その他のスポーツ系サークル活動

【男子バスケットボール部】接戦をものにしたゲームとなった!

10月27日、龍谷大学深草キャンパス体育館において2018年度関西学生バスケットボール2部秋季リーグ戦・16日目、大商大戦が行われた。ここまで6勝9敗としている龍大はなんとしてでも勝ちたい1戦を72-66で勝利した。

第1ピリオド、序盤から両者一歩も譲らない激しい展開となる。西廣(文3)の先制点で試合が始まると、相手も精度の高いシュートで得点を重ねてくる。龍大も高橋(文4)を中心にシュートを放ち点差を縮めていくも相手リードで第1ピリオド終了。第2ピリオドは加地(営4)のシュートで始まった。その後も西廣を起点に得点を重ねていき、31-32で前半終了。

高橋

【攻撃の起点となった高橋】

第3ピリオドでは均衡した展開が長く続いた。互いに激しいディフェンスからカウンターなどオフェンスへと繋げていき得点を重ねていく。どちらに流れが傾くかわからないまま試合が進み第4ピリオドへ。迎えた最終ピリオドでは序盤、相手の連続得点に苦しめられる。龍大は高橋を中心に攻め上げ、ここで加地の連続3Pシュートが決まり流れを引き寄せた。主導権を握った龍大はそのままリードを広げていき72-66で勝利した。

西廣

【精度の高いシュートを何度も放った西廣】

接戦を制して勝ちを増やすことが出来た。この調子で明日の対戦相手である芦屋大戦も勝ち、残りのリーグ戦も戦い抜いてほしい。

<高橋主将のコメント>

「試合内容としてはあまり良い内容ではなかった。勝つゲームか負けるゲームかだったら負けるゲームだった。最後の勝負所で、ディフェンスやボールに対しての執着心の部分で競った試合を勝ち切れたと思う。一周目の試合で悔しい負け方をしてきたので、今回は絶対勝とうという気持ちをチーム全員で全面に出して背負っているものを全部表現しようということをしてきた」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔/勝間晴香)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ