その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】接戦をものにできず。悔しい敗戦となった。

10月21日、近畿大学において、2018年度関西大学バレーボール秋季リーグ戦、同志社戦が行われた。この試合までに2敗してあとがない龍大だったが、結果はセットカウント2-3。課題の残る、悔しい敗戦となった。

●龍大2-3同志社〇

第1セット25-23

第2セット23-25

第3セット25-20

第4セット24-26

第5セット7-15

 

第1セット、序盤は相手に一時4点差をつけられる厳しい展開となったが、キャプテンの藤川(社4)を中心とした攻撃で同点に追いつくことに成功する。中盤から終盤にかけては均衡した試合展開となったが、この打ち合いを制した龍大は、このセットを25-23で勝ち取った。

男バレ 藤川さん

【チームを盛り上げた藤川】

第2セット、いきなり田中(営4)のサービスエースで得点を取り、流れに乗りたい龍大だったが、同志社のスパイクの応酬を止めることができない。それでも、”やられたらやり返す”の精神で山田(済2)や島津(済2)らのスパイクで得点を重ね、中盤まではほぼ互角の戦いを見せる。セットカウント23-20とマッチポイントまで残りわずかまできたが、同志社の粘り強く攻めてくるプレーに苦戦し、5連続ポイントを取られてしまい、このセットを落としてしまう。

男バレ 山田さん

【力強いスパイクを決めた山田】

第3セット、このセットは序盤から完全に龍大ペース。一時8点差をつける試合展開となる。そして持ち前の守備もだんだんと機能し始め、25-20で第3セットをものにした。

 

第4セット、このセットは中盤、新戦力である藤川(社1)や白川(理1)が目まぐるしい活躍を見せ、リベロの木村(政4)らの献身的な守備もありマッチポイントまであとわずかのところまで迫った。しかし、同志社もここで負けてられないとばかりに、終盤に怒涛の追い上げを見せ、ついにデュースまで持ち込む。龍大は同志社の左サイドからのスパイクを止めることが出来ず、このセットを24-26とわずか2点差で落としてしまう。

 

第5セット、ここで粘り勝ちしたい龍大だったが、前セットの勢いそのままに同志社は序盤で得点を量産する。龍大も持ち前の守備から自分たちの攻撃の形を作りたいところだったか、最後まで同志社の攻撃を止めることが出来ず、7-15という結果で試合を終えた。

 

〈吉田監督のコメント〉

「今日は勝たなくてはいけない試合だったが、ちょっとした心の隙や疲れが出てしまった。いまいちの内容だった。攻撃的なバレーをテーマとしていたが、その分守備で崩されてしまったので修正していきたい。良いプレーもあり、下級生も良い仕事をしてくれたので来年に向けて良い機会になったと思う。最終の全日本インカレに向けて頑張っていきたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/佐野 翔哉 写真/綾井 唯)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ