その他のスポーツ系サークル活動

【バトンチアSPRITS】単独公演、今年も開催!

12月22日、北文化会館において「第18回単独公演〜That’s the SPIRITS! 2017〜」が開催された。二部構成で行われる、今回の単独公演が集大成となる7名の4回生を中心に圧巻の演技が数々披露された。

オープニングは3回生が振り付けたという部員全員による”welcome to dance time”。彼女たちの弾けるような笑顔と演技に観客は魅了された。続いて、今年の世界大会で金賞を受賞した吹奏楽部の生演奏とともにアメフト部や野球部の試合時に行われる応援演技が披露された。ここでは観客も手拍子で応援に参加し、会場は盛り上がりを見せた。そして第一部の最後は、今年バトンの世界大会に出場し、メダルを獲得した嶋村(社1)と田畑(社4)。2人の手にかかると、バトンはまるで体の一部であるかのようだった。ダイナミックかつ繊細な演技は観客を引き込み、第一部を締めくくった。

第二部もチームバトン、チームチアそれぞれが全国大会の演技を披露し、会場のボルテージは最高潮に。終盤には卒回生が壇上に上がり、代表して主将の田中(国4)が涙ぐみながら語った。「大好きなバトンを大好きなメンバーでできて最高の4年間でした。後輩にはSPIRITSをもっと大きく、もっと強くしていってほしいです。このチームは私の誇りです。ありがとうございました。」エンディングでは部員全員による圧巻のパフォーマンスが披露された。演技が終わり、幕が閉じた後も公演の終了を惜しむかのように会場にアンコールが鳴り響いた。すると、その声に応えて再びステージに立った彼女たちはこの日一番の笑顔と演技を見せ、大盛況のうちに公演は幕を閉じた。

 

 

チア写真

「写真は前年度のもの」

【写真 笑顔でポーズを決める部員たち】

 

 

卒回生のバトンやチアに対する思いは確かに後輩へと受け継がれていくだろう。今後ますます演技に磨きをかけ、様々な舞台で活躍していく彼女たちから目が離せない。

 

(龍魂編集室 記事/ 写真 藤原 可琳/松本 侑香)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ