その他のスポーツ系サークル活動

【男子ラクロス部】関学戦に敗れ、降格が決まる

9月30日、舞洲運動広場運動場C面において第28回関西学生ラクロスリーグ戦、5戦目、関学大戦が行われた。一部に残留できるかどうかが決まる大事な一戦であったが、9-11と惜しくも敗れてしまった。

この試合に勝ち爪痕を残しておきたい龍大であるが、試合開始早々に1失点。相手に隙をつかれ失点しまうなど、序盤は完全に流れが相手に傾く展開に。しかしゴーリーのナイスセーブからテンポ良くOFにつなげていき横山(社4)がシュートを決める。その後も龍大は果敢に攻めるも相手ゴーリーに阻まれ得点を積み重ねていくことができない。攻めた直後に攻め返されるなどじわじわと点差を広げられていき2-7で前半を終える。

 

杉原

【要所で仕事を果たした杉原】

迎えた後半。ここから龍大の反撃が始まる。黒田(社4)が連続得点を決め、流れを龍大に傾ける。続くように安徳(法3)・杉原(法3)・横山らが立て続けにゴールを奪い、点差をどんどん縮めていく。この勢いに乗り最後まで攻め切りたい龍大であったが、あともう一押しが足らず、前半での失点が響き、9-11で試合終了。

 

全体

【悔しさをあらわにする選手たち】

この試合結果により自動降格が決まってしまった。今リーグ戦は1部に昇格したばかりということもあり、1部リーグのレベルを実感することも多かっただろう。しかし龍大男子ラクロス部の底力を見せた試合もあり、まったく歯が立たないというわけではないということを示した。この悔しさをバネに選手たちがどのように向き合っていくのか。今後の龍大男子ラクロス部の進化に期待したい。

〈楠主将のコメント〉
「自動降格がかかった大事な一戦として、自分たちが一部に残留できるかの大事な試合だったが負けてしまい、チームを2部に降格させてしまった。大変申し訳ないと思っている。チームとしては後半にOFがどんどん点を取ってくれて、DFもしっかりできていたので、流れは龍大にあったと思うが、その流れに乗り切れず大事な場面で、ショットを外すなど力不足、相手チームの方が強かったと思う。最後の立命館戦は自分たちの一部での最後の試合になるので4回生として維持を見せたいと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔/上村輝)
龍魂編集室は現在新入部員を募集中
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ