その他のスポーツ系サークル活動

【男子ラクロス部】見えた課題。次に向けどう向き合うか。

9月23日、太陽が丘球技場Aにおいて第28回関西学生ラクロスリーグ戦・男子が行われた。龍大の今リーグ4戦目の相手は、去年リーグ1位の神戸大。序盤から相手の猛攻に遭い、リードを許しなんとか反撃を試みるも差は縮まらず、4-13で後半戦の初戦を落とした。

前日の雨の影響が若干残るグラウンド状況の中行われた神戸大戦。去年1位のチームではあるが、ここまでの成績は龍大と大差はないものだった。対する龍大は、この試合に勝ち後半戦へ勢いづけたい。しかし前半開始早々から神戸大の速攻にあい先取点を奪われる。その後は両者一進一退の攻防を見せるが、龍大のOFはもう一押しが足らずに得点を奪う事が出来ず、しっかりと得点を重ねていく相手に徐々に差を広げられていく。前半終了間際に横山(社4)が鮮やかにシュートを決め、後半に向けいい雰囲気を作る。

 

99 楠 (2)

【主将としてチームを引っ張る楠(法4)】

後半でも開始早々に相手の速攻にあうが、ここから龍大の反撃が始まり、黒田(社4)、杉原(法3)が立て続けにゴールを奪い、一時8点差あった差を5点差まで詰めるが、相手に渡ってしまった流れを取り戻す事は難しく、DF陣の懸命な守りもむなしくさらに点差を広げられていく。気持ちが切れてしまったのか、終了間際には3本を立て続けに獲られてしまい、4-13というスコアでこの試合を終えた。

 

9-黒田

【連続で得点を決めた黒田】

『関西制覇』という目標を掲げるからには避けては通れない相手に対し、厳しい試合結果となった。この敗戦を選手たちがどのように受け止め、どのように次の試合に生かし、成長していくのか。今後の龍大男子ラクロス部の戦いぶりに目が離せない。

〈楠主将のコメント〉
「今のチーム現状では次の関学戦に挑んでも結果としては厳しい部分もあると思うので、チームとしてガラッと変えたり、逆に何かをもっと統一してこだわってやったりしていかないと勝てない。(今試合での良い点は)比較的ボールを奪ってからOFにつなげるまでがミスもあったが、テンポ良くつなげられ、得点に結びついたのは良かった」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝/上原航輔)

龍魂編集室は現在新入部員を募集中

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ