その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】前年度優勝校の実力を見せる

3月27日、太陽が丘野球場にて、京滋六大学準硬式野球春季リーグ戦、対滋賀大教育学部戦が行われた。結果は9-1で龍大がコールド勝利。前年度優勝校の実力を見せる試合となった。

まず先制したい龍大は二回、一死一塁の場面で、六番坂矢(社2)が二塁打を放ち1点を先制。その後も四球や連続安打で、計3点を得る。
続く三回でも、六番坂矢の適時打により1点を追加。さらに打線を繋ぎ、7-0とリードを広げる。

 

準硬 web記事 写真1

【この試合で活躍を見せた坂矢】

この日先発の菅(政4)は、走者を出しても要所を抑え、四回まで相手に得点を許さない。七回で登板した筈井も走者を出したが、しっかりと点差を守り抜く。

準硬 web記事 写真2

【写真1 好投を見せた菅】

相手に1点は奪われたが、龍大は安打を量産、確実に試合展開を自分達のものにしていき、結果は9-1で勝利。

開幕戦から全勝で進んでいる龍大。この勢いのまま京滋リーグ連覇、そして関西大会出場に向け頑張ってほしい。

 

<井上主将(国4)コメント>
自分たちのチームの特徴である「先制点を取ってあとにできる」という形が今日の試合でもしっかりとれたと思う。先発が左の投手だったので、「全員で右方向を意識して強い打球を打っていこう」と言っていて二回と三回にはそのようなヒットが生まれて得点ができたのがよかったと思う。でも送球のミスやフォアボール絡みの失点など細かいミスもまだまだ見えているので、そういう所を再度練習で徹底して残りのリーグ戦もやっていきたい。チームの特徴である「一人ひとりがしっかりと役割を考えて全員でやる」という所が全勝に繋がっていると思う。まだまだリーグ戦の半分で折り返し地点なので、今年こそ全勝優勝できるように頑張りたい

 

<坂矢選手コメント>
逆方向に強い打球を打とうと思ったのをちゃんと実行できたのがよかった。でも、点が取れる所で取りきれなかった部分もあったので、次の試合からはしっかりとそこで点が取れるようにしていきたい。次の試合でもチームのために少しでも活躍できるように頑張りたい

 

(龍魂編集室 記事/藤原可琳 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

【準硬式野球部】開幕戦、白星スタート!

3月13日、わかさスタジアム京都にて京滋六大学準硬式野球春季リーグ戦開幕戦、対花園大が行われた。前回の秋季リーグ戦初戦では終盤に追い付かれ引き分けだったが、今回は7―2で勝利と相手を寄せ付けることなく、順調な滑り出しをみせた。

衣食住を共にし、決まり事や徹底事項を叩き込み、チームの為に何ができるか一人ひとりが考えて行動するようにすることで、みんなが同じ方向を向いていけるようにした― 2月下旬から3月の初めにかけて行われた合宿で、目標である全日本選手権出場へ向け、チームの一体感を高め今回のリーグ戦に挑んだ。

開幕戦の先発を託されたのは古川(文2)。初回を三者凡退に抑えるなど、緩急をつけたピッチングで三回まで相手に得点を許さない。
打線は三回裏、相手のミスからチャンスを作ると、4番中村謙の適時二塁打などで2点を先制する。しかし四回表、先発古川が一死から4連打を浴び、2点を返されゲームは振り出しに戻る。だがすぐに反撃するのが龍大だ。その裏の攻撃、二死一塁から3番森(社4)、4番中村謙の連続適時打で再び2点リードする。

 

準硬 中村謙

【写真1 2安打2打点とチームを牽引した中村謙】

 

先発古川は四回に2失点して以降、味方の守備に助けられながら七回までを無失点に抑え、さらに打線も得点を重ね7―2で勝利した。

 

準硬 古川

【写真2 7回を2失点に抑えた先発古川】

 

勝利でスタートすることができた春季リーグ戦。目標を達成するために、まずは京滋リーグ制覇へ向け一戦一戦気の抜けない戦いが続く。

〈井上主将(国4)のコメント〉
今日の試合は、今までやってきたチームバッティングなどができていなかった。しかし開幕戦の緊張感の中で勝ち切れたことは収穫だと思うので、次に繋げたい。全日本選手権出場へ向け、一戦一戦目の前の試合を戦ってリーグ戦優勝し、関西大会でも勝ち抜けるようにやっていきたい。

(龍魂編集室 記事/藤井八雲 写真/藤原可琳)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【水上競技部】勢いある泳ぎを魅せた。シーズンへ向け大きな収穫。

3月3・4日、京都アクアアリーナにおいて第40回関西学生春季室内選手権水泳競技大会が行われた。この大会は、日本選手権やジャパンオープンに出場するためには上位に入り込まないといけない大会であり、熱い泳ぎが繰り広げられた。

 

武田【200㍍自由形に出場した武田】

写真1【大会1日目に出場した小林】

 

【1日目】

男子400㍍メドレーに出場した小林(社3)は、終盤まで1位の後ろにつけるが最後は粘り強い泳ぎで1位の選手を追い抜き、組の中では1着でゴール。女子200㍍自由形に出場した武田(文3)は2分14秒78でゴール。武田は大会終了に「花粉症の影響や、スタートダッシュでのトラブルがあったが、自分らしい泳ぎができて良かった」と語った。今日のレースに出場はなかった西主将は、「みんなは、合宿の疲れを感じさせなかった。声もよく出ていてそこも良かった。明日のレースでは自己ベスト更新を狙って泳ぎたい」とインタビューに答えた。

【2日目】

大会2日目は、男子400㍍メドレーリレーからプログラムがスタートした。龍大からは、河合涼介(文2)・樋上公介・中村太祐(農1)・池田誠(文1)が出場。それぞれが勢いのある泳ぎを見せたが、タイムは4分5秒55で組の中で7着であった。チャレンジレースを除くプログラムで最後に行われた、男子800㍍リレーには小林晃也(社3)・堀上寛弥(社3)山下大地(社1)・西悟志(農3)が出場。タイムは、8分1秒23だった。西主将は、大会後のインタビューに、「これからシーズンが始まるが、2部残留を目指してやっていく。大会は、ベスト近くのタイムで泳げている人が多かったので良かった」と答えた。

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

【スキー部】藤本選手 2年連続二冠達成!

  3月1日から3月5日まで野沢温泉スキー場において、第91回全日本学生スキー選手権大会が行われた。類い稀な晴天のなか、藤本(政2)がスペシャルジャンプとノルディックコンバインドの2種目優勝。さらに、佐々木(済4)はクロスカントリー15Kmクラシカルで2位という成績を収めた。

 

 藤本が出場したスペシャルジャンプとノルディックコンバインドは、スペシャルジャンプを1本飛び、距離点と飛型点の合計ポイントの多い順に順位がつけられる。コンバインドではグンダーセン方式(ジャンプのポイントを基にタイム差が算出され、それに従ってインターバルスタートを行う方法)を用いて2.5Kmコースを2周し、計5Kmを走る競技である。

この競技について藤本は、「ジャンプは筋力、コンバインド(クロスカントリー)は瞬発力と必要とするものが違うのでそこが難しい」と語る。そこで、藤本はトレーナーさんに自らの強みを教えてもらい、意識したことでスペシャルジャンプは堂々の1位、クロスカントリーでは6秒差で2番にスタートするも2位と30秒の差をつけて1着でゴールし、昨年に引き続き二冠を達成した。

 

 藤本さん

【滑走する藤本】

 

 

  男子2部クロスカントリー15Kmクラシカルでは、昨年30Kmフリー3位の実績がある佐々木(済4)が出場した。クロスカントリーには2つの走法があり、クラシカル走法はスキー板を平行に維持したまま雪面に掘られた溝を沿って滑走するため、腕の力が必要となる走法である。フリー走法はスキー板をハの字にしながら左右に滑走する方法である。今大会のクロスカントリーではペナルティポイントの少ない順にスタート位置を選択し、一斉にスタートする。5Kmのコースを3周する。佐々木は、2周目まで3番目のポジションを維持して3周目に勝負をかけ、2着でゴールした。

 

また、佐々木は 男子2部クロスカントリー10Kmフリー 6位入賞、女子の部では金子(国4)は女子2部クロスカントリー10Kmクラシカル7位、女子2部クロスカントリー5Kmフリー7位に入賞を果たした。

 

 今大会、龍大スキー部は全日本インカレという大きな大会で上回生は輝かしい成績を収めた。一方で1回生はそれぞれの課題が見つかった大会になっただろう。次は第88回全関西学生スキー選手権大会が始まる。1部の選手と戦うことになるが龍大らしい滑りを魅せてほしいと思う。

 

 

〈藤本選手のコメント〉

「前回の大会が終わった後すぐ今回の大会だったので疲れていたが、しっかり大会に合わせることができたかなと思う。それはしっかり体のケアをしてできることはやっておいたからだと思う。具体的には龍大のトレーナーさんに自分の固いところを教わって、そういうところを意識して準備してきた。そのお陰で全カレは2年連続で二冠を達成できた。自分はジャンプとコンバインドという2種目していて、ジャンプは筋力、コンバインド(クロスカントリー)は瞬発力と必要とするものが違うのでそこが難しいところ。全関では1部の選手とも戦うので気を引き締めて上位にいけるよう頑張りたい」

 

〈佐々木選手のコメント〉

「今日は雪が固く、足にくるレースだったので少し辛かった。前日の2位という結果には満足しているが今日の6位というのは悲しい結果かなと思う。普段の練習では、体力をつけるために大会に合わせて30キロを滑る。また、スピードの面では10キロのコースを想定したタイムレースをしている。夏場はローラースキーでダブルポール(クラシカル走法で多く使うテクニックであり、平坦地や小さな起伏地においては最も推進力を得られる方法)の練習をしている。 この龍大スキー部で過ごしてきた4年間は楽しかった。自分の思うような結果が出せたり出せなかったりするときもあったが、大体出せていたので、それなりに良かった4年間を過ごせたと思っている」

 

〈金子選手のコメント〉

「昨日7位入賞はしたがあまり満足していなかったので今日は昨日の分を挽回しようと思い滑った。2つ上の順位まで混戦していたので、もう少し上へ行けたなと残念に思った。その原因として、自分に体力がない自覚と合わせて、この大会前にインフルエンザにかかってしまい余計に体力が万全でない状態で滑らざるを得なかったことがある。 この龍大スキー部で過ごしてきた4年間は大変だった。人数が少ない中、部員全員が支えあって来れたし、佐々木くんとも力を合わせて引っ張って来れたかなと思う。佐々木くんは本当にストイックでコンスタントに結果も出して龍大スキー部の柱として4年間頑張ってきてくれたと思う」

 

(龍魂編集室 記事 豊田美帆 / 写真 松本侑香)

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ