その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】春リーグ開幕! 初戦を勝利で収める!

3月16日、わかさスタジアム京都にて、京滋六大学準硬式野球連盟平成29年春季リーグ開幕戦、対京大戦が行われた。龍大は11―3の7回コールドゲームで京大を制し、春リーグを好調な出足で切った。

 

リーグ連覇を続ける龍大は、今リーグにおいてもその熱を衰えることはない。開幕戦から全力で試合に臨む。初回、投手神野(経済4)が京大の攻撃を無失点で抑えると、龍大の攻撃。山口(経営3)が安打で出塁し仲間へ打線をつなぐと、猛打者森(政3)が本塁打を撃ち放ち、先制点を挙げる。

 

写真9

【写真 本塁打を放つ森】

 

2回で京大に1点を奪われるも、龍大は3回にて安打を量産。一気に4点を掴みとり、京大との点差を広げる。投手神野は、途中京大に打線を圧されることがあるも、切れの良い投球で堅実に点差を守り抜く。その後も龍大は打線を構築。圧倒的な攻勢を見せつけ、11―3のコールドゲームで開幕戦を制した。

 

写真10

【写真 先発を投げる神野】

 

2017年の春を最高のスタートで始めた龍大。昨年は関西大会を準優勝の結果になり、不完全燃焼で終えた彼らは、今年こそ関西一の称号を得るために気合が入る。「今年こそ関西大会を優勝します」。竹迫キャプテン(文4)は力強く答えた。

 

〈竹迫キャプテンのコメント〉

「チームとして上を目指そうとしているので、そのための良いスタートを切れてよかったです。まだチームとしての余力は残っているので、これからステップアップしていきたいです」

 

〈森選手のコメント〉

「4回生のみなさんとの最後の大会なので、何か大きいもの一本打ちたいと思っていましたが、それがホームランになって本当に良かったです。4回生に気持ちよく引退してもらうためにこれからも一戦必勝で頑張っていきます」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上村 倫太郎)

 

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

 

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ