その他のスポーツ系サークル活動

龍鍵s!バトンでつなげryuspoリレー!:居合道部

現代のスポーツだけでなく、日本古来の武道とも一線を画すような存在の居合道。棒状になったわらを日本刀で切る姿をテレビなどで見たことはないだろうか。いわゆる抜刀道とよく混合されがちだが、居合道は決して物体を切ったりはしない。見えない敵、いわゆる「仮想敵」と戦うのが居合道の特徴である。また、声を発さないため稽古場は呼吸の音さえ聞こえないほど静かである。そして、スポーツをする上では考えられないが筋トレをしない。居合道の最も大切な目的である「最小限の力で最大限の効力を生み出す」。このためには、自分の筋力には頼ってはいけないからだ。

あまり馴染みのない居合道について丁寧に教えてくれたのは、黒いはかま姿に「りりしい」という形容詞がよく似合う主将紀伊埜本(きいのもと=文2)。昨年は全日本学生大会でのベスト8入賞を始め、多くの大会で個人、団体と良い成績を残してきた。今年はもう一段高く「全日本優勝」を目標に掲げた。この目標に向けて日々、部員一同稽古に励んでいる。

〈紀伊埜本主将インタビュー〉

―居合道とは

日本刀を扱う武道。鞘から刀を抜き戻すまでを一つの形として計5本。それを一つの技とします。試合では演武として扱います。

 

―居合道の醍醐味(だいごみ)は

まず対峙(たいじ)る敵がいないこと。そして「仮想敵」、見えない敵に対して自分がどれだけ意識して戦うことができるか。そこが最も難しいところであり、醍醐味でもあります。

 

―日頃どんな練習をしていますか

我が居合道部では「無雙直伝英信流(むそうじきでんえいしんりゅう)」という古い流派に従い稽古を行っています。この古い教えを守るための体作り、武道の合理的な体の使い方を図るための練習を行っています。

 

―昨年を振り返って

地方大会での優勝、全日本学生居合道大会でベスト8に入賞したことなど良い結果に恵まれました。

 

―洋弓部さんからの質問です。日頃どんなことを練習していますか

各自の技の練度を上げること。その後、全体での基礎の練習に取り掛かります。

 

―今季の目標をお願いします

〈湯川峻光(法3)選手インタビュー〉

―居合道を始めたきっかけは

元々武闘に興味があり、高校では柔道をやっていました。そんな中、時代小説などを読んでいる際に居合道を知り、大学から始めてみようと思いました。

 

―主将さんから注目選手に選ばれたことについて一言お願いします

注目に応えるためにも残り1年、最後まで全力で。結果を残せるように頑張りたいです。

 

―ご自身のアピールポイントをお願いします

知識が豊富であること。

 

―湯川選手から見て紀伊埜本主将はどんな方ですか

誠実な人柄で、全部員から信頼されている。

 

―今季の目標をお願いします

―龍鍵s!バトンでつなげryuspoリレー!次の部活はチアリーダー部です。湯川選手、何か聞きたいことはありますか

パフォーマンス中、一番意識していることは何ですか。

 

居合道部のみなさん、ご協力ありがとうございました。

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ