その他のスポーツ系サークル活動

【女子剣道部】粘り強く戦う姿、全国で見せた熱戦

11月12日、春日井市総合体育館において第36回全日本学生女子剣道優勝大会が行われた。団体戦の方式をとるこの大会で龍谷大学は一回戦で常葉大学と対戦し、代表者戦の末、0-1で敗れた。4年生にとっては最後の大会であったが初戦で敗退。全国の壁は高かった。しかし、強豪相手に代表者戦まで粘った彼女たちの雄姿は観客の目を捉えて離さなかった。

 

昨年は初戦敗退で悔しい思いをした龍大女子剣道部。去年の悔しさを晴らすためにこの春日井市に戻ってきた。龍谷大の赤色のタスキを袴に着けた先鋒の井上は全国出場を決めた関西大会では一本もとることをできず悔しい思いをした。井上は一本を取りチームに勢いをつけるため果敢に攻めるが相手も簡単には譲らない。中盤、相手に反則が与えられた後すぐに仕掛けるが3人の審判の赤旗は上がらない。次鋒中村に続き中堅森口も果敢に攻めるも三連続で引き分けが続く。副将黒川が流れを呼ぶように攻めて、大将の松本に繋ぐ。守りに入る姿などなく、東海地区2位の強豪常葉大の選手相手に物怖じせずに攻めていく。しかし、引き分けて、代表者戦での決戦となった。代表者戦は時間無制限の一本先取の方式だ。代表者戦は先鋒を任されている井上が臨んだ。井上の攻めも負けてはいなかったが相手はさらにその上の攻めを見せた。一瞬の差だったが相手の動きが速くメンを取られ試合終了となった。

 

写真1

【写真 コテをうつ井上】

 

 

 

写真2

 

 

 

【ドウをうつ松本】

 

龍大女子剣道部の全国大会一勝は2年連続で持ち越しとなった。関西では安定した強さを維持している中でも全国1勝は近くて遠い。しかし、先輩たちの悔しさを忘れず三年生を中心とし彼女たちのたゆまぬ鍛錬は続いていく。

 

〈井上主将 コメント〉 「全国大会という大きな舞台で緊張してしまいいつもの力を出すことが出来なかった。チームとしても皆緊張してしまい自分の力を出し切れなかった。後輩たちにはこれからつらいこともあると思うが、一日いちにちのつらいことが最後の試合に絶対繋がると思う。そういうことを意識してこういう大きな大会で勝利してほしい」

〈松本選手 コメント〉 「自分の力を出し切れなかったのでみんなに迷惑をかけてしまった。毎年1回戦で負けてしまっているので後輩たちには全国で一勝を成し遂げてほしい。」

 

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/尾﨑愛斗)

龍魂編集室では現在新入生を募集中! 興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ