その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】リーグ戦全勝へ望みを繋ぐ

4月5日、守山市民球場にて京滋六大学準硬式野球春季リーグ戦、対京都大学戦が行われた。結果は5-1で龍大が勝利。今リーグ戦全勝を維持した。

 
龍大は二回に7番大江が四球で出塁し、相手の牽制悪送球で二塁まで進むと8番の菅(政4)の適時打で1点を先制する。その後も一死満塁から2番柴山の適時打で2点追加し、この回で一挙4点を得る。続く三回、四回、五回にも走者を出すが、得点に繋げることができない。しかし、その後の七回には大江の適時二塁打で1点を追加し5-1と差を広げる。

 
一方、この日先発の菅は四回に相手に得点を許したものの、八回まで走者を出しても冷静に相手を抑え、これ以上の得点を許さない。最後は九回から登板した富山が相手打線をしっかりと抑えて点差を守り抜き、5-1で勝利した。

 
今リーグ戦もあと二試合と残りわずかとなっている。この勢いのまま勝ち進み、関西大会出場を掴み取ってほしい。

 

準硬式 写真

【写真 投打で活躍した菅】

 

<井上主将(国4)コメント>
自分たちの勝ち方である「先制点を取ってしっかり守りきって勝つ」という勝ち方ができたのがよかったと思う。でも、先制点を取って以降、中押し点やだめ押し点が取りきれなかったという所が反省点だと思う。チャンスはしっかり作れていたけれど取りきれていないという所があったので、関西大会などの上の大会に行ったらチャンスも少なくなってくると思うので、もう一回実戦形式の練習でもっと試合さながらの緊張感であったりなどをもう少し突き詰めていかないといけないと思う

<菅選手コメント>
調子悪いながらにもいい球種で勝負できて、四回に1点取られたけれどなんとか抑えられた所がよかった。でも、塁に出した後に四死球を出してしまってリズムを悪くしてしまった所が反省点であると思う。今日は調整不足な部分もあったかもしれないけれど、今後ストライクが先行できるように日頃の練習からしっかりと取り組んでいきたい

 

(龍魂編集室 記事/藤原可琳 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ