その他のスポーツ系サークル活動

【男子バスケットボール部】リーグ初戦、白星発進

9月1日、佛教大学体育館において、平成30年度関西学生バスケットボールリーグ戦、第1戦、対びわこ成蹊が行われた。秋季リーグ初戦の相手は昨年度7位のびわこ成蹊。前半は相手の勢いに押され一時1点差にまで詰め寄られるが、後半はスピード感溢れる攻撃で試合を展開し97-72の大量リードで勝利を決めた。

試合開始から互いにミスが目立ち無得点状態が続くが、開始2分後、びわこ成蹊が3Pシュートで先制点を決める。それに対抗するかのように龍大は相手の持っていたボールを取ったり、ついていたボールを取ったりと得点の機会を積極的に生み出すことに成功。徐々にリバウンドの成功率やシュート率が高くなり、前半を39-35のリードで終える。

IMG_7875_Fotor

【流れを引き寄せた西廣(文3)】

 

IMG_7909_Fotor

【大量得点でチーム勝利に貢献した加地(営4)】

 

点差を一気に広げたのは第4ピリオド。序盤、2番高橋(文4)のパスカットからの速攻や38番植原(文2)の3Pシュートなどで得点を量産。完全に龍大のペースとなり、最後には25点差をつける97-72で勝利し初戦を白星発進となった。

危なげなく勝利を収めた開幕戦。この勢いのままチーム全員で多くの勝ち点をつかんでくれることに期待したい。

 

<高橋主将のコメント>

「初戦なんでチームを引き締めて試合に臨んだ。引き締まったチームの雰囲気が勝利につながったと思う。練習で準備してきたことをプレーで表現しようということは常に意識している。リーグ戦は格上格下関係なくどういう試合展開になるか予測できないので相手に押されていたときは流れが来るのを待った。今回はその流れが後半に来て勝ちにつながったと感じる」

 

(龍魂編集室 記事/勝間晴香 写真/上原航輔)

龍魂編集室に興味のある方は

tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ