その他のスポーツ系サークル活動

【相撲部】己の相撲ができるも結果に結びつかず

6月3日に堺市大浜公園相撲場において第92回西日本学生相撲選手権大会団体戦・個人戦が行われた。龍大は、2部団体戦予選を2勝1敗で勝ち越すも得点差により5位となり、決勝Tには進むことはかなわなかった。続く2部個人戦では、6名が出場し、ベスト16に3名、ベスト32に2名が名を連ねた。

団体初戦の相手京大に対し、4-1で勝利を収め、団体2回戦の相手で昨年2部優勝の強敵関学大との一戦に臨む。先鋒山岸(法2)、二陣田中(文1)が続けて寄り倒しで土をつけられ、後がない龍大であったが、中堅村上(文3)がお返しとばかりに寄り倒しで白星を得る。しかしこの流れに副将中原(営1)が乗れず、寄り切られてしまう。勝敗はついたものの意地を見せたい龍大。大将青木(営3)が、土俵際で粘る相手をモノともせず押し倒しで勝利する。1勝1敗で迎えた第3回戦は、最少得点校との取り組みとなったがその相手は初戦の相手京大とになった。堅実に勝利を収めて2勝1敗で予選勝ち越しを決めたが得点差の関係から2部団体5位という結果に終わった。
村上
【中堅としてチームの要となった村上】

個人戦には、村上・青木・山岸・田中・梅本(短1)・中原の計6名が出場した。梅本・青木・山岸の三名は、自分らの相撲しっかりとこなしながら勝ち進むもベスト8入りまであと一歩のベスト16で終えた。村上・中原の二名も自分らの相撲を取るが、強敵との取り組みに惜敗を喫しベスト32という結果に留まった。田中は上手く自分のペースを掴むことが出来ずに初戦敗退となった。
梅本
【個人戦で見事な取り組みを魅せた梅本】

昨年は、部員4人という団体戦ではハンデがあり、厳しい戦いを強いられた。しかし今年は、団体戦では勝ち越しに加え、強豪相手に善戦を魅せた。個人戦では各自が己の相撲を取ることができたことに加え、課題も見つかった。次回の全日本に向けて実力を着実につけていってほしい。

〈下里監督のコメント〉
「団体戦の方は、あと1点取れるか取れないかが上に上がるにおいて大切なのでそこは非常に残念だが、内容が去年に比べてよく、雰囲気も良くなってきているので次に繋がる終わり方ができたかなと思うし、強豪相手にも負けはしたが、印象を与える負け方をしてくれたのでその点に関して今年は良かったかなと思います。
個人戦に関しては、ベスト16に3人が残ったが、結局はベスト8には上がれなかったけども3人とも内容が自分の相撲を取りきっての負け方なのでこれも次に繋がるものだと思います。
課題としては、もう一つパワー的なモノや勝つための辛抱強さがついてつけていくことですね。全日本に向けては、Bクラスであるならば目標を達成するために今日から切り替えて取り組んでいくし、もしCクラスならば、Cクラスの中で必ず優勝して上に上がるといったチーム作りをする。雰囲気だけでなく、勝ち取るといったメンタル面の成長を残りの月日で取り組んでいこうと思います」

〈村上主将のコメント〉
「新人戦の時よりは皆動けていたけど、取りたいところが取れてないというのがまだまだ弱い部分であると思いました。個人戦の方は、格上の相手とは考えずにいったつもりだったが、まだまだ自分の弱いところが出たなと思いました。ここからもう一回気を引き締めて、次の全日本インカレに向けて皆で調整して臨みたいです」

〈青木選手のコメント〉
「団体戦は皆自分の仕事は果たせていたので最低ラインの2勝できたことは満足ですけど、点数の関係で上がれなかったので、この気持ちを次につなげたいと思います。ベスト8の壁がやっぱり厚くて、なんとか次ではこの壁を乗り越えられるように頑張っていきたいと思います」

〈山岸選手のコメント〉
「団体戦予選の1、3回戦は勝てたが、2回戦は手強い相手で勝ちきれませんでした。個人戦では2、3回戦目は相手のことが見えて取り組めたが、次の4回戦で勝ったらベスト8だったが、勝つことができず悔しかったです。自分の弱点をまた見つけることができたので、それを克服できるように稽古していきます」

〈田中選手のコメント〉
「この前の新人戦では前に出ることができなかったが今回は調子が良く、前に出ることができて団体で2勝できたのは良かったです。足が出ずに手だけで取り組んでしまうのでそこを注意して今後稽古に励みたいと思います」

〈中原選手のコメント〉
「団体戦は緊張してしまい自分の相撲が出せなかったので今度はリラックスして臨みたいです。立ち会いは良かったですけどその後の取り組み方には反省です。今後はいつでも自分の力が出せるように頑張っていきたいと思います」

〈梅本選手のコメント〉
「団体戦は先輩方の支えもあったのですが、良い相撲で勝てたのでこれからも仲間と声とか出して頑張っていきたいと思います。個人戦は4回戦で負けてしまったけど良いところも出たので、後はここから先、強い相手とあたったときに備えて自分の弱点をしっかり克服していきたいです」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【サッカー部】攻め切ることができず敗戦

5月27日、京都学園大学人工芝グラウンドにおいて関西学生サッカー2部Aリーグ前期第9節が行われた。相手は京都学園大。現時点でリーグ最下位を走る龍大は何としてでも勝ちたい試合であったが防戦一方の苦戦を強いられる試合展開となった。結果は1-4と敗戦。勝ち点を伸ばすことはできなかった。

前半、龍大は開始早々に相手DFラインまでボールを運び、シュートを打つが惜しくも枠外。その後もコーナーキックやフリーキックで幾度か得点のチャンスを作るも決めきることができない。前半15分には相手の精度の高いクロスにより守備が対応できず失点。その後も29分、31分と立て続けにゴールを奪われてしまう。44分には龍大はフリーキックで直接ゴールを狙うがこれも枠外。0-3と点差をつけられ前半を終える。

迎えた後半。龍大は開始1分で相手ゴール前まで攻めあげ、クロスからのシュートを打つもキーパーに阻止されてしまう。龍大は後半10分に失点し、相手ゴールを揺らすことができないまま時間だけが過ぎていく。後半25分、龍大は細かいパス回しからチャンスを作り8番堀尾がクロスを上げるもタイミングが合わず得点に繋げることはできなかった。このまま試合終了かと思われたが、後半46分、途中出場の23番網本(理工3)が待望のゴールを決めた。試合終了間際にはコーナーキックから得点を試みるもキーパーに阻まれ、ここで試合終了のホイッスル、1-4と敗北を喫した。
網本さん

後がない状況に追い込まれてしまった龍大。チームの雰囲気が良くない状況の中、ここからどのように切り替え残りの試合を戦い抜いていくのか。練習してきた成果を発揮し、勝利を目指してほしい。

<宮本主将のコメント>
「(今日の試合は)戦えていなかった。いつもより前目のポジションだったので、前から声をかけてしっかりボールをキープして攻撃にゆとりを与えようとしたが全然ダメだった。ここでリセットして、次の試合へ向けて皆で協調性を持って勝利を目指して行きたい」

<網本選手のコメント>
「僕は基本的に途中出場が多いので、チームが悪い状況で戦っている中でどれだけ途中から入ってゲームの流れを変えられるかが求められているので、そこを意識して頑張っていきたい」

(龍魂編集室 記事・写真/上原航輔 伊瀬健太)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【ボクシング部】ホームで戦勝!見据えた先へ

5月20日、龍谷大学において第72回関西学生ボクシングリーグ戦、第三週が行われた。リーグ戦、本格スタートとなった今試合。新戦力の活躍もみえ、桃山学院大に5-1の勝利で飾った。

ライトフライ級、柴原(営1)の不戦勝に始まり、続くバンダム級の康(営4)は、1Rより相手のペースに飲まれ、2R果敢に攻め続ける姿勢が見られるも、3R相手にRSCで敗れてしまう。

ライト級、橋本(営3)は1R序盤から鋭い攻撃をみせ、相手を圧倒。2Rストレート、ボディブローを決め、3R主導権を譲ることなくWPで勝利を収める。

IMG_6263

【写真 狙いを定める橋本】

ライトウェルター級、山辺(営3)は1R相手に攻める隙を与えず、ダウンを先取。相手ボディに負荷をかけて2R ABD勝ち。

IMG_6392

【写真 攻める隙を与えない山辺】

ウェルター級、加々田(済1)は1年生ながら臆することなく攻勢をかけ、1R RSCで勝利をつかむ。最後のミドル級、宮本(営1)は不戦勝と龍大、5-1でこの試合を制する。

※RSC:レフェリーが行う勝敗宣告。TKOに相当。
※ABD:規定のラウンド終了前に、相手セコンドからタオルが投げられること。

新戦力も加わり躍進する龍大、見据えた1部リーグ返り咲きへ、勢いそのまま突き進む!

〈真野コーチのコメント〉
「負けた選手、勝った選手、それぞれ良い点、悪い点はあるが、まだまだ反省するところが多い。あと2戦あるが、悪いところは修正していかないと次勝てないので、そこはまた話し合ってやっていきたい。今回の目標は間違いなく1部への返り咲きですし、初めから変わらずそれだけを目指しています。」

〈橋本選手のコメント〉
「あまり内容的には良くなかったんですけれども、気持ちで、いつも通りいけたので良かったと思います。あと2試合、入れ替え戦も合わせると3試合あるので、頑張って全勝したいです。」

〈山辺選手のコメント〉
「相手のボディに効いていたのはわかっていたので、もう少し前半で倒したかったです。この2部リーグは全勝で勝ち進み、国体と全日で上位成績を残したいです。」

〈加々田選手のコメント〉
「先輩が先に良い勝ち方をされたので、少し緊張して、力が入りすぎてしまいました。僕的には、あまり良い内容ではなかったんですけれども、デビュー戦だったので、勝ててとてもうれしいです。次の試合に向けてビデオを見て反省したうえで、もっとよくしていきたいと思います。」

(龍魂編集室 記事/写真 丸山恭佳)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【準硬式野球部】三季ぶり関西勝利はサヨナラ勝ち!!

5月14日、大阪シティ信用金庫スタジアムにおいて第70回関西地区大学準硬式野球選手権大会の一回戦、対和歌山県立医科大学が行われた。

▽試合結果▽
龍谷大6×-5和歌山医大
TEAM  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
和医大  0  0  0  1  0  1  0  0  3  5
龍谷大  1  1  0  1  0  1  0  0  2×  6

バッテリー
菅・古川・筈井・伊達-河端

▽スコアハイライト▽
▽1回裏
一死一、二塁から4番大江(法2)の左前適時打で1点を先制
▽2回裏
一死一、二塁から1番中村謙(社2)の中前適時打で1点を追加
▽4回表
二死一、三塁から適時打を浴び1点を失う
▽4回裏
一死満塁から2番芹澤(文4)の左犠飛で1点を追加
▽6回表
暴投で1点を失う
▽6回裏
相手の守備のミスで1点を追加
▽9回表
先頭打者にこの日両チーム通じて初の長打を浴びると、二死まで追い込むも、守備のミスや適時打が重なり、一挙3点を奪われ逆転される
▽9回裏
一死から、代打柴田(農3)の安打を足掛かりに一、二塁と好機を作ると、7番河端(社2)の左前適時打で同点。さらに続く8番坂矢(社2)のサヨナラ左前適時打で逆転勝利

 

準硬 サヨナラ3

【写真 サヨナラ勝利を決め歓喜に湧く選手達】

 

2016年秋以来三季ぶりに関西大会で勝利を挙げた龍大。次(5月16日、10時~大阪シティ信用金庫スタジアムにて)に待ち受けている相手は昨年度全日本を制覇している同志社大と壁は高いが、勝てない相手ではない。“謙虚”な姿勢を持って強豪に挑み、全日本出場を決めたい。

〈井上主将(国4)のコメント〉
正直勝てて嬉しいです。ここ数年リーグ戦では勝てていたが関西大会では負けていて、絶対全日本に出るという目標を掲げていたし、リーグ戦から今日のような接戦があって、粘り強く戦えるチームというのを目指していたので、こういう形で勝てたことが良かったです。(9回のベンチの雰囲気について)あと1イニング、3つのアウトが残っていたので、最後まで全員で諦めずやりきるしかないという話をして、その気持ちがサヨナラ勝ちに繋がったと思います。(次は因縁の同志社戦だが)3、4回生は特に悔しい思いを持っていると思うし、今日も同志社とやりたいという強い気持ちを持って戦っていたので、やっと同志社と試合ができて嬉しいし、そういう気持ちを全面に出して全員で勝ちにいきたいです。

〈サヨナラ適時打を放った坂矢選手のコメント〉
一死から代打で出た柴田さんが出塁してくれたおかげで勢いが出て、僕が打席に立った時には押せ押せムードだったので、初球から甘かったらいこうと思って思い切り振りました。今日はボール球をしっかり見極められて、甘い球をスイング出来たので良かったです。同志社大はもちろん強いとは思いますが、自分達は挑戦者の気持ちで基本をしっかりやって勝ちたいです。

〈川端監督のコメント〉
本当に何とか勝てたということで、内容はとても褒められるものではなく、しっかり反省して次の試合に臨むという方向にもう気持ちは向かってます。今日のような試合では次勝つことは出来ないので、どうしようかなと言う気持ちの方が今は大きいです。次の同志社は準硬式野球の関西の中で1番強い代表校なので、今日の内容は酷かったですが、しっかり立て直して、勝つ気、絶対倒すという気持ちで臨みたいです。

(龍魂編集室 記事/写真 藤井 八雲)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ