その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】全日本、中央大に完敗

8月20日、静岡・浜北球場にて第70回全日本大学準硬式野球選手権大会の1回戦が行なわれた。相手は昨年度準優勝の中央大。強豪相手に歯が立たず0-7と1安打完封負けを喫した。

関西大会で昨年度優勝校同志社に1-2と善戦をした龍大。今試合も期待されたが、3年ぶりの全国の舞台は厳しいものとなった。
一回裏、制球が定まらない先発の菅(政4)がいきなり二者連続四球を与えると、続く三番打者のバントゴロを三塁手が悪送球し先制を許す。さらに、犠飛や適時三塁打で2点を追加され初回から3点を失う苦しい展開に。続く二回には犠飛、三回には2点適時二塁打を浴び序盤から6点を失う。
一方の打撃陣は、二回に河端(社2)が中前に放った当たりがこの日チーム唯一の安打。良い当たりをいくつか飛ばしたが、打球は全て野手のグラブへ吸い込まれていった。

四回以降、先発菅が粘り強く投げるも、序盤の大量失点を打撃陣が援護できず0-7と完敗した。

 

全日本

【写真 試合後、記念撮影をする選手達】

 

悲願の全日本だったが非常に悔しい負け方となってしまった。これで4年生は引退し、バトンは新チームへと手渡される。この悔しさを来年の全日本で晴らせるように、新龍大準硬の1年に期待したい。

〈井上主将(国4)のコメント〉
打撃では甘い球を1球で仕留め、守備では練習から試合のような緊張感を作って練習していました。しかし実際やってみると、準硬界のトップチームである中央大とのレベルの差を感じ、正直歯が立たなかったです。今年のチームの持ち味は粘り強さ。ピンチを招いてもしっかり守り、特に終盤で逆転する機会が多かったので、粘り強さは日本のどのチームにも負けないというチームでした。この全日本で来年の課題が見えたと思うので、新チームには全国制覇目指して頑張ってもらいたいです。

 

(龍魂編集室 記事/藤井八雲 写真/加藤虎太郎)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ