その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】甲南大に見事勝利。力の差をみせつける。

4月22日、大阪商業大学において2018年度関西大学バレーボール連盟男子春季リーグ第5戦が行われた。相手は甲南大。第2セットを取られるも第3セット以降は力強いスパイクで得点を重ね、セットカウント3―1で見事勝利を収める。

 

昨年度の秋に続き優勝を目指している龍大。既に1敗しているため負けられないという思いが空気から感じられた。

 

第1セット、今試合活躍がみられた島津(済2)を筆頭にエースの藤川(社4)や鈴木(政3)がスパイクで得点を重ね、出だしから10―4とリードを広げる。中盤では相手に連続ポイントを許し追いつかれる場面もあったが、伊庭(文1)が相手のブロックをはじき返す力強いスパイクでポイントを取り返し、22―18とリードを保つ。最後は花浦(政1)が3点連続でサービスエースを決め、25-18で第1セットを奪取する。

 

このまま勢いに乗りたい龍大だったが相手も負けていなかった。第2セットに入ると甲南大選手のスパイクが次々と決まり、8-18と10点差に広げられる。その後も龍大は焦りが出てしまいミスを重ね、16―25で第2セットを落とす。

 

IMG_5824.男バレjpg

【写真 サーブをする藤川】

 

 

5番

【写真 スパイクを決める伊庭】

セットカウント1-1で迎えた第3セット。このセットを取り、リードしたい龍大は第2セットと比べ攻撃がぴたりとはまる。積極的にスパイクを打ち、相手にプレッシャーをかけ、12―6と大きくリードを広げる。後半にかけても勢いは止まらない。島津のスパイクや前田(営3)が堅いブロックで得点を重ねていく。そして最後は伊庭がジャンプ力を生かした威力のあるスパイクを決め、25―19でこのセットを取る。

 

続く第4セット、序盤から両者譲らない猛攻が繰り広げられる。先にリードしたのは龍大。エースの藤川がスパイクを決めると、前田も後に続きスパイクを決める。中盤には17-14から5連続ポイントを納めるなど相手に流れを渡さない。最後は相手のサーブがミスになり、25-17で第4セットを取る。この結果セットカウント3-1で勝利。リーグ優勝に大きく近づいた。

 

リーグ優勝するためには負けるわけにはいかない。誰もがそう思っているだろう。これからまだまだ試合続く。今試合のような攻撃力のあるプレーをこれからもみせてほしい。

 

〈藤川主将のコメント〉

「相手がよく研究していたのがよくわかった。しかしそれに対応し、相手のデータにないことを挑戦していけたのが今回の勝因だと思う。第2セットは取られてしまったが、みんなで声を掛け合い流れを引き戻すことが出来た。これからの試合は優勝争いに食い込んでいけるように頑張りたい」

 

〈吉田監督のコメント〉

「今試合はセンターを中心とした攻撃がうまくはまり得点につながった。これから試合が少し空くので、前半の試合の課題を改善していきたい。総当たりである今回のリーグはセット数や得点も重要になっていく。1戦1戦集中して戦っていきたい」

 

 

 

 

 

(龍魂編集室 記事 /綾井唯 写真/丸山恭佳)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ