その他のスポーツ系サークル活動

【ラクロス部男子】自動昇格とはならず。1部との入れ替え戦へ

10月21日、立命館大学BKC第3グラウンドにおいて第29回関西学生ラクロスリーグ戦の最終戦が行われた。相手は大教大、ここまで全勝で勝ち進んできた龍大は勝てば自動昇格が決まる一戦であったが、結果は4-8で敗北。2部リーグ2位で今リーグを終えた。

1Q開始早々に本郷(文3)のシュートで先制すると、龍大は相手DFの隙をついて安徳(法4)がシュートを決めリードを広げる。このままテンポよく試合が進むと思われたが、1Q終盤に立て続けに2点を奪われ同点に追いつかれてしまう。龍大はその後もOFをする時間が少なく1Qが終了した。2Qに入ると両者一進一退の攻防戦となった。龍大は積極的にシュートを打つも決められない時間が続く中、2Q終盤、一瞬の隙をつかれ1点を奪われてしまう。徐々に流れが相手に傾き始め、前半が終了となった。

安徳

【2得点を挙げた安徳】

3Q、龍大のミスから失点するも大谷(済4)がすぐさま奪い返す。流れを引き寄せたい龍大は安徳を中心にシュートを打つもなかなか決まらない時間が続いた。相手のカウンター攻撃を受ける場面も何度か見られたが守護神殿川(政4)がナイスセーブを連発し、チームを鼓舞した。両者このままスコアが動くことはなく3Qが終了。迎えた4Qでは、相手の猛攻が始まった。龍大のパスミスなどから失点を許すと、そのまま相手の勢いは止まることなく連続失点でリードを大きく広げられてしまう。試合終了間際に安徳がシュートを決めるも力及ばず、4-8で試合終了。1点が遠い試合展開となった。

IMG_9120 一礼

【試合を終え観客に向け礼をする選手たち】

リーグ戦全勝で一部への自動昇格とはならなかったが、関大との入れ替え戦がまだ残っている。一部に勝つことを目標に積み重ねてきた練習の成果をぶつけて、再び一部の舞台へと戻る龍大の姿を見届けたい。

<殿川主将のコメント>

「立ち上がり先制点を取れたが、いつもDFが粘ってリズムを作っていく形が龍谷の形だがDFが相手のスカウティングによって相手のOFがしっかりはまってしまい、流れをこちらに持ってくることができない試合運びになったことが敗因。今年は一部に勝つことを目標にやってきたので、入れ替え戦で一部に勝ちもう一回気持ちを1つにしてやっていければ今年掲げているスローガンの礎を体現できると思うので気持ちを入れなおして頑張りたい」

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/上村輝)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ