その他のスポーツ系サークル活動

【男子剣道部】一瞬も気が抜けない戦い

10月27日、千葉ポートアリーナにて第67回全日本学生剣道優勝大会が行われた。関西予選ベスト8の龍大はこの大会に強い気持ちで挑み、見事3回戦(ベスト16)まで勝ち進んだ。しかし、王者中央大に無念の敗戦。悲願の上位入賞とはならなかった。

一回戦の相手は北信越予選優勝校の金沢大。大型ルーキーで先鋒の井尻(済1)が流れを作るため攻めの姿勢をみせるが引き分けで次鋒戦へ。次鋒の吉田(法3)は流れを掴みたいが先に一本をとられてしまう。しかし、ここから吉田が見事なドウを決める。さらに、負傷しながらも相手の一瞬の隙を見逃さず、メンを決めて2本勝ち。この流れに乗りたい五将の高田(文4)であったが相手も粘り強く引き分け。
確実に勝利を決めるため勝利がほしいこの場面。プレッシャーが選手を襲い苦しいなか、立入(済4)がメンを決め、龍大の勝利が近づく。そして、三将の榊原(済4)と副将の本山(文4)がこの勝利をしっかりと守り抜き2回戦進出を決める。

金沢大戦
先鋒 井尻 引き分け
次鋒 吉田 ドウ メン
五将 高田 引き分け
中堅 立入 メン 一本勝ち
三将 榊原 メン 引き分け
副将 本山 引き分け
大将 沖田 一本負け

IMG_9134 - コピー【写真1】1年生ながら強敵と対等に戦う井尻

二回戦の相手は大産大を破り勝ち上がった西南大。ここでも井尻から流れを作りたい龍大であったが勝負は拮抗し引き分け。さらに、森野(政2)、高田も引き分けと両校一歩も譲れない状況。ここで金沢大から一本勝ちを決めた中堅立入の出番。誰もが期待する中、立入は期待に応え、素晴らしいメンを決め一本勝ち。しかし、快進撃だと思ったのも束の間、榊原が反則一本負けという思わぬ展開。本山も一本を狙いにいくが有効打とはならず大将戦へ。負けたら終わりの中、主将の沖田(営4)が意地のプレーでメンを取って見事勝利。ベスト16進出を決めた。

先鋒 井尻 引き分け
次鋒 森野 引き分け
五将 高田 引き分け
中堅 立入 メン 一本勝ち
三将 榊原 一本負け(反)
副将 本山 引き分け
大将 沖田 メン 一本勝ち IMG_9237【写真2】大舞台で素晴らしい活躍をみせた立入

ベスト8をかけた相手は昨年度王者中央大。奮闘する選手達であったが、今大会を優勝し二連覇を成し遂げた中央大との実力の差は大きいものであった。龍大に攻めさせない勢いで選手に襲いかかる。それでも選手は全力で立ち向かった。しかし、結果は0-6で敗れ、中央大二連覇を阻止できなかった。

先鋒 井尻 引き分け
次鋒 森野 一本負け
五将 吉田 一本負け
中堅 立入 一本負け
三将 牧野 二本負け
副将 本山 二本負け
大将 沖田 二本負け

IMG_8890 - コピー【写真3】最後まで1本を狙う沖田

沖田主将のコメント
「一回戦、二回戦は実力が競った相手だったのですがそこを勝ちきることができたのはチームワークが良いからできたことで、そのチームワークを作れたことは良かったと思います。三回戦の中央大戦はまだまだ実力の差があると部員全員が感じたので新体制になって一から稽古をし、来年こそは全日での上位入賞を…」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

【女子ハンドボール部】一致団結して掴んだ勝利!

10月20日、福科大にて2019年度関西学生ハンドボール連盟女子秋季リーグ1部リーグ10位の龍大と2部リーグ1位の京教大による入れ替え戦が行われた。春に行われた入れ替え戦と同じ組み合わせとなったため、京教大にとってはこの試合はリベンジ戦でもあった。しかし、試合開始から真剣モード龍大が京教大を凌駕。そして、今回も22-8と大差をつけ勝利を収めた。
龍大(1部10位)―京教大(2部1位)
前半13ー5
後半9ー3
試合終了22-8

唇を噛みしめた様子から選手たちも緊迫した状況に心拍数も上昇していたと考えられる。しかし、今回は緊張で主導権を譲ることはなかった。試合開始序盤、相手のオフェンスに足を動かすことで対応し、正サイの和井(文3)に繋げる速攻で点を量産。さらに、センター大西(短2)、逆フロ伊藤(社3)のカットインやミドルで点差を広げる。一度はディフェンスが遅れペナを許してしまうが、これを鈴村(国3)が見事阻止する。結果的にこれが龍大の勢いの追風となり、前半を13ー5で折り返す。

伊藤さん【写真1】チームに欠かせない伊藤のミドル

前半と同等、またはそれ以上の力を発揮できるか課題の後半30分。大西の合図からセットプレーで攻め込んでディフェンスを巧みにかわし、京教大を突きはなす。さらに、ポスト田花(文4)がタダでは引き下がらないと強引にシュートに持ち込みペナを獲得。これを大西が落ち着いて決め、勝利に近づく。一時はあと少しという安心からか攻守に乱れが観られたが、ベンチにいるメンバーが積極的に声を出してこのピンチを乗り越える。そして、最後までチームプレーを魅せた龍大が見事22-8でこの試合を制した。

田花さん【写真2】チームの要の田花

声だし【写真3】ベンチからも必死に戦う姿が観られた

<杉本監督のコメント>
試合を振り返って
「入れ替え戦に勝利し、これからも上(西日本インカレなど)を狙えるリーグに残れたので良い形で今大会を終えたと思います。しかし、来年からは人数が減り、戦力が下がってしまいます。さらに、この試合で見られたミスなどは何度も言っていることだが改善しないと(1部リーグでは)勝てません。厳しい状況かもしれませんがこれからも精一杯頑張っていこうと思います」

試合後のミーティングの内容
「ハンドボールにおいてアンフェアなプレーは絶対にしてはいけないことであって、その精神は社会に出てからも必要とさるものだと思います。だから、これからどんなことがあっても正直に生きていって欲しいということを伝えました」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

【男子バレーボール部】今季上位リーグの初白星ならず

10月6日、京都産業大学に於いて2019年度関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ、大産大戦が行われた。上位リーグに進出したものの敗戦が続き、勝ち星がない龍大にとっては流れを変えるために勝利がほしい重要な試合。両校一歩も譲らず、ファイナルセットにおよぶ激闘。しかし、僅かに力及ばず2-3で敗れてしまった。

  • ●龍大2-3大産大○
  • 第1セット 26-28
  • 第2セット 25-19
  • 第3セット 14-25
  • 第4セット 27-25
  • 第5セット 8-15

 

2度のデュースがあった死闘であった第1セットを落としてしまった龍大。気持ちを切り替えた大2セットで躍動する。山田(済3)の活躍によって先制点を取り、守備で大産大の攻撃を乗り切ったこともあって17-13。さらに、ここで中西(文2)のサービスエースと白川(理2)の連続得点で完全に流れを掴む。結果、このセットは龍大が勢いのまま25-19で勝ち取った。

IMG_5119【写真1】1年生ながら点取り屋の駒井

このまま連続でセットを勝ち取り、勝利に王手をかけたい第3セットであったが思うように試合を進められず14-25で落としてしまい危機的状況に追い込まれる。第4セット、何としてでも勝ちとって最終セットに持ち込みたい龍大は最初から真剣モード。1年生エース駒井の活躍で中盤までリード。しかし、20点台になると緊迫した試合展開となり、23-24と先にマッチポイントを握れてしまう。どうしても譲れない1点。その時キャプテンテンの前田(営4)が素晴しいアタックで同点にすると先輩に続けと山田と駒井が点をあげ、そのままこのセットを獲得する。 IMG_5047 【写真2】キャプテンの前田のアタック

第5セット、これで勝敗が決まるという緊張もあってか、大産大から点を取れなくなってしまった龍大。そして、大産大が連続ポイントで勢いに乗り、点差を引き離された龍大にとって、望まない展開。それでも選手たちは最後まで奮闘し、点を狙いに果敢に攻めた。しかし、点差は縮まらず、8-25で最終セットを落とし、敗戦が決まった。IMG_5089【写真3】チームの絆がみられた瞬間

監督のコメント
今日の試合を振り返って
「取りきれる試合だと思っていたのに勝ち切れなかった。1セットから悪い雰囲気になった時でも、しっかり修正できて次のセットに繋げられた」

次回に向けて
「残り2試合、勝ち切って1つでも順位を上げられるように頑張っていこうと思う」

主将のコメント
今日の試合を振り返って
「1歩目のキャッチが上手くいかなかったため、セッターとアタッカーのコンビネーションが合わずに、相手の高いブロックに捕まってしまう場面が多かった。もっと1歩目のキャッチを意識することが出来れば、勝てた試合だったかもしれない。レシーブとブロックの関係がいつも以上に冴えていて、そこから切り替えられたのが良かった」

次回に向けて
「とりあえず残り2試合、悔いなく戦っていこうと思う」

(龍魂編集室 記事・写真/渡邊 和記・桝本 蒼)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【女子剣道部】関西ベスト8、いざ全日へ!

9月22日、おおきにアリーナ舞洲にて第47回関西女子学生剣道優勝大会が行われた。全国常連だが強豪校にメダルを阻まれる龍大女子剣道部。剣道部を引っ張ってきた4年生にとって今大会が最後の関西大会ということもあって選手に気合が入る。選手たちは佛教大戦・武庫女戦で確実に1本を取り、両試合5勝0敗で勝利。この時点で全日への出場権を手に入れるが調子に乗ることなく、気合を入れ直し、大体大(今大会準優勝)と対戦した。ここまで力強いプレーで勝ち上がってきた龍大だったが大体大の速い攻めに苦戦し、3敗2分で敗戦。ベスト8で全日を出場を決めたもののベスト4の壁を越えれずに関西大会を去る悔しい結果になった。

 

佛教大
先鋒 山岡〇 メン コテ
次鋒 岩澤〇 メン
中堅 森口〇メン
副将 安田〇メン メン
大将 黒川〇コテ

yasudasann【写真1】相手に臆することなく攻める安田

武庫女
先鋒 山岡〇 メン コテ
次鋒 太田〇メンコテ
中堅 森口〇 メンドウ
副将 安田〇 メン コテ
大将 黒川〇メンコテ

大体大戦
先鋒 山岡● 一本負け
次鋒 太田△引き分け
中堅 森口● 二本負け
副将 安田● 一本負け
大将 黒川△ 引き分け

黒川さん【写真2】緊迫した空気の中でも冷静な黒川

一日の振り返り
「4回生が最後っていうことで自分らの力を出し切っての試合だったと思います」

次の全国に向けての意気込み
「学生最後の全国大会で今回出場権得られたこともそうですし、最後は全員で力を出して全員で悔いのないような試合にしたいと思います」

(龍魂編集室 記事/渡邊和記 写真/坂田千乃)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ