その他のスポーツ系サークル活動

【日本拳法部】主将の意地見せるもリベンジ成らず・・・

リベンジとは、一度敗れた相手や敗れた事による屈辱に対して、勝利する事で借りを返すこと。今年6月、全国大学選抜選手権大会で関西学院に敗れた龍大日本拳法部。今日行われた全国の舞台で借りを返す絶好の舞台が訪れた。

愛知学院大学日進との1回戦は4勝2敗1分で勝利。しかし江藤(営3)が負傷し暗雲が漂う。2回戦の相手は関西学院大学。雪辱を誓った相手に満身創痍で立ち向かう。

先鋒の橋本(営2)は負傷で敗れるも、次鋒の主将岡島(理4)がきっちり勝ち、流れを戻し1勝1敗とする。三鋒の喜多(政1)は格上の相手に対し引き分けに持ち込む。続く中堅の伊藤(法3)は勝ち越しを奪いたかったが関学の意地を見せられ惜しくも敗れる。逆転を願う龍大であったが三将の十代(法1)、副将の廣瀬(済1)の一年生が敗れ敗戦が決まる。大将の吉野(文3)が最後に一矢報いたが、2勝4敗1分で敗れた。借りを返すことは出来なかった。

無念の二回戦敗退となったが、1・2年生主体の若いチーム。来年、再来年には全国を沸かせる日が来るはずだ。古豪復活に向け、日々進化を遂げる日本拳法部から目を離せない。

【山川監督のコメント】
「関学にリベンジがしたかったが悔しい結果になった。岡島は主将としてよくチームを引っ張ってくれた。感謝の思いしかない。若いチームなので来年以降、ベスト4に食い込めるようにしていきたい」

【岡島主将のコメント】
「借りを返したかったが負けてしまった。でもチームのみんなが気合を見せてくれたので満足している。監督、コーチ、先輩、後輩の支えがあったから主将を務めることができたと思います」

主将としてチームを引っ張った岡島選手【右】

試合前に円陣を組む選手達

(記事 龍魂編集室 佐藤和季/写真 龍魂編集室 三井雄太)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.com

ページの先頭へ

ページの先頭へ