その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】4番森の3ランで快勝!

4月2日、山城総合運動公園太陽が丘野球場にて京滋六大学準硬式野球春季リーグ戦、対滋賀大学彦根キャンパスが行われた。全日本選手権出場を目標に掲げる龍大は、5-0と危なげなく勝利し、今リーグ全勝を継続した。

この試合、これまで3番での起用が続いていた森(社4)を今リーグ戦で初めて4番に、絶好調の坂矢(社2)を5番に据えるなど打線を大きく組み替えて挑んだ龍大。序盤、再三得点圏に走者を置くも中軸が返せず、4回まで無得点に終わる。
5回裏、1番から始まる攻撃で一死二、三塁とチャンスを作ると、この日4番の森が、打った瞬間それと分かる痛烈な3点本塁打を右翼席へ突き刺し、一挙3点を先制する。

IMG_1648-2
【写真1 右越に3点本塁打を放つ森】

一方この日先発の筈井(社3)は、アンダースローで相手を惑わせ、5回を投げて毎回三振となる6奪三振。5回表には一死二、三塁とピンチを招くも、後続をしっかり断ち切り無失点に抑える。

IMG_1623-2
【写真2 5回を無失点に抑えた筈井】

その後相手のミスなどで2点を追加した龍大は、しっかりと逃げ切り勝利を収めた。

リーグ戦も残すところ3試合となり、いよいよ終盤に差し掛かってきた。龍大のリーグ戦全勝優勝は視界良好だ。

〈井上主将(国4)のコメント〉
今リーグ戦で初めて森を4番に据えるなど打順を組み替えたが、あまり上手く機能しなくて苦しい展開になってしまいました。フライを打ち上げるなど雑な攻撃が多かったが、その分投手陣が踏ん張って0に抑えてくれました。

〈3点本塁打を放った森選手のコメント〉
打順を組み替えていたので繋がるかが大事だったが、4番の自分がランナーをしっかり返す仕事ができるように心がけていった。(5回の3ランホームランについて)感触は完ぺきで気持ち良かったです。ピッチャーが頑張ってくれているなかで点が取れていなかったので、一本打てて良かったです。チームとして、京滋リーグ優勝が目標ではなく、全国に行くことが目標なので、全国へ繋げる為にもこのリーグ戦でしっかり勝って、いい流れで関西大会に挑みたいです。個人的には今日のホームランで大学通算9号なので、あと一本打って10号に届かせたいです。

(龍魂編集室 記事/藤井八雲 写真/藤原可琳)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ