その他のスポーツ系サークル活動

【ラクロス部男子】1部昇格の思い届かず

11月10日、宝ヶ池球戯場において第29回関西学生ラクロスリーグ1部2部の入れ替え戦が行われた。相手は関西大学、ここで龍大が勝てば1部リーグ昇格が決まる大一番の一戦だったが、結果は4-6で敗北。2部リーグ残留という悔しい結果に終わった。

 

1Q前半は両者一歩も譲らない攻めを見せ均衡状態が続く、試合が動いたのは後半だ。大谷(経4)がゴール付近でうまくボールをもらい先制点を決めた。会場が沸く。しかし、1Q終了間際、一瞬の隙をつかれ1点を奪われ同点とされた。2Q、前半から中盤にかけて龍大が積極的な攻めをみせる。うまくパスをつなぎ井上(政3)がゴール決める。しかしその直後、関大に同点打を決められる。さらに終盤には関大のカウンター攻撃が炸裂。追加点を許す。点の取り合いとなった前半は2-3で終了した。

20番ラクロス

【オフェンスで活躍した大谷】

3Q、龍大1点を追う展開に。前半から中盤にかけて龍大は積極的にシュートを打つも決められない時間が続く。しかし、その間にも関大の猛攻撃は続く。殿川(政4)のナイスセーブもあったものの得点を2-5とリードを広げられる。選手に焦りの表情がみられる中、終盤、前川(経4)が相手の意表をつく1点決める。点差を2に詰め寄ったところで3Qが終了。4Q、2点を追う龍大。序盤、関大のパス回しに苦戦し1点を決められる。試合はお互いに攻め守りの攻防が激しくなり硬直状態へ、このまま試合が終了すると思われたが、試合終了間際に福井(文3)が1点を取り返す。試合は6-4で終了。1部リーグ昇格とはならない悔いののこる結果となった。

殿川

【チームを引っ張ってきた殿川】

<殿川主将のコメント>

「勝ちたかったが、大教大に負けてからの3週間はチームでもミーティングを重ねて徹底的に分析して、相手は1部だが1部と思わずに肩を並べてできると思い試合に臨んだ。スコア的にも大差で負けたわけではないので来年につながる結果をある程度は残せたが、勝ちを後輩に残せなかったのは今年の反省かなと思う。リーグ戦というのはこの一瞬しかないのでそのための準備期間でどれだけ自分を追い込んでやれるかっていうのがリーグ戦で活躍できるかにかかわっていると思うので、後輩には悔いの残らないような4年間を過ごしてほしいと思う」

 

(龍魂編集室 記事/植村優太 写真/上原航輔)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ