その他のスポーツ系サークル活動

【バドミントン部男子】関学大を破り連覇達成!!

9月5日、岡山市総合文化体育館において第58回西日本学生バドミントン選手権大会、団体戦の準決勝、決勝が行われた。準決勝の相手は近畿大で3-1と勝利。続く決勝の相手は関学大。白熱した大接戦となるも龍大が3-2で勝利し、見事4連覇を成し遂げた。

準決勝の相手は近畿大となった。まず第1Sに出場したのは田中(営3)。第1・第2ゲームとともに互いに譲らないプレーが続く展開となったが得意のスマッシュなどで得点を重ねていき22-20、21-19と接戦を制してストレート勝ちを収めた。続く第2Sに出場したのは川原(政2)。まず第1ゲームを取ると第2ゲームではデュースにもつれ込む均衡した戦いとなったが24-22と粘り強さを見せ、第1Wに繋げた。その第1Wに出場した本田(営2)・中島(営3)は第1ゲームをなんとか取ると、第2ゲームを相手に攻め込まれ落としてしまう。立て直したい第3ゲームではあったが惜しくも接戦を制すことができず敗戦となった。第2Wには坂口(営4)・川原(政4)が出場。相手の流れになる場面もあったが、その後は安定した強さを見せストレート勝ちを収め、3-1で近畿大を撃破した。

IMG_8835 田中

【Sで大活躍した田中】

決勝の相手は関学大。第1Sに出場した川原は序盤から相手の勢いに押され第1ゲームを落とすと続く第2ゲームでも自分のリズムに持っていくことができず8-21と敗北を喫した。第2Sに出場した田中は序盤から流れを引き寄せ第1ゲームを取ると、続く第2ゲームでも終始リードする展開が続き21-6と相手を下してストレート勝ち。続く第1Wには本田・中島が出場。第1ゲームを惜しくも落とすも、第2ゲームでは勢いを取り戻し主導権を渡すことなく流れを龍大に引き寄せた。その流れを維持して勝ち切りたいところではあったが、粘り切ることができず惜しくも敗戦となった。続く第2Wには坂口・川原が出場。ここまでチームを引っ張って来た4回生ペアが安定した強さを見せ第1・第2ゲームと相手を圧倒しストレート勝ち。4回生としての意地を見せ、連覇への道を第3Sへと繋いだ。その連覇を託された第3Sには本田が出場した。序盤から互いに得点が入るたびに会場が沸いた。第1ゲームを21-12で取ると、第2ゲームでも会場の応援を力に変えて闘志あふれるプレーで応え21-13と見事ストレート勝ちを収め龍大バドミントン部男子は4連覇を成し遂げた。

IMG_9052 本田 決勝

IMG_9148 集合

【連覇を成し遂げた選手たち】

チーム一丸となって見事連覇を成し遂げることができた。春リーグ3位という悔しい結果に終わったリベンジも果たし、龍大の強さを改めて示すことができた。これから始まる個人戦でもそれぞれが強さを見せ勝ちあがっていってほしい。

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/佐野翔哉)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ