その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】前年度優勝校の実力を見せる

3月27日、太陽が丘野球場にて、京滋六大学準硬式野球春季リーグ戦、対滋賀大教育学部戦が行われた。結果は9-1で龍大がコールド勝利。前年度優勝校の実力を見せる試合となった。

まず先制したい龍大は二回、一死一塁の場面で、六番坂矢(社2)が二塁打を放ち1点を先制。その後も四球や連続安打で、計3点を得る。
続く三回でも、六番坂矢の適時打により1点を追加。さらに打線を繋ぎ、7-0とリードを広げる。

 

準硬 web記事 写真1

【この試合で活躍を見せた坂矢】

この日先発の菅(政4)は、走者を出しても要所を抑え、四回まで相手に得点を許さない。七回で登板した筈井も走者を出したが、しっかりと点差を守り抜く。

準硬 web記事 写真2

【写真1 好投を見せた菅】

相手に1点は奪われたが、龍大は安打を量産、確実に試合展開を自分達のものにしていき、結果は9-1で勝利。

開幕戦から全勝で進んでいる龍大。この勢いのまま京滋リーグ連覇、そして関西大会出場に向け頑張ってほしい。

 

<井上主将(国4)コメント>
自分たちのチームの特徴である「先制点を取ってあとにできる」という形が今日の試合でもしっかりとれたと思う。先発が左の投手だったので、「全員で右方向を意識して強い打球を打っていこう」と言っていて二回と三回にはそのようなヒットが生まれて得点ができたのがよかったと思う。でも送球のミスやフォアボール絡みの失点など細かいミスもまだまだ見えているので、そういう所を再度練習で徹底して残りのリーグ戦もやっていきたい。チームの特徴である「一人ひとりがしっかりと役割を考えて全員でやる」という所が全勝に繋がっていると思う。まだまだリーグ戦の半分で折り返し地点なので、今年こそ全勝優勝できるように頑張りたい

 

<坂矢選手コメント>
逆方向に強い打球を打とうと思ったのをちゃんと実行できたのがよかった。でも、点が取れる所で取りきれなかった部分もあったので、次の試合からはしっかりとそこで点が取れるようにしていきたい。次の試合でもチームのために少しでも活躍できるように頑張りたい

 

(龍魂編集室 記事/藤原可琳 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ