その他のスポーツ系サークル活動

【サッカー部】悔やまれる2失点

11月4日、同志社大学京田辺グラウンドにおいて、関西学生サッカー2部Aリーグ後期第7節、対甲南大が行われた。台風により2週連続で試合が流れ、10月15日以来のリーグ戦となったが、結果は1-2と惜しくも敗れた。

相手は現在リーグ2位の甲南大で難しいゲームになると予想されたが、「試合の入りから前に行くことを意識した」と川井(法4)が言うように、立ち上がりから相手陣内でプレーする時間が多かった。相手の裏を狙った攻撃で攻める龍大であったが、前半22分に相手に与えてしまったPKを決められ先制を許す。前半43分、相手エリア内でルーズボールを拾った川井がそのままゴールへ流し込み同点に追いつく。このまま流れを変えたいところだったが、直後に痛恨の勝ち越しゴールを許し前半を1-2で折り返す。

1点ビハインドで迎えた後半はロングフィードやセットプレーからチャンスを作り出すもなかなか相手のゴールを割ることができない。後半45分にエリア中央で並行パスを受けた白谷(社4)が右足を振り抜くもわずかに枠の右に逸れた。最後まで果敢に攻め続ける龍大であったが惜しくも試合終了のホイッスル。1-2で敗れた。

川井さん
【写真】ゴールを決めた川井

内容が悪くないだけに悔しい一戦となった。セットプレーでは惜しいシーンが何度も見られた。この試合で得た収穫を残りの4試合へ繋げて欲しい。

〈川井キャプテンのコメント〉
「試合の入りから前に行くことをチーム全体で意識して、それができたのは収穫だった。同点ゴールの場面では狙い通りに相手の裏のスペースを突くことができた。残りの4試合全てで勝ち点3を取れるように頑張りたい」

〈望月コーチのコメント〉
「台風の影響で2週間空いて久々というのと、相手が2位の甲南大という点で難しかった。ゲームの内容としては良かった。前半の2失点目が悔やまれるが、自分たちのサッカーが出来ていたので良かったと思う」

(龍魂編集室 記事/伊瀬健太 写真/上原航輔)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ