その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】春期リーグ開幕! 天理大に逆転勝利!

4月15日、近畿大学記念会館にて、平成29年度関西学生バレーボール春季リーグ開幕戦、対天理大が行われた。龍大は、セットカウント3―2で天理大を打倒。リーグを好調な出足で切った。

 

今年こそリーグ優勝を果たすため、闘志を燃やす龍大。第1セット、好敵手天理大との激しい点の取り合いとなり、デュースまでもつれ込むが惜しくもこのセットを奪われる。第2セットも序盤に大量失点を許してしまい、このセットを天理大へ与えてしまう。後が無い龍大。しかし、ここで戦意を落とす彼らではない。第3セット、主将米澤(社4)が強烈なスパイクで勢いを作ると、ここで天理大がミスを連発。この機に乗じ、米澤を始めとしたアタッカーが攻め込んでいき、龍大がこのセットを奪う。

 

写真8

【写真 鋭いスパイクを放つ米澤】

 

攻勢を衰えさせない龍大。前田(経営2)のスパイクが炸裂する中、さらにブロックでも得点に貢献する。選手たちのプレーの切れも増していき、龍大は第4、第5セットを奪取。セットカウント3―2で天理大に勝利した。

 

写真9

【写真 堅固なブロックを見せる前田(左)と西浦(政4:右)】

 

目標であるリーグ優勝を果たすためにも、開幕戦を落とせない龍大。今回の試合では序盤に危ない展開が有ったが、後半に龍大持ち前の粘り強さを見せつけ、逆転勝利という形で天理大に打ち勝った。この勢いを維持したまま、リーグ戦を駆け抜けて欲しい。

 

<吉田監督のコメント>

「序盤は相手の勢いに飲まれていましたが、後半から巻き返せて本当に良かったです。今回の試合は選手達からしたら納得していないでしょうが、競っている場面でも自分たちのバレーが出来ていたことは、選手達の強いメンタル面が見られて良かったです」

 

<米澤主将のコメント>

「1,2セット目は自分たちのミスが原因で相手に取られたので、リーグ中ではそんなミスを無くしていき、もっと粘りのある力強いチームになっていきたいと思います」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上村倫太郎/上村輝)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ