

IMG_6045
【ゴールを決め祝福される竹内(右)】

IMG_6209
【シュートを打つ堀尾】

エンドが変わって迎えた後半、ゴールを奪いたい龍大にとっては厳しい向かい風となる。後半16分、セットプレーから勝ち越しのゴールを許し、1点ビハインドとなる。追いつきたい龍大は杉村(営3)のクロスから決定的な場面を作り出すが、なかなか相手ゴールを割ることができない。すると後半36分、ミスから手痛い3失点目を喫し、天理大に突き放される。試合はそのまま1―3で終了し、前期リーグの初陣を白星で飾ることができなかった。

IMG_6290
【新主将の宮本(社4)】

内容にこだわって臨んだ今節、敗れはしたものの納得のいく攻撃の形は作ることができた。宮本キャプテンは前期リーグを5位以内で終えることを目標に掲げた。次節の相手は昨季リーグ3位の強豪大産大。目標達成のためには第2節での勝ち点の獲得は必須となる。

〈宮本キャプテンのコメント〉
「今年は結果よりも内容を意識してやろうと決めていた。一つ一つのプレーの集中力を高めていくとさらに良くなると思う。今年は個よりもチーム全体で一体感を持って戦っていきたい。次節は今年一番強い大産大なので、前半は我慢して後半に勝負をかけたい」

(龍魂編集室 記事/写真 伊瀬健太)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【準硬式野球部】リーグ戦全勝へ望みを繋ぐ

4月5日、守山市民球場にて京滋六大学準硬式野球春季リーグ戦、対京都大学戦が行われた。結果は5-1で龍大が勝利。今リーグ戦全勝を維持した。

 
龍大は二回に7番大江が四球で出塁し、相手の牽制悪送球で二塁まで進むと8番の菅(政4)の適時打で1点を先制する。その後も一死満塁から2番柴山の適時打で2点追加し、この回で一挙4点を得る。続く三回、四回、五回にも走者を出すが、得点に繋げることができない。しかし、その後の七回には大江の適時二塁打で1点を追加し5-1と差を広げる。

 
一方、この日先発の菅は四回に相手に得点を許したものの、八回まで走者を出しても冷静に相手を抑え、これ以上の得点を許さない。最後は九回から登板した富山が相手打線をしっかりと抑えて点差を守り抜き、5-1で勝利した。

 
今リーグ戦もあと二試合と残りわずかとなっている。この勢いのまま勝ち進み、関西大会出場を掴み取ってほしい。

 

準硬式 写真

【写真 投打で活躍した菅】

 

<井上主将(国4)コメント>
自分たちの勝ち方である「先制点を取ってしっかり守りきって勝つ」という勝ち方ができたのがよかったと思う。でも、先制点を取って以降、中押し点やだめ押し点が取りきれなかったという所が反省点だと思う。チャンスはしっかり作れていたけれど取りきれていないという所があったので、関西大会などの上の大会に行ったらチャンスも少なくなってくると思うので、もう一回実戦形式の練習でもっと試合さながらの緊張感であったりなどをもう少し突き詰めていかないといけないと思う

<菅選手コメント>
調子悪いながらにもいい球種で勝負できて、四回に1点取られたけれどなんとか抑えられた所がよかった。でも、塁に出した後に四死球を出してしまってリズムを悪くしてしまった所が反省点であると思う。今日は調整不足な部分もあったかもしれないけれど、今後ストライクが先行できるように日頃の練習からしっかりと取り組んでいきたい

 

(龍魂編集室 記事/藤原可琳 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ