その他のスポーツ系サークル活動

【サッカー部】前期リーグ初戦、勝ち点獲得ならず

4月8日、天理大学白川グラウンドにおいて、関西学生サッカー2部Aリーグ前期第1節対天理大が行われた。前期リーグ開幕戦となる今節、上々な滑り出しで早い時間から先制するも、結果は1―3と逆転負けを喫し、前期リーグは黒星スタートとなった。

グラウンド上空では強い風が吹いていた。龍大のキックオフで迎えた前半、龍大にとっては追い風であった。ロングボールが非常に伸びる中で、積極的にコーナーを狙ったフィードを送り込む。前半8分、堀尾(済3)のスルーパスから相手ディフェンスラインの裏へ抜け出した竹内(社3)が、相手ゴールキーパーの動きを見て冷静にゴール右隅に流し込み、龍大が1点を先制する。その後は早いアプローチから高い位置でボールを奪い、天理大のゴールへと迫る。前半33分にはエリア手前で得たフリーキックで堀尾がシュートを放つも、わずかに枠の上へ逸れる。このまま前半を終えたいところであったが、41分に痛恨のPKから失点し、1―1の同点に追いつかれる。

IMG_6045
【ゴールを決め祝福される竹内(右)】

IMG_6209
【シュートを打つ堀尾】

エンドが変わって迎えた後半、ゴールを奪いたい龍大にとっては厳しい向かい風となる。後半16分、セットプレーから勝ち越しのゴールを許し、1点ビハインドとなる。追いつきたい龍大は杉村(営3)のクロスから決定的な場面を作り出すが、なかなか相手ゴールを割ることができない。すると後半36分、ミスから手痛い3失点目を喫し、天理大に突き放される。試合はそのまま1―3で終了し、前期リーグの初陣を白星で飾ることができなかった。

IMG_6290
【新主将の宮本(社4)】

内容にこだわって臨んだ今節、敗れはしたものの納得のいく攻撃の形は作ることができた。宮本キャプテンは前期リーグを5位以内で終えることを目標に掲げた。次節の相手は昨季リーグ3位の強豪大産大。目標達成のためには第2節での勝ち点の獲得は必須となる。

〈宮本キャプテンのコメント〉
「今年は結果よりも内容を意識してやろうと決めていた。一つ一つのプレーの集中力を高めていくとさらに良くなると思う。今年は個よりもチーム全体で一体感を持って戦っていきたい。次節は今年一番強い大産大なので、前半は我慢して後半に勝負をかけたい」

(龍魂編集室 記事/写真 伊瀬健太)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ