その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】取り組みが形になった勝利

9月5日、平成30年度京滋六大学準硬式野球秋季リーグ戦の対京都学園大学が皇子山球場で行われた。

この日の試合は龍大のペースで始まった。初回ファーボールとエラーなどで1死1、3塁とすると5番の中村(社3)のヒットの間に2点を先制する。投げては先発の伊達(文2)が4回までを無失点に抑えた。4回にも相手のエラーなどで1点を追加し3-0とリードを広げる。しかし5回裏先発の伊達はヒットとファーボールにより1死満塁のピンチを招くと押し出しのファーボールを与え1点を返されてしまう。このまま京学大に流れが傾くかと思われたが、後続をきっちり打ち取り最少失点で切り抜けた。9回の裏には変わったピッチャー、寒川が1点を失ったが序盤のリードを守りきり龍大が3-2で勝利した。

中村 タイムリー

【写真1 初回にタイムリーを放つ中村】

 

伊達

【写真2 9回途中を1失点に抑えた先発伊達】

 

柴山主将(国3)のコメント
今日の試合ではできるかできないかではなく、やるかやらないかという事と、明るい雰囲気を作るという2つの事を目標に取り組みました。新チームになり様々な場面で個々人に任すことが増えていますが、今日の結果からそれぞれが考え、自分のできることに取り組んでくれていたのだと思います。3点を先取した所は良かったのですが、試合後半では0点に抑えられてしまったので得点を重ねられるように次戦では取り組んでいきたいです。

(龍魂編集室 写真/藤井八雲 記事/加藤虎太郎)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ