その他のスポーツ系サークル活動

【居合道部】悔しさ残る敗戦、次に繋ぐ

 1119日、滋賀県立武道館において第28回西日本学生居合道大会が行われた。龍谷大学からは選手権の部と一・二回生の部に合計で17人が出場。いずれの部門でも好成績を残せなかったが主将の和田(営3)が選手権の部でベスト16入り。一回生の部では赤川(文1)が優秀演武賞を受賞した。

 

 この大会はいわゆる個人戦のみの形式だ。一・二回生の部では学年ごとに全員が総当たりをし、選手権の部ではトーナメントで勝ち進んでいく方式をとっている。 

 二回生の部から幕を開けた大会は、龍大からは3人が出場し素晴らしい演武を披露。特筆すべきは、一回生の部に登場した赤川と中西(文1)だ。2人とも今年の7月に行われた西日本学生居合道演武大会で敢闘賞を獲得した実力者だ。フレッシュな2人は勢いのある演武を魅せた。

 

 

居合道1

【優秀演武賞に選ばれた赤川】

 

 

 対して、選手権の部では思うような演武を発揮できない。出場した5人中(不戦敗1人除く)4人が初戦で姿を消した。しかし、初戦を不戦勝で駒を進めた和田が三回戦で近年力をつけてきている近大の選手を撃破し、決勝トーナメント進出まで後1勝のところまで迫る。

しかし、ブロックの決勝で立命大の選手に惜敗。龍大の選手はここで全員が姿を消した。

 

居合道2

【主将としてチームを引っ張っている和田】

 

龍大にとっては、三回生の主将和田が孤軍奮闘し、一回生の赤川が優秀演武賞を受賞して幕を閉じた大会となった。しかし、チーム力の底上げには二回生の踏ん張りが欠かせない。龍大居合道部の二回生の奮起に期待したい。

 

 

 

 

〈和田主将のコメント〉

「全日本大会に向けて練習してきたので、出場を逃してしまい本当に悔しい。次の地方大会と来年の全日本大会に向けて練習を頑張りたい」

 

〈赤川選手のコメント〉

「試合の入りについて先輩からアドバイスをもらい、その通りに出来たので良良い結果を出せた。個人戦の次の大会は相手との一対一で1位が決まる大会なのでそこで1位を取りたい。」

 

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

龍魂編集室では現在新入生を募集中! 興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ