その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】主力メンバー不在も大商大にストレートで勝利!

9月9日、近畿大学記念会館において2018年関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ戦開幕戦が行われた。相手は大商大。序盤から龍大のペースが続き2セットを連取。第3セットは接戦になるも粘りのあるプレーをみせ、見事ストレートで勝利。幸先の良いスタートを切った。

 

○龍大3-0大商大●

第1セット 25-20

第2セット 25-20

第3セット 25-23

 

主力メンバーである4回生が怪我で不在のため不安要素もあったという今試合。しかしその不安を吹き飛ばすような圧巻のプレーを第1セット目からみせる。序盤から1回生ながら出場した伊庭(文1)がジャンプ力を生かした力のあるスパイクを決めチームに流れを引き寄せる。伊庭に続き前田(営3)もスパイクを決めるなど先輩の意地をみせつけ、12-8と4点差をつける。その後も連続得点を積み重ね、25-20と第 1セットを制す。

 

続く第2セットでは、島津(済2)のスパイクやブロックが次々と決まり、7点差と大きくリードを広げる。何とかしてペースを掴みたい大商大も攻めるがサーブミスが目立ち、うまく流れにのれない。そのまま龍大が主導権を握ったまま試合は進み、最後は白川(理1)が相手に隙を与えない鋭いスパイクを決め、25-20と第1セットに続きこのゲームを奪う。

 

男バレ 伊庭さん

【写真1】1回生ながらチームを盛り上げた伊庭

 

第3セットも龍大の流れでいきたいところだったが、相手の力強いスパイクに苦戦する。高い位置から繰り出される強烈なスパイクにうまく対応できない。3点のリードを許す。すると「1本ずつ、1本ずつ」とチーム全員が声を掛け合う姿が見られた。その言葉を力に彼らは打たれても諦めずにボールを追い続けた。相手にスパイクを簡単に決めさせない。そして粘りのあるプレーをみせ相手のミスを誘い逆転。終盤では追いつかれる場面はあったものの、キャプテンの藤川(社4)が確実にスパイクを決め、25-23で第3セットを勝ち取った。この結果、3-0のストレートで勝利。開幕戦を白星で飾った。

 

男バレ 主将さん

【写真2】チームの司令塔である藤川

 

主力メンバーが不在で万全ではなかったものの、大商大にストレートで勝利を収めるほど力を上げている龍大。苦しい場面では声を掛け合う姿が見られ、団結力もより一層深まっている。春には届かなかった優勝をこの秋で叶えてほしい。彼らの活躍を期待したい。

 

 

〈吉田監督のコメント〉

「今日の試合は主力メンバーである4回生が怪我で出ることができなかったため、1回生が3人出場していた。その3人が自分たちの力をしっかりと出してくれたのが良かった。誰かが欠けてチームの力が落ちていくのではなく、上がっていけたのが今回の収穫だと思う。第3セットでは苦しい展開が多かったが自分たちのプレーを貫くようにと声掛けをした。全員が諦めずにボールに食らいついていけたのが良かったと思う。単調なミスが多かったことが今回の反省点であるので、今後修正していきたい。春季リーグでは勝てる試合を落としてしまったり失セットが多かった。今リーグでは完全優勝を目指したい」

 

 

〈藤川主将のコメント〉

「メンバーが揃わず万全ではなかったが、全員で力を合わせて自分たちのベストを尽くすことができたと思う。第3セット目では苦しい場面が多かったが全員で声を掛け合って上手く切り抜けることができた。これからリーグ戦が続いていく中で、もっとテーマを持って戦っていきたい。最終的には優勝できるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ