その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】上位リーグ開幕 京産大に辛勝

 9月30日、大阪体育大学にて、2017年度関西学生男子バレーボール連盟秋季リーグ戦第6節対京産大が行われた。結果は3-2で、龍大が京産大を下すも、試合の展開としては課題の残るものとなった。

 

 1次予選リーグを勝ち上がり、上位リーグへの進出を見事果たした龍大。このまま彼らは目指す場所であるリーグ優勝まで駆け上がるべく、止まることはない。その最初の壁となったのは京産大だった。
 第1セット、序盤にて京産大の高度な攻撃に見舞われる龍大。しかし中盤より、相手の隙を突く多彩なスパイクを放ち、点差をつけていく。最後は米澤(社4)前田(経営2)、山田(経済1)などの前衛の猛攻により、第1セットを奪う。

 

【写真1 強烈なスパイクを打つ米澤】

IMG_5989

 

 第2セットでは序盤から花浦(政4)がサービスエースなど、好調な滑り出しを見せていく。さらにその後も相手のミスも重なっていき、大きいリードを得る。しかし、京産大がTOをとると状況が一変。安定性を取り戻した京産大の戦術に点差を詰められる展開となってしまう。だが龍大も負けていない。持ち前の粘りと、リベロ木村(政3)の防御力が真価を発揮し、流れを守り切る。そしてセットポイントでは、セッター田中(経営3)が不意を衝くツーアタックを決め第2セットを取った。

 2セットを先行で取り、有利な流れを得た龍大。しかし、ここからが苦しい展開となった。第3セットでは第2セット中盤から蘇った京産大の安定性に、龍大は攻撃を押し切れず、序盤から点差を開かれる。終盤はデュースまで持ち込むも、京産大の流れを切れず、このセットを落とす。
 第4セットでも流れは京産大に向く。龍大のミスも目立ち、このセットも京産大に取られてしまう。

 運命の第5セット。執念を見せる両陣営の火花が最高潮に達し、コート全体を熱気へと包んだ。負けられない思いのもと最後のセットは強烈な点取り合戦となった。縮まぬ点差、気を抜けばすぐに覆る展開に、会場にいる全員が息をのむ。そして試合は徐々に龍大へ傾き、ついにマッチポイントまで行きつく。そして最後、サイド前田が見せた渾身のスパイクが相手コートへ打ち込まれ、龍大に勝利を運んだ。

 

【写真2 渾身のスパイクを見せる前田】

IMG_6059

 

 上位リーグと相まって、精魂燃え尽きるような熱戦を見せてくれた両陣営。まずは一戦を勝ち越したが、安心できるのもつかの間だろう。上位リーグは始まったばかりだ。さらに戦う相手の一つには、開幕戦で敗北に喫した近大も存在する。まだ気を抜くには早すぎる。それらすべてを勝ち進み、その手に、優勝の証を持つ姿を見せてくれるまでは。

 

〈吉田監督のコメント〉
「4回生が引っ張っていってくれたことと、下級生が出来ることを頑張ってくれたことが本当に良かったです。不利な状況にも陥ったけど、最後には気持ちを振り絞ってくれたので勝てたと思います。この夏も選手達が優勝を目指して頑張ってくれていたので、いつも通りのプレーが出来てくれれば、絶対に勝ち取れると思います」

〈米澤主将のコメント〉
「春と比べると粘れるようになったので、成長を感じました。ただ今回はストレートで勝てる試合だったので、そこは自分たちの甘さを感じます。サーブとブロックが良くできていたが、後半から向こうに攻撃を対応されたので、もっと不意を衝く攻め方ができないと、と思います。あと4戦、フルで戦っても勝てるぐらいの意気込みで頑張ります」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上村倫太郎)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ