その他のスポーツ系サークル活動

【女子ソフトボール部】好投するも一点に泣く

10月7日園田学園女子大学において平成24年度秋季関西学生ソフトボールリーグ戦が行われた。大阪大谷大学と対戦した龍大は2回に先制するものの、7回に本塁打を浴び同点とされタイブレークに突入。10回表に勝ち越され惜しくも2対1で敗戦した。

先制したのは龍大。2回裏4番田井(社4)が四球で出塁すると、続く林(社2)の打席に今リーグで特に成功しているというバントエンドランを仕掛け、一死三塁とチャンスをつくると6番始澤(経2)が中前適時打を放ち先制した。

適時打を打った始澤は投手としても活躍する。甘く入らないよう意識したという低目をつく投球で、キャッチャーの要求通り内野ゴロの山を築き6回まで相手を2安打に抑えるナイスピッチング。

しかし、最終回に思わぬ展開が待っていた。一死から真ん中よりのスライダーを叩かれ、センターの頭上を越えるホームランで同点とされてしまう。痛恨の一発を浴び、振り出しに戻った試合はタイブレークに突入。このホームランが相手に勢いを与えたのか、試合の流れは相手に傾きだす。10回表一死三塁の場面で、打ち取った緩い打球が不運にも走者の生還を許し勝ち越されてしまう。得点したい打線だがここ一本が出ず、2対1で敗戦を喫した。

勝利を目前にしながら悔しい敗戦となったが、守備では堅実さをみせた。今後は得点圏での打線のつながりに期待し、残る二戦を勝利で飾りたい。

【浅野監督】
「勝てる試合に勝てなかった。1対0で終わるはずの試合。抑えていた打者に簡単にホームランを打たれたので、バッテリーには気をつけて欲しかった。試合の中で、当然しなければならないことをすることが大事」

【田井捕手】
「高い甘めの球を投げないように低めに集めた。直球で揃えないように変化球を使った。(7回の本塁打について)甘いボールではなかった。相手が上手かった。点を取れていないのでチャンスの時にいかに点を取れるかが課題。」

【始澤投手】
「タイブレークでは無失点か、失点しても最小失点で抑えられるよう意識した。得点圏での打線が繋がるようにしたい」

力投をみせる始澤

先制のホームを踏んだ田井を迎える選手たち

(記事/写真 龍魂編集室 隠岐 智夏)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ