その他のスポーツ系サークル活動

【ラクロス部女子】龍産戦 ~試合の主導権を握り勝利~

6月28日、龍谷大学瀬田キャンパスグラウンドにおいて女子ラクロスによる龍産戦が行われ、8-4で龍大が勝利した。

果敢に攻める大山(国文4)

果敢に攻める大山(国文4)

「三点は取ろうと思って試合に臨んだ」この日、アタックリーダー、ディフエンスリーダーが出場していない中、大きく躍動したのはアタックの宮崎(政4)だった。前半開始早々、流れを大きく引き寄せるチーム二点目を入れると、巧みなクロスさばきで追加点を重ね、チームに勢いをつける活躍を見せる。チーム全体のボール支配でも大きく相手を圧倒し、5-1で前半を終える。

後半、小さなミスから攻撃を受ける場面が多くなり、先制点を決められてしまう。しかし、龍大もパスからの素早いシュートでゴールネットを揺らし、両者譲らない激しい攻防を見せる。後半終了間際、宮崎のダメ押しとなる8点目を決め試合終了。8-4で龍大が勝利を収めた。

「相手は二部だったので絶対落とせない、圧倒して勝ちたいと思っていたが細かいミスが多かった。一部で臨むリーグ戦では挑戦者としてファイナル3を目指していきたい」と語る主将の岩元(国文4)。8月から始まる関西学生ラクロスリーグ戦、強豪校がしのぎを削る一部で龍女たちの活躍から目が離せない。

指示を送る宮崎(政4)

指示を送る宮崎(政4)

【岩元主将のコメント】
「一部昇格が決まってからの今日まで、一つ一つの練習試合でもリーグ戦だと想定しやってきた。一部で臨むリーグ戦では挑戦者としてファイナル3を目指していきたい」

【宮崎選手のコメント】
「今回の試合内容では二桁得点、無失点で勝利しないと一部では太刀打ちできないと思っていたので、試合には勝ったが納得はしていない。一部に決まってから、これから強い龍大ラクロス部を作るために、チーム作りから底上げをしてきた。リーグ戦では、ファイナル3を目標にやっていきたい」

ページの先頭へ

ページの先頭へ