その他のスポーツ系サークル活動

【男子バスケットボール部】対甲南 白星を飾り1部昇格へ駆け上がる!

10月7日、桃山学院大学において、2017年関西学生バスケットボール2部リーグ戦7日目、対甲南大が行われた。中盤相手に流れを許してしまうもしっかり立て直し84―76で勝利した。

 

先制点を甲南大に許し連続得点される。しかし高橋(文3)、山脇(法4)の落ち着いたゲーム展開を見せインサイドからの得点を中心に龍大に流れを引き寄せる。21―16で第1ピリオドを終える。第2ピリオドでは序盤なかなか点が動かず攻防戦となる。龍大はオフェンスリバウンドでチャンスを作り得点を追加していき、なかなか甲南に追加点を与えない。第3ピリオドは38―30の8点差リードで迎えた。甲南が試合のリズムを掴み龍大が押される展開となる。連続得点され一時は点数を返されたが残りの1分半で高橋が相手からボールを奪いシュート、流れを龍大に引き戻す。59―51で第3ピリオドを終える。第4ピリオドではオフェンスリバウンドから次々と得点し流れを崩さない。今試合なかなかシュートが決まらない場面もあったが最後まで落ち着いて攻め進め84―76で龍大の勝利となった。

 

チームが不調の時でもそれを立て直す力が今の龍大にはある。1部リーグ昇格が目に見えてきた今季、この勢いのまま駆け上がってほしい。

 

2高橋

【チームの流れを作る高橋】

 

22山川

【得点する山川】

 

 

〈高橋選手:コメント〉

「最初は乗り切れていないとこもあったがそれを立て直して最後いい流れを持って行けた。チームの雰囲気は悪くなかったが日によってシュートが入らないということもある、それを持ちこたえて勝てたのがチームとしても成長しているところだと思う。明日の阪大戦もしっかり勝って1部リーグの入れ替え戦いけるように頑張りたい」

 

〈主将 山脇選手:コメント〉

「最初やはり流れを掴めきれていなかったが勝てるという自信はあった。交代で出てくれたメンバーがチームの流れを呼び起こしてくれた。明日の阪大戦に勝てばほぼ確定で上位、1部も見えてくるのでしっかり勝っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 関真由子)

龍魂編集室に興味のある方は

tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ