その他のスポーツ系サークル活動

【合気道部】創部五十四年目の集大成

10月14日、吹田市立武道館・洗心館で第53回関西学生合気道演武大会が行われた。創部五十四年目となる龍大からは計12名が出場した。

 

「大きく身体を動かすこと、相手の力の方向を感じ、取りと受けが一体となることを意識した」。演武終了後、廣部主将は満足気だった。大技である岩石落としが決まり、静かな場内から思わず驚きの声が漏れた。大きく流れるような演武は見る者を魅了した。

合気道 主将2

【写真】ダイナミックな技を掛ける廣部主将

 

次の演武大会は龍大合気道部の一期生の主催で行われる。「伝統である多人数掛けの完成度を高め、これぞ龍大合気道部だということを見せつけたい」と主将は気合十分だ。来年は創部五十五年目という節目の年を迎える龍大。代々築かれてきた伝統の名に恥じぬよう、更なる発展を遂げた演武を見せてくれることだろう。

 

〈廣部主将のコメント〉

「今回、誰から見てもどのような技をしているのか分かるよう、大きく動きながらも滑らかな演武を心がけた。その中で学生らしい元気で派手で目立つ技も練習してきた。その練習の成果が出て、大技である岩石落としが決まった。反省点は多人数掛け。無駄な動きがあり、周りが見えておらず取りと受けの交代がスムーズにいかなかった。次回は龍大合気道部の一期生が主催される大会なので多人数掛けの完成度を高め、これぞ龍大合気道部だということを見せつけたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 松本侑香)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ