その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】関西大会 無念の敗北

11月3日、ベイコム野球場にて秋季関西地区大学準硬式野球大会、対甲南大戦が行われた。龍大は4-7で甲南大に負け、関西大会一回戦敗退という結果に終わった。

初回はどちらも得点はなく二回、柴田(農2)、河端(社1)の連打一三塁とチャンスを作るも得点に繋げることができない。三回には四死球や連打を浴び0-4となってしまう。だが龍大も負けてはいない。五回田住(法3)のセーフティバントで出塁し四球や相手の悪送球により二死満塁となると、5番中村(社1)の適時打で2点を返す。しかし七回では相手の一死満塁から走者一掃の二塁打によって3点を奪われ、2-7となってしまう。

【写真 痛烈な安打を見せた河端】

河端 バッティング

 

八回には宮嵜(済3)が相手外野手の失策も絡み二塁打を放つ。その後も河端の二塁打などで2点を返し、4-7となる。しかし、終盤は打線が沈黙、4-7で関西大会初戦敗退という結果に終わってしまった。

関西大会1回戦敗退という残念な結果で終わってしまった龍大。次の舞台は春季リーグ。だが、彼らの目標はリーグ優勝などではない。春季関西大会優勝、そして全国大会出場だ。冬のトレーニングを積み、さらに飛躍していく彼らに目が離せない。

〈井上主将(国3)のコメント〉
「ヒット数、エラー数ともに相手を上回っていたが、それでも勝ちきれなかった。勝てるゲームだったのに勝ちきれなかったという所に悔いが残っている。もう一度日頃の基本的なことや野球以外の面も一から徹底して見直していかないと勝てないのかなと思った」

(龍魂編集室 記事/藤原可琳 写真/上村倫太郎 藤井八雲)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ