その他のスポーツ系サークル活動

【ボクシング部】一部リーグ昇格にあと一歩及ばず

6月25日、芦屋大学において第71回関西学生ボクシングリーグ戦最終戦が行われた。4年生の引退試合となる今試合、選手皆奮闘するも3-4で京産大に敗れ悔しすぎる2部リーグ残留が決まった。

ライトフライ級、バンダム級が不戦敗と不利の状態からの出発となった龍大。先陣を切ったのはライト級の新美(文4)。序盤から激しい攻め合いとなり、両者一歩も引かないまま1Rを終える。2R、リズムにのった新美は相手の顔にストレートを決め流れを呼び込む。前に攻めていくも勝負は3Rへともつれ込む。最後まで気迫のこもった打ち合いを見せ、残り1分攻めは更にヒートアップするも2:3で惜しくも判定負けとなる。

次に登場したのは ライトウエルター級山辺(営2)。得意のパンチが炸裂する。攻めの姿勢を崩すことなく2Rに進む。2Rでも相手を圧倒するパンチを決めダウンを奪い2R1分24秒でのRSC勝ちをもぎ取る。

この勝利の勢いに乗りたい龍大、ウエルター級曹(4年生)が出場する。1R、相手の素早い動きにしっかり対応しフックを決めていくが、ペースをなかなか掴むことが出来ず1Rを終える。2Rも自分のペースに持っていくことが出来ない。迎えた3R、互いに疲れが見え始めるも攻めの手を緩めない。激しい打ち合いを繰り広げ場内の雰囲気が更に白熱する。前へという龍大の応援に最後まで前へ攻めていくが、0:4で悔しい判定負けを喫する。

龍大の負けが決まってしまった中、出場したミドル級鄭(営4)。「出し惜しみをしないことを心掛けた」と語った鄭は圧巻の攻めを魅せる。怒涛のラッシュを決めいき、相手に攻めさせない。2Rでも鄭の勢いは止まらない。ここで京産大のセコンドからタオルが投げられる。これにより2R55秒見事な棄権勝ちを決めた。

今リーグが終わり一部昇格の夢は惜しくも叶わなかった。一部昇格という4年生の思いをしっかりと後に続く選手達は受け継いだに違いない。新体制の龍大ボクシング部のこれからの活躍に期待したい。

写真1

【写真 パンチを打つ鄭】

 

(鄭主将 コメント)

「前回の試合が自分の中では上手く攻められたと思っていたが負けてしまった。慢心していた部分や今のボクシングにあっていないボクシングをしてしまった。それなりに動けた感触があった分悔しかった。今日の試合は後輩に示したいもの、残すものをしたいという思いで試合に挑んだ。出し惜しみをしないことを意識して1Rから勝負を仕掛けに行けた。キャプテンになった時からまだまだチーム力が足りないと思っていたので、これからも課題にして頑張って欲しい」

(曹選手 コメント)

「今まで1番悪い試合だったが、すべてを出し切れた。やり残したことが無いぐらい全力で攻めれたのがよかった。来年はもっと人数が少なくなるので団結できるよう頑張って欲しい。自分たちもその手伝いをしていきたい」

(新美選手コメント)

「最後の試合だったので、全力でやることを心掛けて試合に挑んだ。後輩達には部活と一緒に人間的にも成長してこれからを頑張って欲しい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 尾崎愛斗/丸山恭佳)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中! 興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ボクシング部では新入部員を募集中!

現在、関西学生ボクシングリーグ戦2部リーグで1部昇格に向け戦う龍大ボクシング部では新たな戦力となる新入部員を募集中だ。

 

〈鄭主将のコメント〉

「アマチュアボクシングの試合は3分3ラウンドで行われます。9分間で心・技・体を集約させます。試合で勝つためにはつらい練習はもちろん、厳しい減量もします。しかし、勝利した時の達成感は忘れられません。それが体験できるのは今、学生の間だけです。一緒にボクシングをしましょう」

 

〈横山監督のコメント〉

「大学では勉強、そしてボクシングをして充実した学生生活にしましょう。社会に出たらそれは必ず役に立ちます。一緒に頑張りましょう」

YouTube Preview Image

 

【剣道部】京滋大会 個人戦3選手が入賞!女子団体準優勝に輝く!

 

6月11日、大谷大学体育館において第59回京滋学生剣道大会が行われた。個人戦と団体戦が行われる今大会。個人戦には男子14名、女子9名が出場し、男子個人戦二段以下の部で牧野(営1)が準優勝、男子個人戦三段以上の部で田畑(法3)位入賞、野間(社3)がベスト8入り、女子個人戦では井上(済4)が準優勝、松本(法4)・平野(文2)がベスト8入りを果たす。団体戦では男子は惜しくも二回戦敗退、女子は準優勝に輝いた。

 

  男子二段以下の部に出場した牧野は、一回戦を少し苦戦するも延長戦の末に小手を決め勝利する。勢いづいた牧野は二回戦、三回戦、四回戦を勝ち進み、ついに決勝へと駒を進める。決勝戦の相手は佛大の中塚。互いに積極的に攻撃を仕掛けていき激しい攻防戦を繰り広げる。均衡した試合が進み中、相手に面を決められてしまう。取り返そうと試みるも立て続けに小手を決められ惜敗を喫すも準優勝を果たした。男子三段以上の部の田畑は、シードにより二回戦からの登場となる。二回戦を勝利し三回戦を迎え、三回戦の相手である谷大の島地に思うように動くことができず、延長戦にもつれ込む。疲れを見せた相手の一瞬の隙をつく得意の引き面を決め勝利する。四回戦も順調に勝ち準決勝の勝利を目指すも強敵同志社の米村に一歩及ばす悔しい準決勝敗退となるも見事3位に入賞した。女子個人戦の井上は、五回戦まで勝ち進み同じ龍大の松本と対戦することとなる。互いに手の内を知っている仲で、技をなかなか決めきることが出来ず延長戦に突入。疲れから動きが鈍くなるも、松本の一瞬空いた胴に引き胴を決め龍大対決は井上に軍配があがる。準決勝の相手は花大の辻井。片手上段の相手に自分のペースを崩すことなく鮮やかな抜き面を二本決め勝利。決勝戦の相手は立命館の福間。両者一歩も引かず緊張感のある試合展開の末、迎えた延長戦相手に飛び込み面を決められ優勝を逃すも、準優勝を飾った。

 写真1 剣道

【写真 面を打つ牧野】

  男子団体戦、初戦の相手は京大。先鋒高田(文2)が幸先よく一本勝ちを収め、次鋒から副将までしっかりと引き分けに持っていき大将には田畑。得意の引き面で先制すると、鋭い小手を決め二本勝ちを収め2-0で京大を倒す。二回戦の相手は優勝候補の同志社。先鋒高田が一本負けを喫し、五将榊原(済2)・中堅沖田(営2)も流れを変えることが出来す負けを喫してしまう。後がない龍大の三将に登場した藤塚(済3)は、気迫のこもった攻めを見せる。相手も負け時と攻めの勢いを増していく。一本を決めきることが出来ず引き分けに終わる。これにより二回戦敗退が決まってしまうも副将野間は華麗な攻めを魅せ面を先制しそのまま一本勝ちを決め、最後まで龍大の意地を魅せる。大将田畑も相手を揺さぶり様々な技で翻弄するも一本とはならず引き分け。二回戦を1-3で敗北となる。女子団体戦、去年優勝を果たし今大会二連覇に向けて試合に臨んだ。一回戦の京府医大を5-0と圧勝、二回戦の明国医大にも2-0と接戦を制す。三回戦の相手は佛大。先鋒山岡(済2)は相手の面返し胴を打ち一本を先制しそのまま一本勝ちを収める。次鋒中村(国3)は小手で一本先制するが、直後に小手を決められ引き分け。中堅黒川(済2)は果敢に技を掛けていくも決めきれず引き分け。副将井上は龍大の勝利を確実なものにするため相手の隙をつく攻撃を展開するも、終盤に小手を決められてしまう。その後も攻め続けるも一本負けとなり勝負は大将戦へともつれ込む。大将松本は序盤から惜しい技を何度も出すも審判の旗が上がらず、そのまま時間切れとなる。代表戦となり、龍大からは唯一佛大から勝利を収めた山岡が出場、佛大からは川北が出場。緊迫した空気の中両者譲らぬ攻めとなるが、相手の手元に鋭い小手を打ち込み山岡が代表戦をモノにした。決勝戦の相手は強豪同志社。先鋒山岡が流れを作ることが出来ず一本負けとなる。次鋒安田は中盤に面を決められてしまう。しかし直後に面を取り返し引き分けとする。中堅黒川・副将井上と奮闘するが引き分けとなり、大将に全てが託される。大将松本は試合開始直後から連続技を展開していくも、中盤に痛恨の小手を決められてしまう。取り返したい松本は相手の面に返し胴を打ちすぐさま取り返す。もう一本が欲しかったものの惜しくも時間切れとなり悔しすぎる1本差の僅差で敗退となった。二連覇という目標を果たすことが出来なかったが準優勝を成し遂げた。

写真2 剣道

 【写真 準優勝に輝いた女子剣道部】

 男女ともにあと1歩で優勝を逃してしまう惜しい試合となった。今大会で見つかった課題も多くある。この悔しさをバネに互いに高め合い男女共に優勝を狙ってこれからの大会へと挑んでほしい。

 

(井上選手コメント)

「いつもは消極的で逃げてしまっていたので今大会は積極的な技を出すことを意識した。しっかりと意識したことで前に攻めていくことが出来たので良かったが、個人・団体のどちらでも決勝戦で最後のつめが甘かったので勝利を逃した。最後まで気を引き締めることをこれからの課題として頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 尾崎愛斗/青木学登)

 

龍魂編集室では新入部員募集中!

興味はTokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

 

【サッカー部】リーグ最終節、黒星で終える

6月4日、同志社大学京田辺グラウンドにおいて、関西学生サッカー2部Aリーグ前期第9節、最終戦、対流科大が行われた。1-2で敗戦を喫し、リーグ最終節を勝利で締めくくることはできなかった。

 

前半8分に川井(法4)、14分に平田(社4)がゴールに攻め込むも相手GKに阻まれたりポストにはじかれるなどチャンスを取りこぼす。その後も一進一退の攻防を繰り広げるが、一瞬のスキを突かれ先制点を献上。相手の陣地でプレーする時間帯が多かったものの決定機をものにできず前半を終える。迎えた後半。試合開始直後にセットプレーで追加点を許してしまい、2点を追う苦しい展開に。相手の猛攻を止めることができないまま試合は進む。しかし後半37分、田村(社4)の直接フリーキックがネット揺らし1点を取り返す。その後も追加点を狙い攻め続けたが、むなしくも試合終了のホイッスル。1-2で流科大に敗北した。


写真

【写真 得点を決めてハイタッチをする田村(社4)】

 

前期リーグを9位で終える。「チームの状態が良くない。基本的な所を一から作り直す必要がある」と川井キャプテンが振り返るように満足のいかない前半戦となってしまった。しかし、後半戦まで時間は十分にある。この悔しさを糧に、龍大サッカー部のさらなる飛躍へ、今こそ真価が問われる。

 

写真

【写真 ゴールを狙う白谷(社4)】

 

<川井キャプテン(法4)のコメント>

「前期最終節だったので勝ち点3を取って終わりたかったが先制点を取られてしまって思い通りの展開では無かった。後半はリズムの悪い中でのセットプレーで1点を返せたが、あと一本が足りないというのが課題だと思う。後期リーグはとにかく全勝をして終わることを目標に頑張りたい」

 

<田村選手(社4)のコメント>

「最初15分は守り切れているシーンが結構あったが、途中で集中力が切れてしまい失点する場面が多かった。勝てない責任は4回生が引っ張りきれていない部分だと感じている。僕たちが1、2年生の頃には入れ替え戦など良い舞台で戦わせて貰えていたので後期リーグでは勝ちきれる試合を増やしていきたい」

 

<望月コーチのコメント>

「次に繋げられる勝利を目指していたが、相手の勢いの方が優っていたように感じる。一つのゴール、ひとつのチャンスをもう少しシビアに突き詰めていかないと今日のような流れになってしまう。今回も何度かチャンスはあったが決めることができなかったのでそこを改善して後期リーグに備えたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/勝間晴香 写真/伊瀬健太)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ