その他のスポーツ系サークル活動

【サッカー部】1点が遠く敗北、自動降格が決まる。

11月24日、天理大学白川グラウンドにおいて、関西学生サッカー2部Aリーグ最終戦、対神院大が行われた。まだ一回も勝っていない状況で迎えた最終戦、なんとか勝利で締めくくりたいところであったが、0-4で敗れ、通年成績0勝19敗3分という結果で2部Bリーグへの降格が決まった。

龍大は右サイドからのクロスを中心に攻撃を展開する。すると前半14分にチャンスが訪れる。CKからのセカンドボールに堀尾(済3)がシュートを打つが相手GKに弾き出された。前半23分にはワンツーで相手DFを崩し、最後は堀尾がシュートを打つも枠を捉えることができない。前半24分、DFが一瞬の隙をつかれ失点、28分にはCKからヘッドで流し込まれ失点を許してしまう。前半終了間際にはペナルティーエリア少し手前でファウルをもらい、蹴るのは堀尾。このセカンドボールに宮本(社4)が合わせるがGKのビッグセーブに阻まれ、前半を0-2で折り返す。

円陣

【試合前に円陣を組む選手たち】

龍大は後半11分、PKを与えてしまい失点。まず1点を取りたい龍大に決定機が訪れる。13分、華麗なパス回しでDFを崩し、1対1の場面を迎えたが、シュートはGKにキャッチされた。なんとか流れを変えたいところであったが直後にカウンターから痛恨の4失点目を喫し0-4とされる。その後も何度かチャンスはつくるも得点に繋げることができず、ここまで。勝ち星を挙げることはできなかった。

宮本・堀尾

【FKの場面で話し合う宮本(左)・堀尾(右)】

開幕から最後まで勝ち星を挙げることができず、最下位となり自動降格が決まった龍大。結果を求め、リーグ戦を戦ってきただけに悔しい結果となってしまった。来季では2部Bリーグで戦い抜いていく選手たち、新たな伝統を創り出すことはできるか。

 

〈宮本主将のコメント〉

「過去の結果は気にせず、勝つことだけ意識してやってきました。自分は入ったとき先輩とかに良い景色を見せてもらったんですけど、見せることができなかったので後輩には後悔しないように、上を目指せるチームなので頑張ってほしいと思います」

 

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/伊瀬健太)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ